アメリカンコッカースパニエルの性格に適したドッグフードの選び方

とても陽気で活発なアメリカンコッカースパニエル。はしゃぎすぎて飼い主を困らせることもほとんどありませんので、飼いやすい犬として日本でも高い人気を誇るワンちゃんです。でも、飼いやすいというのは普段の生活においてであり、かかりやすい病気がある犬であることはあまり知られていません。

飼うようになってからその病気に気づいて、不安に感じている飼い主さんもいますよね。でもあまり深刻に考えすぎる必要はありません。アメリカンコッカースパニエルに最適なドッグフードを与えていれば、それらの病気の発症リスクを下げることができます。

ここではそんなアメリカンコッカースパニエルの食事で意識することと、最適なドッグフードの選び方について説明します。

アメリカンコッカースパニエルの食事に求めること

飼い主さんによっては「ドッグフードなんてどれも同じ」と思っているかもしれません。実際にドライフードの場合はいずれも総合栄養食ですので、定められた栄養成分はいずれのドッグフードも満たしています。そこに差がないと思ってもおかしくありません。

ところが、実際にはタンパク質が多く含まれたものや、特定の病気をケアするための栄養成分を配合するなど、すべてのドッグフードは飼い主さんのニーズを満たすための工夫をしています。

このため、ドッグフードによっては病気の発症を抑えることが可能です。反対に与えるべきものを間違えると寿命を短くする可能性もあります。このようにそれぞれに特徴がありますので、アメリカンコッカースパニエルの健康を維持するには、かかりやすい病気に効果的なドッグフードを選んであげたいところです。

アメリカンコッカースパニエルが掛かりやすい病気として、次のようなものがあります。

  • 緑内障
  • 白内障
  • チェリーアイ
  • 慢性肝炎
  • 脱臼
  • 皮膚炎
  • 外耳炎
  • 肥満

ドッグフードや食事でこれらの病気を完全に防ぐことができませんが、病気になる原因を考えて食事を選んであげれば、発症率を大幅に減らすことができます。具体的にはアメリカンコッカースパニエルの食事として次の3点を意識しましょう。

  • 血液の流れがよくなる栄養成分を多く摂取する
  • 内臓に負担のかからない食材を選ぶ
  • 肥満になりにくい原材料で作る

まず、アメリカンコッカースパニエルは、目の病気と皮膚の病気にかかりやすいという特徴があります。これらの病気を発症する理由はいくつか考えられますが、その中のひとつとして血流の悪化が挙げられます。血の流れを良くすることで、皮膚や被毛、目に栄養が行き届きますので、病気になるリスクを下げられます。

血流を良くするためには、内臓への負担を減らすことが重要です。特に慢性肝炎になりやすいアメリカンコッカースパニエルの場合は、消化吸収をしやすい原材料を選んであげる必要があります。犬が本来食べるべき食材で作られたドッグフードを選びましょう。

病気とは違いますが、肥満は万病の元です。アメリカンコッカースパニエルは運動量が多い犬ですが、なんらかの理由で運動量が落ちると簡単に太ってしまいます。このため、肥満にならないような配慮がされているドッグフードを選んでください。

ドッグフード選びの基本となる4つのポイント

アメリカンコッカースパニエルの健康を維持するためには、最適な食材を含んでいることが重要ですが、ここまでの説明だけで自分でドッグフードを選べる人はいませんよね。ここではもう少し具体的なポイントをご紹介します。

  • EPAとオメガ3脂肪酸が含まれている
  • 人工添加物不使用
  • 肉や魚などの消化しやすい食材で作られている
  • 穀物不使用のグレインフリーである

この4点がアメリカンコッカースパニエルに適したドッグフード選びのポイントです。それぞれに、どのような点に気をつければいいのか詳しく見ていきましょう。

EPAとオメガ3脂肪酸が含まれている

アメリカンコッカースパニエルの食事で重視したいのは、血液がサラサラになる栄養成分を摂ることです。このためにおすすめの栄養成分がEPAとオメガ3脂肪酸です。この2つは魚に多く含まれていますので、魚ベースのドッグフードやサーモンオイルなどを使用したドッグフードを選びましょう。

