ドッグフードの成分『ビートパルプ』とは?犬に悪いは本当?

ドッグフードのパッケージに記載されている原材料の欄に「ビートパルプ」とあり、どんな物なのかインターネットで調べたことのある飼い主さんもいますよね。その結果、「危険」「与えてはいけない」という内容の記事が多く、これまでビートパルプの入ったドッグフードを与え続けてきた飼い主さんは不安になってしまいますよね。

でも、実際のところビートパルプは本当に危険で、犬に悪いのでしょうか?そもそもビートパルプとはどのような原材料で、なぜ使用されているのでしょう。ここでは、そんなドッグフードに含まれているビートパルプの基礎知識と安全性についてご紹介します。

ビートパルプってどんな原材料?

まずは、ビートパルプがどのような原材料なのかについて見ていきましょう。ビートパルプはビートファイバーとも呼ばれ、砂糖の原料でもある甜菜から作られます。正確には甜菜から砂糖を取り出した残りカスを加工したものがビートパルプです。

甜菜には食物繊維が多く含まれているため、砂糖を取り出した残りとはいえ、捨てるのにはもったいないため、加工して家畜の餌やドッグフードなどの繊維源として使われています。ビートパルプを摂取すると、腸内環境が整うためダイエット効果があるとされています。

化学化合物などではなく、植物から作られている製品ですので、安全性はとても高そうに思われますが、実際には「かなり危険」と警告する専門家もいます。なぜビートパルプが危険と言われるのでしょうか?その理由について次章で説明します。

なぜビートパルプが危険だと言われているのか

砂糖の原材料となる甜菜から作られるビートパルプ。野菜のようなものですので、単純に考えればヘルシーで安全なように思えます。ただ、実際にはとても安全とは思えないようなビートパルプが存在ます。なぜ、そのようなビートパルプが存在するのか、その理由について説明します。

砂糖を絞り出すときに使う劇薬が残留している

甜菜から砂糖を作ると、通常は茶色い砂糖ができます。ところが市販されている砂糖は、一部を除いて白砂糖で真っ白ですよね。この砂糖を白くするために使われているのが、苛性ソーダや硫酸です。いずれも劇薬ではありますが、安全であると国が認めている製法のひとつです。

問題なのは、これらの劇薬がビートパルプに残留している可能性があるということです。砂糖は人の食べるものですので、硫酸も苛性ソーダも残留していません。ところが、残りカスは家畜や犬が口にするものですので、完全な処理を行わないためビートパルプに留まってしまうというわけです。

ただし、これに関しては残留量が極微量であり、安全基準も設けられているため安全であるという考え方もあります。ドッグフードメーカーは、それを根拠にビートパルプを使っていますので、どのメーカーも「問題ない」としています。

さらに、すべてのビートパルプに劇薬が使われているわけではありません。そのような薬品を使わずに作られている砂糖もあり、その場合には劇薬が残留することはまずありません。

・劇薬が残留しているから危険
・残留していても微量だから安全
・劇薬を使っていないビートパルプを使っているから安全

この3つの考え方があり、消費者やメーカーなどが自分たちの立場に合わせて、安全性を主張しています。どれが正しいかの判断はとても難しいのですが、この3つの考え方をどう判断すればいいのかについては、後ほど詳しく説明します。

農薬などが残留している

ビートパルプは残留している劇薬ばかりが取り上げられますが、実はもっと心配すべきポイントがあります。それが海外で作られた甜菜の残留農薬です。国内で作られた甜菜は、安全基準を満たしていますが、海外の甜菜には日本で使用が認められていない農薬も使われています。

海外の甜菜のほとんどが遺伝子組換えを行われています。こちらも日本では栽培が認められていませんが、遺伝子組換えされた甜菜は農薬への耐性が強く、大量の農薬を使って栽培されています。その結果、ビートパルプも農薬まみれになっている可能性があります。

こちらも、可能性があるということだけですが、無農薬で作られたビートパルプがドッグフードに使われることはまずありませんので、飼い主さんとしては、しっかりと頭に入れておく必要があります。

体調が悪くても軟便になりにくい

ビートパルプは食物繊維ですので、摂取すると腸内や便の水分を吸収します。このため、ビートパルプが含まれたドッグフードを与えると、下痢になりにくいというメリットがあるのですが、そもそも下痢になるのは、体のどこかに異変があるためです。下痢にならないということは、体調不良のサインを見逃してしまうことになります。

さらに、ワンちゃんによっては便秘になってしまうこともあります。食物繊維だから快便になると思われがちですが、便通が良くなるのは食物繊維の中でも水に溶けない不溶性繊維で、ビートパルプは水に溶ける可溶性繊維です。

このため、ビートパルプを与えすぎると便秘になってしまいます。良かれと思って与えた結果、病気に気づくのが遅れたり、便秘になったりすることがあるというのも覚えておきましょう。

結局ビートパルプは与えても大丈夫?それとも避けるべき?

ここまでの説明で、ビートパルプについての基本的な知識を把握できたかと思いますが、すでにお伝えしましたように、安全であるという考え方と、危険であるという考え方、どちらも強く主張されています。これでは結局どっちが正しいのか判断できませんよね。

結論としては「それほど気にする必要はないけど、与えないのがベスト」です。

ビートパルプは食物繊維を摂らせるという名目で使われていますが、そもそも犬は食物繊維を積極的に摂る必要はありません。確かに腸内環境は整いますが、鮮度のいい安全性の高いドッグフードを与えていれば、食物繊維がなくても腸内環境は整います。

しかもビートパルプをドッグフードに使う本当の理由は、腸内環境を整えることではありません。現実にはドッグフードをかさ増しするために、ビートパルプを使用しています。もし、ドッグフードの原材料の上から5番目以内にビートパルプが含まれていたら、それはかさ増し目的で使われていると考えて構いません。

腸内環境を整える食物繊維として必要なビートパルプの量は、それほど多くありません。このように、安く作るためにビートパルプ使っているドッグフードがあると思うと、できることなら避けておくに越したことはありません。

神経質になる必要はないものの、他に選択肢があるのであれば、使われていないドッグフードを選びましょう。食物繊維はさつまいもなど、安全な食べ物からも摂ることができます。ビートパルプがないと摂取できないわけではありませんので、使用しているドッグフードをあえて選ぶ必要はありません。

できるだけ安全性の高いドッグフードを選んであげよう

ドッグフードにビートパルプを使うという考え方は、できるだけ安くドッグフードを提供したいというメーカーの考えがベースにあります。他の食物繊維と比べると安価ですし、入手性もとてもいいため、とてもすぐれた原材料ともいえます。

ただし、その安全性が低いものも多く、食の安全性にこだわっている飼い主さんはできるだけ避けておきたいところです。プレミアムドッグフードと呼ばれる、良質なドッグフードの多くがビートパルプを使っていないことからも、必要のないものであることが分かります。

「ビートパルプが入っているから絶対に食べさせない」と頑なに拒否する必要はありません。ただ、毎日食べるドッグフードは、価格が多少高くてもビートパルプを使っていない安全性の高いプレミアムドッグフードを選んであげましょう。