アカナのドッグフードは、カナダの自社工場において、厳選された素材だけを使用し製造されている非常に品質の高いドッグフードです。

そのこだわりは製造段階において、素材に「水」を足さずに製造するというところにまで現れています。

アカナの使用する原材料は、新鮮さにこだわり、無冷凍の状態で加工しています。だからこそ、素材の持つ水分を活用する事で十分なのです。

原材料の品質にこだわりをもつメーカーは多々あるものの、製造段階における水にまでこだわるメーカーは数少ないといえるでしょう。

また、アカナの製造元であるチャンピオンペットフーズ社は、ドッグフードの最高峰と言われる「オリジンドッグフード」の製造元でもあります。

この点からも、アカナのドッグフードの高い品質が保証されているともいえるでしょう

アカナの成分と原材料

アカナ(ACANA)アダルトスモールブリードの原材料は下記の通りです。

名称 ドッグフード(総合栄養食)
原産国 カナダ
賞味期限 製造より1年
原材料 鶏肉ミール、スチールカットオーツ、骨抜き鶏肉、丸ごとジャガイモ、えんどう豆、鶏肉脂肪、全卵、骨抜きカレイ、日干しアルファルファ、鶏レバー、ニシン油、えんどう豆繊維、丸ごとリンゴ、丸ごと梨、サツマイモ、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、パースニップ、ニンジン、ホウレン草、クランベリー、ブルーベリー、昆布、チコリー根、ジュニパーベリー、アンジェリカルート、マリゴールドフラワー、スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、ラベンダー、プレミアムビタミン類とミネラル類
成分 たんぱく質:32.0% 以上
脂肪:19.0% 以上
繊維:4.0% 以下
水分:10.0% 以下
カルシウム:1.7% 以上
リン:1.1% 以上
オメガ6:2.5% 以上
オメガ3:0.9% 以上
DHA:0.4% 以上
EPA:0.4% 以上
グルコサミン:1400 mg/kg 以上
コンドロイチン硫酸:900 mg/kg 以上
代謝エネルギーは3676kcal/kg(250mlカップ1杯につき441kcal)
給与方法 パッケージに記載あり
取扱業者 アカナファミリージャパン

上記からもわかるように、犬の健康を第一に考え、使用する原材料を選んでいる事が明確です。

「スチールカットオーツ」という日本では聞きなれない素材は、穀物の一種です。

しかし、トウモロコシなどに比べ、アレルギーの発症リスクの少ない穀類ではあります。

ラインナップの多いアカナドッグフード

アカナのドッグフードの注目ポイントは非常にラインナップが多い事です。

高品質なドッグフードを求めると、アイテム数が少ない場合が多く、アレルギーや好き嫌いなどの都合上、与えたくても与えられないとあきらめざるを得ない事もあります。

しかし、アカナの場合、パピー用だけでも、一般的な小型犬子犬用以外に中型犬子犬用、大型犬子犬用が用意されていたり、アレルギー対策用にチキンやラムベースはもちろんの事、豚肉を使用したもの、魚を使用したもの、鴨肉を使用したものがラインナップされています。

運動量の多い犬用の製品まであり、ここまでのラインナップをそろえているメーカーは最近はこのメーカー以外に見当たらないでしょう。

アカナドッグフードの評判

ごはん検討中です🍗 なかなか ちゅらに合うフードがなく、色々試してます🐶 もともと、消化機能が弱くて フードを変えるたびに嘔吐や手足をガジガジしていて⤵︎最近までは かかりつけ医の先生に進められたフードを食べてましたが 食後に嘔吐や手足をガジガジ😖🌀 フードをころころ変えるのも悩みましたが、何とかして嘔吐やガジガジの症状を改善してあげたくて、今回 勇気を出して色々試してみることに🐶🍗。 まず、グレインフリーのもの🍗 オリジン.ワイルドレシピ.now.カナガン.モグワン🐩この中では、ワイルドレシピが一番調子が良くて➰やっと出会えた‼︎と思ったのもつかの間・・今度は肥満に😱⚡️気をつけたはずなのに😨🌀ごめんねちゅら😭🙏 減量用のグレインフリーはなかなか見つけられず、アカナのライト&フィットを試すことに🐶食いつきは まぁまぁかなಠ_ಠ後は、嘔吐、ガジガジがありませんように🌟 #トイプードル #トイプー #トイプードルブラウン #プードル #わんこ #わんこなしでは生きていけません会 #犬ばか部 #多頭飼い #多頭飼いデビュー #多頭飼いトイプー #ティーカッププードル #ティーカッププードルブラック #toypoodle #poodle #poodlelove #poodlelife #dog #instadog #acana #アカナ #フード選びは難しい

chura♡beniさん(@churabe42387)がシェアした投稿 –

Amazonでの口コミ

我が家の2歳のトイプー、ずっとアカナのご飯です。
他のご飯も試したりしましたが、やはりこちらは粒が小さめで食べやすそうで味も美味しいようです。
しかも毎日、とてもいいウ〇チが出ています。
途中で他のご飯に変えたら便秘がちになってしまったので、またすぐこちらに戻しました。
ワンコの健康なウ〇チのために、このご飯をこれからも続けていきます。

よく食べてくれます。
これに肉を混ぜてあげてます。
他のfoodでは要らないと拒否られます。
アカナseries、他のもスモールブリードだしてほしいなー。

食いつきが違いました!
7歳のチワワ2匹なので、2kgで一月いけます。
マズルが短いのでお湯でふやかしてから与えています。

炭水化物のまったく入らない商品との間でどちらを選ぶかで、迷ったのですが、口の小さな子に粒の大きさが食べやすそうなので選びました。ドッグフードについては、正直、健康にどう影響しているかは長い目で見てみないと、感想は書けない気がしています。一応満足しています。

いつもアカナフードを使っていますが、初めてこんな物粒をみました。
開封したらカビ?のような物が付着しています。

アレルギーがあり、以前は肉類不使用のドッグフードを使用していましたが、鴨肉ベースのドッグフードがあると知り、アカナを愛用しています。やっぱり愛犬にはおいしいお肉をたべさせてあげたいので、これからも愛用したいと思っています。

ドッグフードについて色々調べる中で、オリジンのドッグフードを知りましたが、思っていた以上に高価で継続して購入するには躊躇していたのですが、おなじメーカーでもう少し安価製品があると知りアカナを購入しています。

アカナドックフードの評価

アカナドッグフードについて、原材料、製法、利用者の口コミなどからの総合評価は

評価 4.0

アカナのドッグフードは、非常にラインナップが豊富なので、愛犬の健康状態、体質にあった製品を選ぶことがきっと出来るでしょう。

高品質なドッグフードを使用したいと思いつつも、やはり価格も気になるところですが、アカナの場合、一般的な小型犬用であれば、2.27kgで4,644円(税込)ですから、一日当たりの食費で計算した場合、わずか154円です。この価格なら躊躇する事なく使用できるでしょう。
愛犬の健康を第一に考えた場合、決して手の届かない製品ではありません。

オリジンと同じメーカーで製造されていることもあり、製品としての信頼度も高いといえます。

しかし、オリジンに比べ安価なブランドであるが故に、原材料の穀類の使用がある点から、このような評価とさせていただきました。

以上が、カナダで最高品質で新鮮な原材料を使用し製造されているドッグフード「アカナ」に関する評価です。