アレルギー対策におすすめのドッグフード

愛犬のアレルギーに悩む飼い主さんは年々増えているように感じます。人間のように痒くても我慢して!とは通じず、中には悲鳴のような鳴き声をあげながら掻き続けてしまう場合も…。

愛犬のそんな姿を見るのは飼い主さんも辛いですよね。
今回は食物アレルギーの愛犬におすすめのドッグフードを3種類ご紹介します。

アレルギーの症状って?

最初にアレルギー症状が出たときには軽度で中々気付かないことも多いものです。
症状としては

  • 皮膚炎
  • 鼻炎
  • 目の炎症
  • 腸炎

など様々な症状があります。
一概にこれだけでアレルギーだとは断定できるものではないので、獣医さんに相談して必要であればアレルギー検査をしてみるのもおすすめです。

特にアレルギー症状の中でも多く見られるものが皮膚症状です。

  • 目の周り、口の淵、耳の内側、内股などの皮膚が赤い
  • 痒がる(掻く、体をどこかにこすりつける)
  • フケが異常に出る
  • ハゲができる
  • 湿疹
  • 肉球の隙間や指の間をかぶれるほど舐める、噛む

などの症状が見られたら獣医さんに相談してみましょう。
その他にもアレルゲンが消化器官に接触することにより、下痢や嘔吐などの症状が見られる場合もあります。

アレルギーの原因とは?

現代では人間同様に犬も様々なものへアレルギー症状を示します。
アレルギーの中でも特に多いのが、ノミの唾液に含まれるたんぱく質に反応して起きるノミアレルギーです。
その他にも

  • 食物
  • ハウスダスト
  • 花粉
  • 蓄積された化学物質

など、人間でも聞いたことがあるようなアレルゲンが並びます。

これらは遺伝や環境要因に起因するとも言われていますが、アレルゲンへの接触機会が多いどうかによっても変わってくると考えられています。

同じたんぱく源のドッグフードばかり何年も食べ続けているとアレルギーになるリスクが高まるので、ドッグフードのローテーションを組んだ方が良いと考えられているのはこのためです。

食物の中でも特にアレルゲンとして多いものは

  • 小麦
  • 大豆
  • とうもろこし
  • 鶏肉
  • 鶏卵
  • 子羊肉
  • 牛肉

ドッグフードに使われていることの多い食材ばかりですね。

犬のうち約4割が何らかの食物アレルギーを持っているとも言われています。

重症化して愛犬が辛い思いをする前になるべく早く気付き、アレルゲンを取り除いたり投薬により症状を抑えたりと対策を打ってあげたいですよね。

アレルギー対策におすすめのドッグフード3選

動物病院でアレルギー検査を受け、アレルゲンが何か分かったらそれに合わせたドッグフードに変更していく必要があります。
しかし様々なメーカー、種類のドッグフードの中からアレルゲンの含まれないものをピックアップしていくのは大変な作業です。
そんな飼い主さんのために、おすすめのドッグフードを3つご紹介します。

●BIGWOOD(ビッグウッド) のオーダーメイドドッグフード
ドッグフードにも愛犬に合わせたレシピでオーダーメイドできるものがあります。
それがこのビッグウッドのオーダーメイドドッグフード!

問診票にアレルギー反応のある食材を記入することができるだけではなく、アレルギー以外のお悩み(涙やけやダイエットから心臓病、クッシング症候群まで)も細かくチェック項目があり、まさに愛犬のためだけのドッグフードが出来上がります。
ドッグフードのタイプもドライやウェット、トッピングなどから、愛犬のお好みのものを選ぶことができます。

オーダーメイドドッグフード以外にも療法食や生食、サプリメントなども充実しており、
・人が食べられるレベルのフードである
・保存料、酸化防止剤は一切添加していない
・食材の多くは無農薬や無投薬のものを吟味
・できるだけ自然な素材、天然由来の原料を使う
・愛犬の健康を考えたハーブ類
・ビタミンを守る60℃以下の無水低温調理
・ライブカメラで製造工程を見ることができる
・原材料の仕入先の明確化
などドッグフードとしてはこれ以上にないこだわりを持って国内で作られているドッグフードです。
プレミアムドッグフードと呼ばれるものよりも更に高価格ではありますが、それも納得の素材が原材料にはずらっと並んでいます。

