【メディコートアレルゲンカットの評判】アレルギー食なのに魚の種類が不明

日本のペットフード市場において比較的新しいメーカーの製品です。

国内に本社をおくメーカーで製造も国内で行っており、製品のラインナップも豊富で、犬、猫のフード以外にもうさぎやフェレット、観賞魚のフードまで幅広く製造販売を行っています。

特に犬猫の製品に関しては、すでに市場で大きなシェアを占めている他社製品との差別化を意識した製品開発に力を入れている事が見て取れます。

メディコートアレルゲンカットのパッケージチェック

市販のドッグフードを選ぶときに欠かせないのがラベルの読み方。
そのパッケージやラベルには、与えるべきペットの種類や目的、使われている原材料、給与方法、原産国、賞味期限などがあります。
安全確保や問題発生時の原因究明のために、「ペットフード安全法」で表示が義務化されているのは次の5項目です。

  • 販売用愛がん動物用飼料の名称
  • 原材料名
  • 賞味期限
  • 原産国
  • 製造業者、輸入業者または販売業者の氏名または名称と住所

さらにペットフード公正競争規約で下記の表示が定められています。

  • ペットフードの目的
  • 内容量
  • 給与方法
  • 成分

メディコートアレルゲンカットはどうでしょうか。詳しくみていきましょう。

メディコートアレルゲンカットの成分と原材料

アレルギーの事を考え魚とお米で作ったメディコート・アレルゲンカット(1歳から 成犬用)/魚&お米の原材料は下記の通りです。

名称ドッグフード(総合栄養食)
原産国日本
賞味期限
原材料穀類(米、米粉、米ぬか)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源、フィッシュエキス、フィッシュコラーゲン)、油脂類(動物性油脂、ライスファットカルシウム、ガンマ-リノレン酸)、種実類(ゴマ粉末)、糖類(フラクトオリゴ糖)、グルタチオン酵母、シャンピニオン、ブドウ種子エキス、ビタミン類(A、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、C、コリン)、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛アミノ酸複合体、亜鉛、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
成分たんぱく質:20.0%以上
脂質:10.0%以上
粗繊維:3.0%以下
粗灰分:9.0%以下
水分:10.0%以下
カルシウム 1.1%以上
リン:0.9%以上
ナトリウム:0.3%以上
約335kcal/100gあたり
給与方法パッケージに記載あり
取扱業者

上記の原材料表示からわかるように、「米」や「魚」を主原料としています。

ただし、米に関しては、私達の食卓に並ぶレベルの品質ではなく、「廃棄処分」相当品と考えておくべきでしょう。原材料のコストから計算した場合その点は簡単に想像の出来る点です。

また、魚に関しては、「ミール」つまりは粉末や切れ端という意味で使用されており、こちらも人間の可食レベルでない魚を風味づけとして活用しているという意味合いが強いのでしょう。

本格的なアレルギー処方食という位置づけであれば具体的な魚の種類も明記しておくものです・・・。
ちょっと厳格性と情報量に欠けますね。

アレルギーへの配慮のドッグフードだけど配慮は不十分

犬のアレルギーの多くは「小麦粉」に由来している場合が多いようです。その点、この製品は小麦粉不使用ですから、安心して与える事が出来る製品と言えます。

市販のドッグフードの中から、小麦粉不使用の製品を見つけ出すのはなかなかの至難の業ですから。

ただし、原材料表示を細かく確認してゆくと、動物性油脂という言葉が表記されています。

やはり魚だけでは、犬が喜ぶほどの嗜好性に仕上げるのは難しいでしょうから、何等かの動物の油脂を添加しているのでしょう。

動物という表記には、もちろん牛や豚、鶏なども含まれる可能性があり、アレルギーへの配慮が十分とは言えないでしょう。

つまりは、価格相当のアレルギー配慮なのだと理解しておくべきといえるでしょう。

製造段階でも問題あり

公式サイトに明確なことが書いてないのであくまで予想ですが、通常ドッグフードは製造プラントはほかのフードと共有していることがほとんどです。

原材料に記載されていないはずの魚や米以外のタンパク源が、製造段階で混入している可能性もあります。

アレルギー食をうたうのであれば、そのへんもしっかり公式サイトに記してほしいと思います。

メディコートアレルゲンカットの口コミ

  • アレルギー対応用なので与えています

    皮膚の弱い犬種なので、食事にはとても気を遣っています。原材料が米と魚なので、アレルギーが出にくいかと思って与えています。

  • 小麦不使用でこの製品を選びました

    アレルギー検査をしたところ、小麦の数値が高く出ていたので、出来る限り小麦を除去した食事を心がけています。小麦不使用の場合、選択肢があまり多くないので、この製品を購入しています。

  • アレルギー用でも安い

    アレルギー対応用のドッグフードはどれも価格が高くて、毎月の事と考えるとつい躊躇してしまいますがこの製品は比較的安価なので、継続して購入しています

  • アレルギー用でもうちの犬には不向きでした

    かゆみがいつもひどいので、食事はアレルギー対応と書かれた製品を選ぶようにしています。いつものドッグフードより安価なので、代用できればと思い購入してみましたが、我が家の愛犬の体質には合わないようです。

スーパーゴールドチキンプラスの評価

メディコート・アレルゲンカット ドッグフードについて、原材料、製法、利用者の口コミなどからの総合評価は

価格3.0

原材料からみる限り、成分の大半は米と言えるでしょう。米に魚で風味を付けているというイメージの製品です。

小麦粉やトウモロコシを使用していないので、アレルギーがある場合や胃腸が弱い、便秘がちなどの場合には、おすすめできる製品です。

体調が悪い時には、無理にドッグフードを与えずに、御粥でしのぐようにという獣医師もいるほどに、米とは優秀な食材なのですから。

成分表示上、タンパク質は20%と高い数値を出していますが、食欲や皮膚被毛の状態が気になる場合には、「肉」や「魚」をトッピングして与え、タンパク質の摂取量を増やしてあげてもよいでしょう。

以上が、まるで和食。魚とお米で作られたドッグフード「メディコート・アレルゲンカット」に関する評価です。