ドッグフードパッケージ記載のAAFCO は安全だといえるのか

ドッグフードのパッケージを見ると「AAFCO認定」と記載されていたり、ホームページやパンフレットなどに「AAFCOの基準を満たしています」と書いてあるのを見かけることはありませんか?

特にアメリカ製のドッグフードには必ず記載されているこのAAFCO。

「何かよく分からないけれど、認定と聞くとなんとなく安心できる」と感じる方、「ドッグフードがこの基準さえクリアしていれば犬は健康でいられる」という認識の方もいるでしょう。

AAFCOとは一体何なのか、認定されていれば本当に安心なのか?を詳しく解説していきます。

AAFCOって一体何の略?

AAFCOとは

  • (A)Association
  • (A)American
  • (F)Feed
  • (C)Control
  • (O)Official

それぞれの頭文字を取ってAAFCO(全米飼料検査官協会)のことで、日本語ではアフコと呼ばれています。

このAAFCOはアメリカの機関で、ドッグフードとキャットフードにおける栄養基準のルールを提示しています。

このルールは犬や猫とって必要な最低限の栄養値(粗たんぱく、粗脂肪、ビタミン類やミネラルなど)を定めたもので、ペットフード公正取引協議会によって日本においても「ペットフードの表示に関する公正競争規約・施行規則」で採用されています。

AAFCOの記載があれば安心は嘘!?

AAFCO基準と聞くとこれを満たしていれば安心と感じてしまうかもしれませんが、前述したようにAAFCOはドッグフードとしての最低限の栄養値を提示しているに過ぎず、決して厳しいものでもありません。

裏を返せば最低限の栄養値を満たしていれば人工保存料や着色料が入っていても問題ありません。

また低コストで定められた最低限の数値を満たすために4Dミートと呼ばれるような死んだ家畜や病気の家畜、廃油などを使用していても、「AAFCO基準を満たしています」と記載することができるわけです。

またAAFCO自体がドッグフードを検査して認定しているわけではありません。

あくまでもドッグフードのメーカー側がAAFCOの基準を満たしているかどうかを判断して記載しているもので、これを満たしていなかったからといってAAFCO側が罰則を与えることもありません。

ですから「AAFCOの基準を満たしています」という表記はまだしも、「AAFCO認定」「AAFCO合格」「AAFCO承認」といった表記の場合は消費者のミスリードを誘うような表記とも考えられ、あまり誠実なメーカーとは言えないでしょう。

AAFCO表記はあまり気にしなくても大丈夫

結論から言うとAAFCO表記を基準に選ぶ必要はありません。

現在日本で販売されているドッグフードでAAFCOの定める基準値を下回るドッグフードを探すことが困難であり、(例外を除けば)どのメーカーもこの基準値を最低ラインとしてドッグフードを製造しています。

原材料に何を使っているのか疑問に思うほど低価格のドッグフードでさえも、AAFCOの基準を満たしています。

AAFCOの基準を満たしているからといってそのドッグフードが他のドッグフードより優れている理由にはならないのです。

あくまでも最低ラインであり、こだわりを持って作られているドッグフードであれば他にアピールポイントが沢山あるはずです。

ドッグフードを選ぶ際には、しっかりと食材の産地や中の成分、添加物の有無などを見て見極めたいですね。