愛犬のために、安全で安心なドッグフードを選んであげたい――。それは、多くの飼い主に共通する願いです。ところがそう思って探せば探すほど、どれを選べばいいのかわからなくなるのではないでしょうか。

どんなドッグフードも、宣伝だけを見れば製品の良さをアピールする文句ばかりが並べられていて、「このドッグフードは実は悪い品です」とは書かれていません。ということは、飼い主自らが情報をきちんと判断し、数多くの中から「これなら」と思える良いドッグフードを選択するしかないのです。

ドッグフードの良し悪しはどこで判断すればいいのか?

なぜ良いドッグフードと悪いドッグフードを見分けたいのでしょうか?それはひとえに、愛犬にいつまでも元気で長生きしてほしいからです。

そう考えると、健康な骨、筋肉、内臓、血液などを作るためのもとになる、質の高い原材料が使われているものが良いドッグフードで、体に吸収されるべき栄養の乏しい質の悪い原材料から作られた製品が、悪いドッグフードであると判断してもよいのではないでしょうか。さらには、健康に悪影響を与えるものが使われているものも、悪いドッグフードに含まれますよね。

それらを判断するためには、原材料についてしっかり把握することが一番で、手がかりとなる情報の多くはドッグフードの袋に記載されています。ドッグフードを購入するたびに、パッケージに記載されている内容のすべてを確認する飼い主さんはそうはいないでしょう。おそらく、確認するのは消費期限の日付と、給餌量の目安ぐらいではないでしょうか。しかし、ドッグフードの質を見極めようと思ったら、原材料の欄に何が記載されているのかを確認しないわけにはいかないのです。

犬が肉食獣寄りの雑食動物であることを考えると、動物性タンパク質を摂取するための肉類は最も重要な原材料です。どのような種類の肉が、どの程度の割合で含まれているのかをしっかりと確認しましょう。

原材料の最初にチキンやビーフなどの肉類が記載されているか?

使用されている割合が多い原材料から順に記載されるため、もしもトウモロコシなどの穀物が肉類より先に記載されていたら、そのドッグフードに一番多く含まれている原材料は穀物ということになります。つまり、動物性タンパク質が少ないドッグフードであり、犬の食性を考えると悪いドッグフードだと判断できるでしょう。

肉類の種類がきちんと明記されているか?

どんな種類の肉が使われているのかがはっきりと明記されていることは、良いドッグフードを選ぶうえでの最低条件です。ビーフなのかチキンなのか、それとも別の種類の肉なのか。さらには骨抜きチキン、チキン生肉、乾燥チキン、生ラム肉、乾燥ラム肉……などのように、原材料の段階で肉がどんな状態なのかが記載されている場合、かなり原材料にこだわりのある質の高いドッグフードであると判断することができるでしょう。

その反対に、「肉類」のみで肉の種類が明記されていない場合、明らかにできない理由があるのかもしれません。こういった製品は肉の品質の悪さも気になりますが、特定の肉にアレルギーのある犬が知らずにアレルゲンを食べてしまう可能性もあり、実はとても危険なのです。

肉副産物・肉骨粉・肉粉が含まれていないか?

いくらタンパク質の含有量が高くても、肉副産物・肉骨粉・肉粉などが原材料に含まれている場合、ドッグフードの質そのものが低いと判断することができます。なぜなら、これらには私たちが「肉」として想像する以外の部分――内臓、骨、脳などの他に、最悪の場合は毛やひずめ、皮、そして糞までが含まれている可能性があるからです。

犬の食性は肉食獣に近いのだから、そういった部位が含まれていても問題ないのでは?とも考えられますが、これらはドッグフードを安価に製造するための材料です。つまりは、品質にこだわったドッグフードには、絶対に使われることはないものばかりなのです。

炭水化物にはどんな食材が使われているか?

犬は肉食獣寄りの雑食動物ですから、一番大切な栄養素が動物性タンパク質とはいえ、炭水化物からも栄養は摂取しています。穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードでない限り、必ずなにがしかの穀物が含まれていますので、その種類をきちんと確認しておきしょう。

トウモロコシや小麦などは安価なドッグフードに使われることが多い穀物です。犬の胃腸では消化吸収がしにくいという難点があるため、品質の高いドッグフードにはほとんど使われません。仮にトウモロコシという記載がなくても、コーングルテンが含まれている場合は要注意です。コーングルテンとはトウモロコシからデンプンと胚が取り除かれたものを乾燥させたもので、消化に悪いだけでなく栄養価も非常に低い、しぼりかすのようなものなのです。

