アトピー性皮膚炎や皮膚病改善におすすめドッグフード

アトピー性の皮膚炎などアレルギーに悩んでいる犬が思いのほか多いことをご存じですか?

その中には、食物に起因するアレルギーで悩んでいる犬も多く、その数はペットして飼われている犬の約4割にものぼるとの報告もあります。食物アレルギーの原因となる物質を特定するのはなかなか難いことなのですが、毎日与えるフードとの関連性が高いとも言われています。飼い主としては、後悔しないフード選びを日頃から心がけておきたいですよね。

まずは、アレルギーになった時の主な症状を知っておきましょう。

アレルギーの犬が疑われる主な症状とは?

犬の食物アレルギーが疑われる主な症状には、次のようなものがあります。

  • 体をかゆがる。
  • フケが多い。
  • 抜け毛が増える。
  • 下痢や嘔吐が続く。
  • 耳の中や目の周り、足裏などが赤くなる。

など

主な症状は、人間のアレルギーとよく似ています。

ただし、すべての症状の前に「異常に」という言葉を付けたほうがよく、例えば「体をかゆがる」ではいつまでたっても体を掻いてばかりいて、時には血が出るまで掻き続けることがあるようなら、アレルギーが疑われるという意味です。

こんな症状が現れたら、すぐに獣医さんに行って、アレルギーかどうか、アレルギーならその原因となる物質を調べる検査を受けたほうがいいでしょう。

くしゃみはハウスダストが原因のアレルギー?

犬も動物。鼻に異物が入るとくしゃみが出ます。突然、盛んにくしゃみをし始めたら、まず鼻をチェックしてみましょう。花粉やハウスダスト・アレルギーでくしゃみをする犬も多いのです。ただし、人間用の花粉症の薬を与えてはいけません。最近は花粉を室内に運び込まないような製品もありますので、そうしたもので対応するようにしましょう。

ハウスダストが原因のアレルギーならば、犬のハウスだけでなく、人の生活空間も、すみずみまでこまめに掃除機をかけ、ホコリをためないようにすることが最大の解決法です。

犬の毛布や敷物がホコリでいっぱいになっていないかどうかもチェックしましょう。

ドッグフードで食物アレルギーになる場合もある

発疹がないのに、しょっちゅう、ひどくかゆがったり、体表に湿疹ができ、しかもジュクジュクと膿んだりするのは、アトピー性皮層炎が疑われます。アレルゲンは花粉、カビ、ハウスダストなどの他、食べ物であることも考えられます。

ドッグフードをやめ、玄米や自然食で育てた鶏肉などを与えて症状が改善したという例も耳にしますが、栄養が偏ったり日々の栄養管理に手間がかかるため挫折したりする人も多いようです。
ここ最近はアレルギーを持っている犬専用のドッグフードも出てきており手間をアレルギーの症状を和らげたいという方はアレルギー対応のドッグフードをおすすめします。
かゆさは最高のストレス。獣医と相談し、適正な対応をしてください。

アレルギーをもちやすい犬種

アレルギー性皮膚炎

犬種

シー・ズー、柴、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア(ウエスティ)、シェットランド・シーブドッグ

症状

犬のアレルギーには、アトピー性皮膚炎、ノミアレルギー、接触性皮膚炎、食事性皮膚炎などがある。強いかゆみのある湿疹ができ、それをかくため、膿皮症、外耳炎、結膜炎などを起こす。獣医の指示でアレルケンを発見して対応したり、抗アレルギー食品で体質改善を図る。

接触性皮膚炎

犬種

全犬種

症状

金属、玩具(塗料などが原因であることも多い)、建材などがアレルゲンだったり、犬の洋服、シャンプー剤などでアレルギーを起こす場合もある。

食物アレルギーに備えるドッグフード選びとは?

食物アレルギーのメカニズムは完全に解明されているわけではないのですが、それだけに備えておきたいことの一つです。症状が出てから後悔しないためには、飼い主さんが犬に対して「何を与えているのか」を把握しておくことが大切です。

ドッグフードのパッケージに表記された原材料の一覧を見てみましょう。

そこには、使われている肉類や油脂、デンプン質、ミネラルなどがズラリと並んでいますが、その一つひとつを理解するのは素人にはかなりの難題です。中には化学薬品のような名称もあり、それらの安全性を理解するにはかなりの労力を要します。

化学的な物質が必ずしも悪影響を及ぼすとは言えませんが、理解できない物は極力避けたいと思うのが人情です。

最近では「無添加」を謳ったドッグフードが登場し、人気を集めているようです。こうした無添加ドッグフードの中から毎日与える基本のフードを選ぶのもひとつの方法です。

無添加ドッグフードにはシンプルな原材料が使われているものが多く、安心感があります。

ただし、単にブームに乗っただけの「無添加ドッグフード」も数多く存在しますので、獣医学の専門家がきちんと監修しているといった裏付けのある製品を選ぶよう注意したほうがよさそうです。少なくともメーカーのホームページなどをチェックし、どのようなコンセプトで作られたフードなのかを理解しておきましょう。

食物アレルギー対応のおすすめドッグフード

ヘルシーステッププラスワン

ヘルシーステッププラスワン

主原料は肉類(鶏肉、牛肉)のみで、野菜類は一切使用していません。保存料と着色料は無添加なのですが、見た目をあざやかにするために、発色剤を添加しています。
1缶100円前後と低価格なのは、商品のクオリティと原産国が中国であることが関係しているのかもしれません。

食物アレルギーになってから後悔するのではなく、食物アレルギーにならないフード選びを

万一、アレルギーになってしまった時でも、シンプルな原材料のフードを与えているのであれば原因物質を特定しやすいという利点もあります。

犬は自分で食べ物を選ぶことはできないのですから、良質のフードを選んであげることは飼い主としての愛情表現のひとつでもあります。厳しい目を持って良質なドッグフードを選んであげたいですね。