オリジンドッグフードの口コミと評判!原材料と成分から分かる分析結果

オリジンは、世界的な知名度を誇るドッグフードメーカーのひとつです。

オリジンのドッグフードは、必要な栄養を犬に与えるだけではありません。いかに新鮮な素材を用いるか、添加物の不使用やグレインフリーにこだわるか。また、それらの素材を安全に調理・加工するための自社キッチンを用意するなど、原材料から調理の過程にいたるまで、一切の妥協を許さない徹底ぶりで知られています。

そんなオリジンのドッグフードに対する強い信頼性は、ペット愛好家からの多くの支持と、数々の受賞歴が証明しています。

商品名オリジンドッグフード オリジナル
商品評価Sランク
評価の基準はこちらで説明しています。
購入価格259円(税込)/100g
※価格はAmazon参照
100gあたり394kcal
原産国アメリカ
原材料チキン等
グレインフリー
人工添加物
ヒューマングレード

オリジンドッグフードの成分と原材料

オリジンドッグフード オリジナルの原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮イエローテイルカレイ、新鮮全卵、新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、新鮮鶏心臓、新鮮七面鳥心臓、新鮮丸ごと大西洋ニシン、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレート丸ごとサバ、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート七面鳥レバー、丸ごとグリーンピース、丸ごとシロインゲン豆、赤レンズ豆、新鮮チキンネック、新鮮鶏腎臓、ピント豆、ヒヨコ豆、グリーンレンズ豆、鶏肉脂肪、天然鶏肉風味、ニシン油、粉砕鶏骨、鶏軟骨、七面鳥軟骨、ドライケルプ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮丸ごとリンゴ、新鮮丸ごと梨、カボチャの種、ヒマワリの種、亜鉛タンパク化合物、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥プロバイオティクス発酵生成物、乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物
オリジンドッグフード オリジナルの成分
タンパク質38%脂質18%
粗繊維4%灰分
水分12%カロリー394kcal/100g
粗悪な原料(4Dや副産物)無し
危険成分(化学合成物質)無し
好ましくない原料無し
その他無し


それでは、世界的に高い評価を受けているオリジンドッグフードのこだわりを、具体的にチェックしてみましょう。

オリジンドッグフードの原材料表記で特に注目すべきは、使用している「肉」の部位についてでしょう。

「骨なし」ということは、「肉」そのものを使用している事を意味しています。

骨から肉の部分だけをそぎおとし使用しているという事は、製造段階でコストもかかるものですが、より栄養価の高い製品になるという意味でもあります。

同様に「乾燥」肉を使うという事は、肉そのものの含有量が多いという意味でもあります。

新鮮な状態の肉の実に70%は水分です。同じ肉100gであっても、生肉の場合70gが水分という事になりますが、乾燥肉の場合、100gすべてが肉という事になりますから、栄養価も風味も段違いということになるのです。

コンセプトは「生物学的な適正」

原材料を見ると、使用している肉の比率の多さと、材料のバラエティの多様さに気付きます。たとえば、一般的なドッグフードは「チキン」や「サーモン」というように、単一素材に偏る傾向があります。

一方、オリジンのドッグフードは、テーマをひとつに限定していません。肉・臓器・骨・魚・卵・野菜から、バラエティに富んだ素材を多用し、本来雑食である犬の健康へのニーズを、ほぼ満たすことに成功しています。

また、「ミール」と呼ばれる粗悪な副産物の不使用も評価すべきポイントです。オリジンのドッグフードで使用する肉と魚は、生もしくは乾燥したものに限定し、人間が口にしても支障がない高品質を保っています。

添加物不使用×グレインフリー


いまや無添加のフードが推奨されていることはご存知のとおりですが、小麦やトウモロコシといった穀物の有無についても注目すべきでしょう。穀物は、多くの犬にとって食物アレルギーの原因となりうるからです。

