ベストバランスドッグフードの口コミと評判

デオシートで有名なユニ・チャームが発売する犬種別ドッグフードシリーズがベストバランスです。犬種別製品の中でも比較的手ごろな価格で購入できる上に、量販店、スーパーでの取り扱いもありとても便利です。

犬種別製品は選びやすいという声が多く、人気シリーズですが、その実情は必ずしも好ましいものではありません。ベストバランスを愛犬家目線で分析してみました。ぜひ愛犬の「主食」選びのご参考に。

ベストバランスの特徴

ベストバランスからだダックス、チワワ、プードル、シーズー、ヨークシャーテリア、柴犬用が発売されています。国内飼育頭数の上位にランクインする犬に限定したラインアップです。

さらに犬種を年齢別に細分化したラインアップもあり、まさにドッグフード選びが各段にスムーズになるでしょう。

ただ原材料を見る限り特段犬種に特化した特徴が見受けられません、原材料の品目、栄養バランスはこれまでのユニ・チャームブランドと大差なく、売り上げ拡大を目指したパッケージチェンジと言える内容です。

ベストバランスの成分と原材料

トイ・プードル用の製品の主原料はトウモロコシ、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール、玄米といった多種の穀物です。豆類(大豆、大豆エキス)も配合されていますがいずれもアレルギー発症リスクの高い素材ばかりです。

動物性たんぱく質はチキンミール、鶏ミンチ、家禽エキス)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)です。いずれも肉そのものではなく、加工過程で生じる廃棄相当な部位ばかりです。
これらの素材に動物性油脂で風味をつけ、品質を保持する加工を施している製品です。

トイ・プードル専用と謳う理由はひざ・関節、お腹の健康維持のために、グルコサミン・コンドロイチン、オリゴ糖を配合されてからとのことです。しかし配合量はごくわずかで、この成分が健康上どの程度の効果があるのかは不明瞭と言えるでしょう。

トイ・プードルは数ある犬種の中でもトップクラスに食事に手がかかる犬種です。トイ・プードルが満足して食べ続けるには相当な量の人工的な風味付けをしなければならないはずです。このような人工的な加工は決して愛犬の健康に好ましいものではなく、長期間継続して与えることで不調につながることもあります。

犬種別でも製品ごとの大差はない

犬種別製品は今や量販店にも多数並ぶ定番ラインアップです。ただこの製品を見る限り、犬種それぞれの特性に特段配慮した工夫を感じることはできません。

微量な成分の配合とパッケージの印象でつい過信してしまい愛犬の健康が確保されたと思いがちですが、決して好ましい成分ばかりではないので注意も必要でしょう。

穀物を主原料とし栄養バランスに問題あり

小型犬は今や長寿化が課題になり、20歳を超えることも珍しくありません。健康で長生きをすることは多くの飼い主が望むことでしょう。

健康で長生きを実現するためには若いころから日々の食事に様々な注意を払う必要があります。特に栄養バランス、必須栄養素の摂取は欠かせません。この製品には犬が本来必要とする動物性たんぱく質が十分に配合されていません。

必須栄養素の摂取が慢性的に続くと愛犬の体に何等かの不調が生じる危険性が高くなるので、早期の食事の見直しをしてあげましょう。

着色料、保存料の配合など好ましくない成分の配合

今やドッグフードは無着色、無添加が常識とされています。しかしこのような時代背景があるにも関わらず、多種の着色料でカラフルに仕上げた製品を愛犬に与えることは単に飼い主の自己満足に過ぎないでしょう。

愛犬の健康を第一に考え、摂取すべきでない成分は除外するよう心掛けてあげたいものです。

ベストバランスの口コミと評判

とてもよく食べます

初めて購入しました。いつもすぐに食べ飽きてしまうので、ドッグフード選びに苦労しています。この製品は小袋に分かれていて使いやすく美味しそうに食べてくれました。

小分け包装が便利で嬉しい

我が家のトイ・プードルがよく食べており、他のドッグフードよりもいい感じで、とてもいいと思います。
また、500グラム単位の4袋に小分けになっていて、こまめに開封できるのでとても便利です。

ベストバランスの口コミ・評判まとめ

とても嗜好性が高く、食にこだわりの強いトイ・プードルのお悩み解決に多いに貢献している製品です。

ただ原材料を見る限り、その高い嗜好性の元となる食材が見当たらないことからも疑問が生じます。
嗜好性の背景には動物性油脂が大きく関係しているのでしょう。

非常に嗜好性が高いと飼い主としては継続して買ってあげたいと思うものですが、この製品には愛犬の健康に好ましくない保存料や着色料の使用があります。長年与え続けることで健康を害する可能性があることも知っておきたい大切な点です。

ベストバランスの評価

大手メーカーの製品であることから無条件に品質を過信してしまいがちな製品です。

犬種別というセールスポイントと内情は合致しておらず、決して愛犬に安心して与えることの出来る製品ではありません。