●Runfree(ランフリー)のオーダーメイドドッグフード
ランフリーもおなじく愛犬に合わせてオーダーメイドできるドッグフードです。
オーダーメイド申込画面からはアレルギー反応を示す食材だけでなく、使用したくない食材、愛犬の好きな食材や嫌いな食材を指定することもできます。
その他にも胃腸は弱いかどうか、口臭・歯石はあるかどうか、被毛や皮膚の状態をチェックすることができ、愛犬に合わせたレシピを作成してもらえます。
オーダーメイドはドライフードのみですが、1袋あたり、1ヶ月あたりの予算を設定できるのも嬉しいポイントです。

・人間の食肉販売業の許可、飲食店業許可の下で製造販売
・飼い主さんにも食べてもらえる食材の使用
・出来上がったフードは実際にスタッフが食べて確認
・無添加
・脱酸素剤や窒素置換充填による品質保持
といったこだわりのもと国内で手作りされており、オーダーメイド以外のドッグフードでも食の細い子用ドッグフードは本当によく食べるようになったと人気のドッグフードです。

オーダーごとに手作りであるため、オーダーが混んでいると配送までに時間がかかることもあるようですので、余裕を持って注文しましょう。

■魚を主原料にしたFISH4DOGS(フィッシュ4ドッグ)
お肉にアレルギー反応を示す犬は好きなくありません。
しかし鶏肉もダメ、豚肉もダメ、牛肉もダメ、ラム肉もダメ…と一体何をあげればいいのかと途方に暮れてしまっている飼い主さんにおすすめしたいのがフィッシュ4ドッグです。

動物の肉類を使用せず、動物性たんぱく質を魚に限定しているためお肉に多くのアレルギーをもつ犬にも安心して与えられます。

その他にも「アレルギーに悩む全てのわんちゃんへ」と謳っている通り
・穀物不使用
・無添加、無着色
・天然素材を使用
・魚の脂肪に含まれる豊富なEPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸
といったアレルギー対策へのこだわりが見られます。

穀物アレルギーとして多い小麦・大豆・とうもろこしも使用されていないのでこれらにアレルギーのある愛犬も安心ですね。
またオメガ3脂肪酸にはアレルギー抑制や抗炎症作用が期待でるため、ハウスダストや花粉にアレルギーがある場合にもおすすめです。

■ドッグフードへのこだわりは健康への近道
愛犬にとって質の高いドッグフードは自然と価格も高くなってしまい躊躇してしまうこともあるでしょう。
療法食やアレルギー対策のドッグフードとなればより高額になってしまうものです。
しかし毎日食べるドッグフードは愛犬の体を作るもの。

1kg1000円で店頭に並ぶドッグフードの原価は果たしていくらでしょうか?
原産国から輸入代理店、問屋、店舗での利益、パッケージや広告費を考えるとまともな食材で出来上がる値段ではないことは明白でしょう。

出来るだけ長く一緒にいたいから、愛犬の体にとって良いドッグフードを選んであげたいですね。

犬の「食餌性アレルギー」の診断は難しいのですが、経験則によって症状からある程度はわかります。

食餌性アレルギーが引き起こすもっともメジャーなものが、「アレルギー性皮膚炎」です。

個体によって症状に多少の差はありますが、目の周りや口の周り、外耳道が、ふちどったように赤く炎症を起こして、脱毛とかゆみがある場合などは、食餌性アレルギーを疑います。食餌性アレルギーは、内服薬(抗アレルギー治療薬)の効き目が鈍いことも多く、やっかいです。

食餌性アレルギーとはペットの体にはそもそも病原体などの異物(抗原)が入り込もうとすると、抗体と呼ばれる物を作ってそれを排除しようとする反応があります。これを抗原抗体反応といい、生体を維持するために欠かせません。しかし、この反応が時として過剰となり、あまり害を与えない異物であっても強い抗原抗体反応をおこし、その結果自分自身が被害を受けることがあります。これをアレルギーといい、アレルギーの原因となる外部からの物質をアレルゲンといいます。そしてアレルゲンがフードの中に存在する場合に食餌性アレルギーというのです。
引用:4月のColumn ☆食餌性アレルギー☆