オリジンのドッグフードは、もちろん添加物を使用していません。さらに「グレインフリー」、すなわち穀類不使用なので、アレルギーが悩みのタネという犬にも安心して与えることができます。

オリジンドッグフードの種類

オリジンのドライドッグフードには、以下の6種類があります。基本的な原材料は同じでも、含有率を調整することで、犬のライフステージや体調管理とのニーズに応えているようです。

  • パピー・・・子犬用
  • パピーラージ・・・子犬用
  • オリジナル・・・肉の含有率85%/ライフステージを問わない全犬種用
  • 6フィッシュ・・・魚の含有率85%/ライフステージを問わない全犬種用
  • フィット&トリム・・・肥満気味の犬用
  • シニア・・・高齢犬用

オリジンドッグフード「パピー」と「パピーラージ」の違い

「パピー用がふたつ?」と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。実は、この「パピー」と「パピーラージ」は、小型犬か、中・犬型犬かによって使い分けをしています。

ひとくちに子犬といっても、小型犬か大型犬かで、必要となるエネルギー量には大きな違いがあります。特に大型犬の場合、大きな身体を支えるための良質なたんぱく質を豊富に含み、なおかつ骨・関節への負担を軽減するためのカロリー制限が必要です。

そこで、小型犬の子犬には「パピー」を、中型犬もしくは大型犬の子犬には「パピーラージ」を与えれば、それぞれの成長に適したエネルギーを効率よく摂取することが可能になります。

オリジンドッグフード「シニア」で食欲増進

高齢期を迎えた犬は、運動量や代謝能力の低下に伴い、消費エネルギーと食欲が減退していきます。

そこでオリジンのドッグフード「シニア」は、筋肉を維持するための良質なたんばく質と、適切なカロリー制限に配慮することで、シニア犬の健康を守ります。また、嗜好性が高いため、食欲が落ちているシニア犬でも選り好みせず食い付く効果にも期待が持てます。

オリジンドッグフードの口コミ

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル
レビューを書く
ドッグフード大学
平均評価:  
 3 レビュー
ポッポさん
食いつきがすごい
今までで一番食いつきがいいです。特に開けたてが美味しいのか吸い込むように食べます。ただ、人間にとってあまりいい匂いでは無いので、臭いがもれないように気を使います。
comecomeさん
ずっと健康です
色々なドックフードを試して行き着いたオリジン!材料を見てもあやしいものは一つも入ってません。うんちの状態もいいです。健康そのもの。

小型犬には粒が大きいですがカリカリと食べています。こちらからお安く買えるのでありがたいです。
ししゃもさん
某メジャードッグフードを与えてましたが…1日のコストが100円程度の差であれば自分の缶コーヒーを我慢してペット孝行しよう!とのことで購入。

調べれば調べるほど選択肢が少なくなり結果オリジンに。

条件は(グレインフリー / 牛、豚不使用 / たんぱく質30%以上 / 国内正規が値崩れしている)オリジン8割ファインペッツ極2割の8:2を体重に対し10%与えてますがで一日トイレが2回。以前は4回トイレにいってたことを考えると吸収率がいいのがわかります。

想像してたより肉付きに影響なく、毛のつやがよくなりました。

製造年月日が記載されていないため、国内正規といえど不安。ということで☆×4です。

オリジンドッグフードの評価

評価5.0

オリジンのドッグフードは、ペット先進国であるアメリカにおいて最高峰を誇るだけあり、その品質・安全性・嗜好性が他のプレミアムフードと比べても群を抜いて優秀です。ライフステージに合わせた多様なラインナップも評価が高く、愛犬の一生を支えるにふさわしいフードといえます。

しかし、高品質というだけあって価格面も飛び抜けて高価です。日常的に必要なドッグフードですが、継続して購入することを考えると、費用的に厳しいことは否定できません。

しかし、質の悪いフードを与え続けたことが原因で、愛犬がなんらかの病を患い通院するという可能性を思えば、金銭面での妥協は難しくないかもしれません。