この2つはサプリメントなどでも補えますので、必須条件ではありません。とはいえ、毎回トッピングをするのも大変です。面倒なことが苦手な飼い主さんは、EPAやオメガ3脂肪酸を多く含んでいるドッグフードを購入してください。

人工添加物不使用

市販されているドッグフードのほとんどに人工添加物が使われています。いずれも国が安全だと判断したものが使われていますが、ドッグフードの人工添加物には人間の食べ物に使ってはいけないものも使われていますので、絶対に安全だとは断言できません。

しかも犬は人工添加物を消化吸収できませんので、老廃物として体内に留まってしまいます。その老廃物が血液をドロドロにしたり、血管を詰まらせたりします。せっかくEPAやオメガ3脂肪酸を摂ってもこれでは意味がないですよね。

人工添加物を使うと食いつきが良くなり、賞味期限を延ばすこともできます。そういう意味ではメリットがありますが、愛犬の健康を削ってでも得たいものではありませんよね。人工添加物が入ったドッグフードは避けるようにしましょう。

肉や魚などの消化しやすい食材で作られている

ドッグフードを選ぶときには、肉や魚が主原料になっているものを選びましょう。犬は本来肉食ですので、肉や魚なら上手に消化吸収します。きちんと消化できれば、体内に老廃物として溜まることもありませんので、血行の改善につながります。内臓の病気にかかるリスクも下げられます。

また脱臼などにならないようにするには、強い筋肉が必要になりますが、肉や魚の動物性タンパク質がその原料として適しています。

ただし、ドッグフードによっては死んだ動物や病気の動物などの、粗悪な肉を使っていることもあります。これらは健康を維持するためにはおすすめできません。ヒューマングレードで人間でも食べられる食材をベースに作られたドッグフードを購入しましょう。

穀物不使用のグレインフリーである

市販されているドッグフードには人工添加物だけでなく、穀物も多く含まれています。穀物を使うとドッグフードを安く作れるためです。ただ、それは売る側の都合でしかありませんよね。犬は穀物を上手に消化できませんので、これも体内の老廃物の原因となります。

グレインフリーのドッグフードに替えただけで、皮膚病が治ったというようなこともありますので、皮膚にトラブルを抱えやすいアメリカンコッカースパニエルのドッグフードは、グレインフリーにこだわりましょう。

成長ステージに合わせたフードの選び方

ここまでは成犬のアメリカンコッカースパニエル向けに説明してきましたが、子犬や老犬の場合は他にも気をつけたいポイントがあります。成長ステージごとにどのような点に注意してドッグフードを選べばいいのか見ていきましょう。

子犬のフードを選ぶときのポイント

子犬は毎日成長していますので、体を作るためのタンパク質とカルシウム、そしてカルシウムを吸収するためのビタミンをしっかり摂る必要があります。特にタンパク質が重要で、動物性タンパク質の割合が多いドッグフードを与えましょう。

また、運動することで強い筋肉と骨を作りますので、どれだけ動いてもスタミナ切れしないようにエネルギーとなるカロリーも多めに与えなくてはいけません。アメリカンコッカースパニエルの子犬には高カロリー高タンパク質のドッグフードを与えましょう。

ただし、太りやすい犬ですのできちんと運動をさせるのと、生後6ヶ月を過ぎたら1日3食から1日2食に移行するようにしてください。おやつの与え過ぎもNGです。食べた分はきちんと消費させて、肥満にならないように注意しましょう。

老犬のフードを選ぶときのポイント

アメリカンコッカースパニエルは猟犬ですので、若い頃はたくさんの運動が必要ですが、老犬になるとさすがにあまり動き回らなくなります。でも食欲旺盛なのは相変わらずです。そうなると、簡単にプクプクと太っていきます。

