毎日食べるものだからこそ、安全安心であって欲しい。健康でいられる食事を与えたいと思うものです。ドッグフードの素材や成分については、パッケージ表示の見方を知ることでそのからくりをとけますね。でも、食事にはもう1つ大切なポイントがあります。それは、給仕量です。

ドライフードのしくみ

毎日の食事に欠かせないドライフード。子犬の頃はドライフードを水でふやかし与えていましたね。大人になると固いまま与えるようになります。固いまま与える事は、歯の健康を考えるうえでとても重要です。

では、その固いフードが犬の胃の中でどのようになるか考えてみましょう。

ドライフードは胃の中で水分を吸収し、約3倍量に膨れ上がります。犬はそのフードを時間をかけ徐々に消化してゆきます。大半の家庭では犬の食事回数は朝夕2回が多いことでしょう。

朝に食べたフードは夕方までに消化が終わり、お腹が空になってから夕ご飯を食べるという流れになってゆきます。

飼い主としては、パッケージに記載の量では少なすぎる気がする、犬がまだまだ欲しいとおねだりをする・・・からとつい多めにお皿に盛ってはいませんか?

パッケージに記載されている分量は、あくまでも「理想体重」「理想的な運動量」の場合を想定し算出された分量です。

理想体重というのは、犬それぞれに異なり、同じ犬種でも骨格や運動量によって変わるものです。

痩せすぎず、太りすぎず、背中を触った時に、背骨の凹凸が分かる程度の肉付きの状態を理想体重の目安とします。

そもそも犬には満腹中枢がなく、どんなにたくさんの量の食事をしても、「もう、お腹がいっぱいで・・・」ということはないのです。

よくあるケースで、飼い主がドッグフードの袋を犬の届く場所に置いたままにしたところ、犬が、1袋すべて食べてしまったと、大きくお腹の膨れ上がった犬を連れ動物病院へ駆け込むのです。満腹中枢がないということは、自分の許容量を超え食べてしまうのです。

高品質だからこそ

カナガンを始めとする高品質なプレミアム・ドッグフードを与える場合こそ、正しい給仕量を守ることが大切です。

プレミアム・ドッグフードは、タンパク質(肉類)の含有量が非常に多いので、食べ過ぎてしまうとすぐに肥満に繋がってしまいます。もともと少食な犬の場合は、お腹を壊してしまい、軟便が続くこともあるでしょう。

犬が肥満気味の場合

獣医師に相談し、まずは理想体重を確認しましょう。
体重は半年~1年を目安に理想体重に近づける事を目標とします。
理想体重が5kgの場合、5kg用の給仕量で食事を与えましょう。

犬がやせ気味の場合

この場合もまずは理想体重を確認しましょう。
無理に理想体重を目指して太らせる必要はありません。
理想体重での給仕量を目安とし、1日3,4回に食事の回数を増やしてみましょう。
ドライフードは胃の中で膨れるので、ゆっくりと食事をする犬の場合、食べている途中で胃がもたれてしまったり、疲れてしまうこともあるようです。
少量ずつ、数回に分けて食事をするようにすることで、まずは1日分を完食できるように目指してゆきましょう。

高品質なおいしさと、人工的なおいしさ

パッケージに記載された成分は申し分ない、犬の食いつきがとても評判がよいと聞いたのに、うちの子は食べない・・・ということもごくまれにあるものです。

なぜでしょうか?

今までどんなフードを食べていましたか?

缶詰や、半生のフード、人工添加物の多いフードはとても風味が強く、中には食欲増進剤が入っているものもあるほどです。

それらの「濃い味」に慣れてしまっていると、「素材のおいしさ」を味気ないと感じてしまう場合があります。

フードを切り替える時には、後戻りをしない決心を

フードを切り替える時、初めて食べるフードですから、犬自身ももちろん「このフードは何?」と考えるものです。

ですが、犬が戸惑っているから、いつもより食が進まないからと元の「濃い味」のフードに戻ってしまうと、「濃い味」の食事が当たり前と思い、また別の高品質なドッグフードを与えても結局食べないまま・・という悪循環が起こってしまいます。

戸惑って当たり前と思い焦らずにゆっくりと慣らしてあげましょう。

フードの切り替えは、1週間ほどの余裕を 

いつものフードと、新しいフードを混ぜ合わせ、徐々に新しいフードの分量を増やしてゆきます。1週間を目安に、100%新しいフードに切り替わるように分量を調節してゆきましょう。

切り替えの途中で、軟便になることがあれば、さらに「混ぜ合わせ」期間を延長し、ゆっくりと切り替えてゆきましょう。

心配性で新しいフードを食べない場合は、おやつ代わりに数粒ずつ食べ慣らしを。

味に慣れてきたら、食事として混ぜ合わせてゆきます。

今まで、「穀類」「肉副産物(骨、皮、鶏冠など)」を多く含むドッグフードを食べていた場合、高品質、穀類不使用のドッグフードに切り替えることで、「軟便になった」「ウンチの量が増えた」「ウンチの臭いが強くなった」と感じることがあるでしょう。

「穀類」や「副産物」は、ウンチの凝固剤の役目をし、余分な水分を吸収するので、ギュッと硬い少量のウンチを作る効果があります。ですがそれは人工的に作られたものです。健康的なウンチは、ある程度の柔らかさと臭いがあるものです。これこそ健康の証と捉えてゆきましょう。