品質の高いドッグフードには栄養価が高く、さらにはアレルギーの原因になりにくい玄米や全粒オーツ麦、全粒大麦などが使われています。これらはもともとのコストが高いこともあり、安価なドッグフードの原材料に含まれていることはありません。

人工添加物の有無

人工の添加物には保存料、着色料、香料などがありますが、その多くは石油を原料として化学的に作られたものです。ドッグフードの多くに発がん性などが指摘されている危険な保存料が使われていますので、原材料の欄を必ず確認してください。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、エトキシキンなどは特に危険性が高いため、これらの酸化防止剤が使用されているドッグフードは、どんなに原材料の品質を謳っていたとしても、良いドッグフードとは言えません。

判断に迷ったら

良いドッグフードと悪いドッグフードをどう見分ければいいのか?その判断に迷ったときは、難しく考えることはありません。

  • 肉類が原材料の中で一番割合が多い。
  • トウモロコシ、小麦、大豆などの消化に悪い穀物が使われていない。
  • 人工の添加物が使われていない無添加である。

まずは上記をクリアしていることが、良いドッグフードを見分けるヒントになるはずです。

安全なドッグフードの選び方とは?

ドッグフードに関する匿名の口コミ(レビュー)には要注意?

「ドッグフードの選び方」といった検索ワードでネットを調べると、さまざまな情報がヒットします。中には、「発がん性」などに関するおどろおどろしい記事も存在します。特に、添加物に関しては警告を通り越して、不安をあおるような記事がたくさん出ています。それらの記事は一体誰が書いているのでしょうか? 獣医学や栄養学に精通した人の記事でしょうか? もし、そうした専門知識のない人の書いた記事ならば、それを鵜呑みにするのはとても危険です。

確かに、「添加物」の使われていないフードのほうが安心感があります。それは、人間も犬も同じですね。しかし、すべての添加物が「悪」という時代ではないのも事実です。

特に「発がん性」という言葉は要注意です。というのも、すべての食品に「発がん性」はあるからです。要は適切な量を摂ることが大切なのであって、「発がん性」の低さをあまりにも強調しているフードは、それだけで信用ができません。おそらく、そうしたフードの広告は「これこれの化学物質は発がん性が高い」と書いてあっても、「このフードの発がん性は低い」とは書いてないはずです。これは、「発がん性の高い化学物質を省いたから大丈夫」という安易なロジックですが、それだけで安全なフードと言えるのでしょうか? 素人判断では結論の出せない問題です。

飼い主として気をつけるべきは、獣医学や栄養学の専門知識を持つ人びとによってきちんと作られているかどうかであり、メーカーがそれを公式に発表できているかどうかです。匿名の素人が発信する根拠のない情報に左右されるのは危険であるだけでなく、お金や時間など何らかのロスを被る可能性があるので要注意です。

ドッグフードを選ぶ上でパッケージはよく見ること

原材料のトップが「肉」のものを選ぶ

正確に言えば、年齢によるフード選びが間違っているわけではありません。しかし、もっと重要なことがあります。それは原材料の配合順位です。約6500万年もの間、犬の祖先は肉食動物として生きてきました。イネ科の植物に適応する潜在的な能力があったとしても、人間に合わせて穀物を食べるようになったのはおよそ1万年前という、1週間で換算するとわずか1分ほど前に起きた大変化です。

進化の視点で考えると、犬はまだ穀物に適応している「途中」の段階です。それは歯を見るとわかります。

人間の歯が穀物の硬い繊維をすりつぶせるようにできているのと違い、実際に犬の歯を見ると、円柱状、先がとがった形になっています。これは、肉を切り裂いて飲み込んで食べるための構造です。そう考えるならば、オオカミであったときからずっと食べ続けている肉が多く入っているフードを選んだほうが、犬にとって安全であることは間違いありません。

穀物ばかりのフードを食べている犬に胄腸障害が多いのはそのためです。

ドッグフードパッケージの読み方

フードの目的、賞味期限、原材料、原産国などパッケージにはフード選びの参考となる情報がぎっしり!ひとつひとつ確認していけば、愛犬に合った商品が見つかるはず。

1.犬のフードであることを文字で明記

犬の写真やイラストを載せるだけではNG。「ドッグフード」や「犬用スナック」などそれぞれのフードの用途が分かるように、文字で表してパッケージに記載するように決められている

2.フードに含まれている主要な栄養素や水分の量

栄養素や水分の重量比をパーセンテージで表示している。
表示方法については栄養素によって何%以上、何%以下という風に記載される

3.フードに使っている原材料名や添加物名を表示

原材料については、分類名もしくは個別名をパーセンテージが多い順に、合計が80%以上になるように冒鐵している。
5%以上その商品を使用していなければ、商品名やイラスト、写真などに表記できない