運動量は増やせませんので、太らないようにするためには摂取カロリーを減らすしかありません。ただ、食べる量を減らすとストレスになりますし、タンパク質の摂取が難しくなりますので、同じ量でも低カロリーになるドッグフードを選びましょう。

高齢になると関節炎が起こりやすいのは犬も人間も同じです。脱臼が癖になっている場合などは、グルコサミンやコンドロイチンが配合されているドッグフードを選んであげましょう。

アメリカンコッカースパニエルにおすすめのドッグフード3選

アメリカンコッカースパニエルに適したドッグフードの選び方は分かったけど、実際に自分で選びきれるか心配という飼い主さんのために、ここでは市販されているおすすめのドッグフードを3種類ご紹介します。

食材に徹底的にこだわった「モグワンドッグフード」

ヒューマングレードにこだわって作られたドッグフードがモグワンドッグフードです。84%の獣医師が「食べさせたい」と答えたほど、栄養バランスに優れています。
  • 動物性タンパク質50%以上(粗タンパク質28%)
  • グレインフリー
  • 着色料、香料、人工添加物不使用
  • グルコサミンとコンドロイチン配合
  • オメガ3脂肪酸:1.29%

モグワンドッグフードは動物性タンパク質が多く含まれ、グレインフリーで人工添加物不使用です。さらには原材料にサーモンとサーモンオイルを使うことで、EPAもオメガ3脂肪酸も多く含まれているため、アメリカンコッカースパニエルにとっては理想的なドッグフードです。

さらにはグルコサミンとコンドロイチンが配合されていますので、関節のトラブルが発生しやすい老犬や、脱臼して炎症が残ってしまっている成犬にもおすすめです。

半額キャンペーン実施中!

EPAとオメガ3脂肪酸がたっぷり含まれる「オリジンドッグフード」

オリジンドッグフードはアメリカで作られたドッグフードで、地元産のフレッシュな原材料にこだわり、入荷した素材はすべてその日のうちに調理しています。
  • 生物学的に適正なたんぱく質レベルを実現(タンパク質38%)
  • 穀類不使用
  • 成分中15%に果物と野菜を使用
  • サーモンオイル配合(6フィッシュ)
  • 低温調理・即日調理
  • オメガ3脂肪酸:2%

※値はすべてオリジン6フィッシュ

食の安全はもちろんのことですが、タンパク質の割合も38%ととても高く、さらにグレインフリーで高カロリーということもあり、アメリカンコッカースパニエルの子犬にもぜひ食べさせたいプレミアムドッグフードです。

種類はいくつかありますが、おすすめしたいのは6種類の魚をベースにした6フィッシュです。新鮮な魚を使い、サーモンオイルも配合することでEPAとオメガ3脂肪酸がしっかりと含まれているため、老廃物の影響を受けにくい体づくりが期待できます。

食いつきのよさで選びたい「カナガンドッグフード」

カナガンドッグフードは、ペット先進国のイギリスで高い人気を誇るプレミアムドッグフードです。エリザベス女王の表彰を受けたこともあり、日本でも注目度が高まっています。
  • 従来のドッグフードよりも肉の配合比率が高め(粗タンパク質33%)
  • グレインフリー
  • 人工添加物不使用
  • オメガ3脂肪酸:0.9%

グレインフリーで人工添加物なのはもちろんで、鳥猟犬であったアメリカンコッカースパニエルが好む鶏肉を主原料に作っていますので、食いつきがよくドッグフードの切り替えもスムーズに行なえるのもカナガンドッグフードの魅力のひとつです。

原材料に魚は使っていませんが、サーモンオイルを配合で海藻も使用していますので、血行の改善も期待できます。野菜やハーブも適量配合されていますので、ビタミンやミネラルもしっかり摂ることができるドッグフードです。

20%オフキャンペーン実施中