食餌性アレルギーの対処法

食餌性アレルギーへの対処法は、基本的に「疑わしいものを排除してみる」ことです。主食は1銘柄に絞り、それ以外のおやつはなしにします。水分はふつうの真水だけで、牛乳などは禁止です。これでも改善しなければ、主食の内容を変えて反応を見ていきます。

材料を限定した「除去食」

ふつうのドッグフードは、いろいろな原料からつくられています。栄養のバランスをとるには、なるべく多くの種類の食材を盛り込むほうが望ましいのですが、それは同時に、その犬にとってのアレルケンに遭遇する確率が高まることでもあります。

そこで、使用する食材を限定し、バランスがおよばない部分は各種の栄養添加剤で補った「除去食」と呼ばれるドッグフードが考えられました。除去食は、ドッグフードメーカー各社から製品がでています。除去食を使用することでアレルケンを回避できれば、症状の改善が期待できます。

一般食にはあまり使われていない食材を選んで構成されており、1つ試してみてだめだった場合は、違う椛成のものを試してみるといいでしょう。

人の場合は、乳幼児期に食べた食材があとでアレルケンに化けやすいというデータがありますので、犬が生まれてからいままで食べたことのない食材を狙うと、より成功しやすいと考えられます。

食材を限定したドッグフード

食餌性アレルギーが疑われる場合は、ある程度食材を限定したドッグフードを与えてみましょう。下記の関連サイトは、かゆみ をともなう皮膚病をもつ犬によく用いられる除去食、「プリスクリプション・ダイエッ トd/d」。獣医の指導のもとに利用する商品です

加水分解食

体の免疫が敵を認識するには、対象がある程度大きな分子でないとうまくいかないそうです。そこで、ドッグフードのタンパク質を製造過程で分解して、細切れのアミノ酸にしてしまおうという発想が生まれました。

「加水分解」というのは簡単にいうと、分子を断ち切る際に水の分子が切断端に加わるということです。

これにより、体の免疫システムはドッグフード中の分解タンパクをアレルケンとしてとらえられなくなるわけです。加水分解食は、基本的に一般のペットショップでは購入できないので、かかりつけの獣医に相談するといいでしょう。

ただしこれは反論もあり絶対ではないようで、分解されたタンパク質がやはりアレルギーを起こすという話もあります。

また、人工的な化学反応を加えているせいか風味に劣り、犬によってはまったく食べない、あるいはかえって下痢をすることもあります。

免疫を制御するサブリメント

漢方の「レイシ」や、「オメガ3脂肪酸」など、暴走した免疫系を整え、アレルギー抑制効果があるといわれているものは、数多くあります。

しかし物によっては信頼性と実績に乏しく、実質、ほとんど効果のなさそうな怪しげな製品も非常に多く存在しています。この手の商品は効いたり、効かなかったりの個体差が大きいので、試して効果がなければ、あまり固執しないほうがいいでしょう。

また、M1作用の少ないものを選んでください。

まずは体に合った食材を見つける

いずれのドッグフードも、効果がでるまで2~3カ月は様子をみたほうがいいでしょう。

食べ始めてすぐに変化がないからといって次々に乗り換えていくと、どこかで最適なドッグフードとめぐり合っていたとしても、気がつかずに見落としてしまうことになります。

また、途中でうっかりおやつを与えたり、飼い主の食卓からおこぼれをもらったりした場合は、そこから数え直しになってしまいます。

ほんの少しでも「寄り道」したら、ゼロから再スタートなので要注意です。

また、非アレルケンと判断されても、その食材を続けて長期に渡り摂取し続けると、そのうちアレルケンとなってしまうことがあります。そこで可能なかぎり多くの安全な食材・既成処方食を探しだし、これらをローテーションすることで新しいアレルケンの発生を抑えるなどの工夫も有効です。

以上のような対処法は手間がかかりますが、うまくいけば絶大な効果が上がります。