愛犬元気

ドッグフードと言えば誰もが知る有名な名前がこの「愛犬元気」でしょう。大型犬ブーム、小型犬ブーム、高齢化問題と自体と共にリニューアルを重ね常に定番商品としての位置を保ち続けています。
ただあまりに有名なことからつい無条件で信頼をしてしまいすぎていないでしょうか?愛犬元気を愛犬家目線で分析してみました。

愛犬元気の特徴

入れ替わりの激しいドッグフード業界で長年のロングセラーを誇る愛犬元気は実はデオシートや人間用紙おむつなどで有名なユニ・チャームが手掛ける製品です。

トイレシーツのデオシートは業界最高峰と呼ばれるほどの高品質で高く評価されているものの、同じ犬に与えるドッグフードの分野では他社に大きく遅れを取っています。

愛犬元気の主原料はアレルギー発症リスクの高いとされる穀物がメインです。当然良質な肉の配合もなく、家畜飼料と同等と呼べる品質です。

可愛らしいパッケージと年齢別に細分化された豊富なラインナップからつい購入しているという方も多い製品ですが、一旦立ち止まり愛犬の健康について考えてあげましょう。

愛犬元気の成分と原材料

主原料はトウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、パン粉、コーングルテンフィードと穀類のオンパレードです。いずれもアレルギー発症リスクが高い上に、人間の可食部位を取り除いた廃棄相当の物ばかりです。
当然犬は慢性的な栄養分欠乏症を起こす可能性が高まります。

犬が最も多く必要とする動物性たんぱく質はチキンミール、チキンエキス、ビーフパウダー、ササミパウダーと肉そのものではなく、食肉加工の工程で生じる廃棄部位が粉末加工され使用されています。当然副産物も混入し本来の動物性たんぱく質の役目を果たしてはいないものばかりです。

愛犬元気シリーズには野菜入りであることはたびたび謳われています。原材料表示にはニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダーと記載されていますが、人間の可食部位相当ではなく、廃棄相当な部位の粉末加工品と考えるべきでしょう。

また着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤の配合がされている点は犬の健康に好ましくありません。
これらの成分よりもわずかな分量でミルクカルシウムの配合がされていますが、健康上のメリットと言えるほどの効果は期待できません。

数十年前の栄養学そのままの原材料構成

この製品の原材料構成はまさに数十年前、ドッグフードが初めて国内生産された当時からなんら変わりがありません。

家畜の飼料と同等の穀物に動物の脂肪分で風味をつけただけの安価な製品です。当然、業界再王手の企業が手掛ける製品とは思い難い品質です。

今や小さなメーカーであっても原材料を厳選し、良質な製品を作ることが出来る時代です。犬の健康に何等かの有害性が考えられる製品を作り続ける企業の姿勢にも疑問がぬぐい切れません。

可愛らしいパッケージと華やかな宣伝にかかる莫大な費用

頻繁に繰り返されるパッケージリニューアル、流行を追う新商品の登場、華やかな広告宣伝と飼い主が思わず目を留める仕組みがこの製品にはふんだんに盛り込まれています。

しかし何度リニューアルをして、パッケージが変ってもこの数十年の間原材料を見直すことを行ってこなかった姿勢は企業側の戦略を感じます。

これだけ莫大な費用をかけ、製品のラインナップを増やすことが可能なのであれば、その一部を原材料の調達に工面することは決して不可能ではないでしょう。

知名度が品質をカバーするという仕組み

愛犬元気は常に流行を追い、飼い主に訴求効果の高い手法で販売を継続しています。

愛犬のためを思い、より美味しいご飯を、もっと喜んでくれるものをと求める飼い主と製品の品質には大きな開きがあります。

名前を知っているから、たくさんの商品が並んでいるから、どの店舗でも扱っているからといった間違った先入観にとらわれずにもう一度愛犬の食事を見直してあげましょう。

愛犬元気の口コミと評判

かなり安く買えました

ホームセンターのセールで6㎏を900円ほどで購入できました。まさに節約効果大でありがたいです。

犬種別が安く買えるのでありがたい

ドッグフード選びは何だか難しいので、犬種別を買う事にしました。店頭に並ぶ犬種別の中でも一番手ごろな値段で購入出来嬉しいです。

愛犬元気の口コミ・評判まとめ

量販店に並ぶラインナップの中でも各段に安価な価格設定であることがこの製品の魅力です。年齢別、犬種別、肉腫別と様々なラインナップがあるので、きっと愛犬に合った製品を見つけることが出来るでしょう。

ただ犬も人間同様で美味しいもの、安全なものを食べるにはそれなりに見合った費用が掛かるものです。過剰なまでに品質、安全性を追い求める必要はありませんが、あまりに安価な製品は将来愛犬の健康に害をもたらすことも知っておくべきです。

愛犬元気の評価

国内最大手の企業が販売する製品という意味では非常に残念な品質です。飼い主の信頼を損ない、犬の健康を害する可能性が高い製品でもあります。

安価な値段に無条件に購入してしまうのではなく、もう一度愛犬の食事について考えてあげましょう。