4.フードの最終加工が行なわれた国名

国を表示。ただし、商品にラベルを付ける、商品を容器に詰めたり包装する、商品を詰め合わせるなどの工程は最終加工に含まれない。日本製の場合は「国産」と表記

5.米国飼料検査官協会の給与試験を通過していることを示す

AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリアしているフードに関しては、パッケージにその旨が記載されている事が多い。栄養基準が優れているというお墨付きのドッグフード。

6.ドッグフードの目的を示す

一日に必要な栄養基準を満たしていれば「総合栄養食」、
オヤツやスナックなどは「間食」、「一般食」、「副」、栄養補完食や嗜好食、特別療法食などは「その他の目的食」と表示される。主食目的は「総合栄養食」を選ぼう

7.1日に与える量や回数などの目安を表示

「総合栄養食」の場合は、ペットのライフステージや体重を目安に、1日に与える食事の回数や分量などを表示。「間食」の場合は栄養バランスに悪影響を与えない給与限度量が記載されている

8.栄養価や食味を

保証できる賞味期限未開封で保存した場合に、栄養価や食味を保証できる期限を記載している。年・月・日の順で表記は統一されている

9.会社の名称や住所などの連絡先

製造者、販売者、輸入者などの種類があり、名称や住所などが記載されている。事業者の名称が外国語で表記されている場合、日本国内の地名が入った工場や所在地を併記する規則となっている

10.製品の正味量を表示

フードの正味量をグラムまたはキログラムの単位で表示している。犬の食べるペースを考慮し、容量を選びたい。「間食」の場合は、その形によって何個、何本何枚といった単位で表記されることも

ラベルでわかる安全なドッグフードの選び方

ドッグフードはいろいろな原材料を混ぜてつくられていますが、「原材料は量が多いもの順に並べなければいけない」という決まりがあります。ですから、ラベルの原材料表示のところに、肉がトップにきているものを選びましょう。なおかつ、その肉は牛や羊などの反鶉動物(はんすううどうぶつ)であると理想的です。これは、3000万年の間、犬の祖先が捕食していたのが反鍔動物だったからです。

とはいえ、肉が多いドッグフードでは、値段は高くなりがちです。もし、肉がトップに掲載されているフードが高すぎるということであれば、4番目よりも3番目、3番目よりも2番目に肉がきているものを選んでください。「肉がなるべくたくさん入っているフードを選ぶ」。これは、犬の歯の構造、進化の歴史にかなった選び方です。

子犬のドッグフードだけは例外がある

子犬だけは、年齢表示を参考に選んでください。子犬(パピー)用は成犬用、シニア用よりもかなり多めの動物性のタンパク質が配合されています。このことからも成長期などの重要な時期には犬に動物性タンパク質が必要なことがご理解いただけるかもしれません。

肉の香りが強いドッグフードを選ぶ

今犬にあげているフードのにおいをかいでみてください。肉の香り、穀物の香り、どちらが強いでしょうか?言うまでもなく、肉の香りが強いほうが犬にとっておすすめです。その時に、酸化したにおいがしないか、腐敗したにおいがしないかに注意をしてください。犬は夏場に弱い生き物ですが、それは体の酸化をとめるという機能が人間ほど強くないからです。

寒い地域で進化したオオカミが、ヨ-ロッパで改良されて今の犬になったように、犬は涼しい所で進化してきています。涼しい環境では、熱による油や食べ物の酸化が起きにくいため、酸化物は、犬の病気を誘発しやすい傾向があるのです。

原産国に注意!

どこの国でつくられたかで、不純物の入り方に差があります。メーカー側には安い物をつくらなければならないというユーザーからの圧力があるので、どうしても安い地域から原材料を仕入れようとします。

2007年には、アメリカでも中国の原材料を使ったフードで腎不全が多発し、多くの犬や猫が死亡しました。石炭などからつくられたメラミンが混入していたのです。メラミンはプラスチックの原料です。
2007年のペットフード大量リコール事件

こういった事件が起こると、ドッグフードの「あるロット」だけ悪かったように事態収拾が図られますが、中国の粉ミルクに繰り返しメラミンが添加され、乳児の腎結石や腎不全(死亡事故や生涯にわたる障害まで)が起きていたように、安い原材料を使い利潤を確保しなければ存続できない企業の特性上、ペットフードには、常に付きまとう危険といえます。

つまり、年齢よりへ原材料の順位、におい、原産国でフードを選んだほうが良いってことです。