【アボ・ダームドッグフードの評判】原材料や成分は特に問題なし

今や日本の食卓でも当たり前のように並ぶようになったアボガドは、実はギネス認定されるほどの世界一の高栄養食材でもあります。

アボ・ダームは早くからアボガドの効果効能に着目し、ドッグフードの混ぜ与える事で、愛犬の皮膚、被毛の状態を健康に保つための食事を開発したのです。

日本のドッグフード市場において数十年の歴史のある老舗と呼べる製品ですから、皮膚、被毛の状態の改善を目指してゆきたい場合には、試してみたいドッグフードです。

アボ・ダームのパッケージチェック

市販のドッグフードを選ぶときに欠かせないのがラベルの読み方。
そのパッケージやラベルには、与えるべきペットの種類や目的、使われている原材料、給与方法、原産国、賞味期限などがあります。
安全確保や問題発生時の原因究明のために、「ペットフード安全法」で表示が義務化されているのは次の5項目です。

  • 販売用愛がん動物用飼料の名称
  • 原材料名
  • 賞味期限
  • 原産国
  • 製造業者、輸入業者または販売業者の氏名または名称と住所

さらにペットフード公正競争規約で下記の表示が定められています。

  • ペットフードの目的
  • 内容量
  • 給与方法
  • 成分

アボ・ダームドッグフードどうでしょうか。詳しくみていきましょう。

アボ・ダームドッグフードの成分と原材料

ギネスの認める世界一の高栄養食材アヴォガドを使用した「アボ・ダーム」ドッグフードの原材料は下記の通りです。

名称ドッグフード(総合栄養食)
原産国アメリカ
賞味期限
原材料ビーフミール、玄米粉、オートミール、米粉、亜麻仁、アボカドミール、トマト繊維、鶏脂肪、ナチュラルフレーバー、塩、塩化カリウム、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD3、ビオチン、葉酸)、ミネラル(硫酸亜鉛、アミノ酸亜鉛キレート、硫酸鉄、硫酸マンガン、アミノ酸マンガンキレート、硫酸銅、アミノ酸銅キレート、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、海草、ニシン粉、アボカドオイル、ローズマリーエキス、セージエキス、パイナップル、納豆菌発酵抽出物、アスペルギルス・オリゼー発酵抽出物
成分粗蛋白:21%以上
水分:10%以下
粗脂肪:11%以上
粗灰分:7.0%以下
粗繊維:4%以下
約332kcal/100gあたり
給与方法パッケージに記載あり
取扱業者

原材料表示を見る限り、ビーフは「ミール」である事、穀類を多用している事が若干気にかかる点でしょう。ですが、アヴォガドが配合されている製品は他社にはないので、その点はポイントと言えます。

原材料にあるアボガドは犬に与えても大丈夫?

アボカドには、犬が中毒症状をひき起こす成分が入っているのですが、ここで使用されているものは安全な品種だそうです。その意味でも問題はないでしょう。

また、アボガドを食べることで、酸性体質になりがちな犬の体質を弱アルカリ性体質に誘導し、「皮膚と被毛のトラブル、フケ・カユミ・涙やけ、体臭・口臭・便臭、肥満の予防と改善、ノミ付着率の軽減」といった様々な効果効能を引き出す事につながります。

薬剤を使わずに、体に優しく体質改善が出来るので、愛犬の健康を考えるうえでとても頼りになる食事と言えるでしょう。

アボ・ダームの口コミ

アボ・ダーム ドッグフードを実際にあたえた方の感想、評判は

  • 独特な粒の形状が気に入っています

    粒の形状が不揃いというか、画一的でないので、食べる事で歯磨き効果もあると聞き愛用しています。小さな粒なので小型犬でも食べやすいようです。毎日の歯磨きが難しいのでこのフードで対応しています。

  • 被毛の艶が出てくるので使っています

    何度か他の製品に切り替えたこともありますが、被毛の艶が違うので、結局はこの製品に戻っています。愛犬の体質にあうようで、艶のある綺麗な被毛を保っています

  • ペットショップの店員さんおすすめでした

    ペットショップの店員さんがこっそりおすすめしてくれたので使っています。お店の子犬は経費の関係上別の製品を食べているそうですが、プロからみると実はこの製品がおすすめとのことです。

ブリリアントメロウチキンの評価

アボ・ダーム ドッグフードについて、原材料、製法、利用者の口コミなどからの総合評価

価格4.0

老舗ドッグフードの一つと言える代表的な製品です。

まだ、日本にビタワンが当たり前だった頃からある輸入製品です。当時はアボガドという食材自体の知名度が低く、知る人ぞ知るという製品でしたが、最近が人間の食材として注目を浴びた事から、この製品も注目を浴びています。

皮膚、被毛の改善効果がある、便通がいいなど体質にあうと、ぴったりとはまる製品だと言われています。

価格から判断しても原材料の品質も問題ないレベルと考えられるでしょう。

ビーフにアレルギーはある場合には、チキンもラインナップされているのでご安心を。

パピー用、ダイエット用、シニア用とあるので体調に合わせて製品を選ぶ事ができます。

以上が、世界一の高栄養食材アヴォガドを使用したドッグフード「アボ・ダーム」に関する評価です。