ボストンテリアの性格とおすすめのドッグフード

“太り過ぎに注意! 運動量に応じたカロリー摂取に気を配りましょう。”
愛嬌者のボストン・テリアにおやつをせがまれると、ついつい与えてしまうのが人情です。犬もその辺のことはしっかり見抜いていますから、上手におねだりしてきますよね。ボストン・テリアに限らず、人と非常に近い距離で暮らす小型犬がもっとも注意しなければならない食習慣は、「食べ過ぎ」です。
人間と同様に、太り過ぎは心臓への負担も大きく、糖尿病の原因にもなります。犬も長寿の時代ですから、若いころからしっかりとした食習慣を心がけたいですよね。

定期的に体重管理をして、ちょっと太ったかな?と思った時に与えるライト系のフードを用意しておくと便利です。味覚に敏感な犬は、フードが急に変わると食べなくなってしまうことがありますが、「太り過ぎ」が発覚する前に好みの「ライト系フード」を見つけて、準備しておいてはいかがでしょう。人間のダイエット食もおいしいものと、そうでないものがありますよね? 犬って、結構グルメですから、ぜひ気を配ってあげてください。

ピンとした三角形の耳に筋肉質なボディを持ったボストンテリアは、運動するのが大好きですが食べるものも同じくらい大好きな犬種です。決まった食事以外にもおねだりする姿がかわいくて、ついおやつや人間の食事を少しだけだからと与えてしまうこともありますよね。

しかし、あまりにもいろいろなものを与えすぎていると肥満のリスクが高まるだけではなく、抜け毛や脱毛など皮膚トラブルにも繋がることがあるため、必要以上にいろんなものを与えないことが健康の秘訣です。

また、1日の食事量も適量以上に与えてしまうとそれも肥満になってしまうので、1日に決められた量をしっかり守って理想体型をキープしてあげましょう。

お腹いっぱいにならない?その原因はドッグフードにあり

ボストンテリアは食べるのが大好きですが、あまりに欲しがる姿を見るとドッグフードを与える量が足りていないのではないかと心配になり、食事量を増やして様子を見ることもあると思います。

そうして食事量を増やすと満足するため一安心すると思いますが、日に日に体が丸くなってきて気付けばくびれがなくなってしまったなんてことも。でも食事量を減らすと満足できないし、どうしたらいいのか悩むところですよね。

ですが、ここでお伝えしたいのは量ではなくドッグフードの質の部分です。食べてもお腹がいっぱいにならないのは、食べたものがしっかり消化・吸収されずそのまま便となって排出されている可能性が高いのですが、質の悪いドッグフードにそうした傾向が強くあります。

そのため、カロリー上は適量で与えていても脳がまだ栄養が足りていないと思ってしまい、その不足分を補おうともっと食べるように指示をしてしまうのです。

ですから、脳が十分に満足だと認識するドッグフードに切り替えてあげると必要以上に欲しがることが少なくなり、与えすぎによるトラブルを防ぐことができます。

ボストンテリアに合ったおすすめのドッグフードの選び方

食べることが大好きなボストンテリアのために適切なドッグフードは、質がよく消化吸収の高いものを選ぶことが大事です。消化吸収の良いドッグフードだと、必要な栄養素をまんべんなく取り込むことができるため同じ量を与えていたとしても、満足感が全然変わってきます。

では、どんなドッグフードを選ぶとボストンテリアに満足感を与えることができるのかご紹介します。

・質の高い動物性タンパク質を使っている
・着色料や香料など人工添加物不使用
・グレインフリーもしくは過度に使われていない
・オメガ3脂肪酸など良質な脂質を使っている

使われている原料は人間も食べることができるようなものが質の良い物なので、1kg当たり数百円で買えるような物はこれらに該当しません。

特に着色料や香料といったものは栄養素として一切必要のない物であり、決して健康的な物ではないので、赤や緑で着色されているドッグフードは真っ先に除外しましょう。

グレインフリーの重要性とグレイン使用に頼る必要性

ボストンテリアは肉食系雑食であると同時に運動が大好きな犬種です。活発に運動するために優れた筋肉を作るのは、動物性タンパク質に含まれた豊富なアミノ酸です。

だからこそ穀物でカサ増しをしているようなドッグフードだと、ボストンテリアに必要な筋肉を十分に作ることができないため、しっかりと筋肉を作ってくれる動物性タンパク質をメインとしたドッグフードを選んであげることが大事になります。

しかし、質の高いドッグフードでもグレインフリーでないものはあります。それは、あえて穀物類を含めることで満腹感を与えて食べ過ぎを防ぐために作られている場合です。

過度な食べ過ぎを防ぐためにいつもの食事やこうしたグレインフリーの食事で調整することができれば問題はないのですが、中には調整することで欲しがる姿に心が苦しくなり、つい与えてしまうという飼い主さんも少なくありません。

そうした場合は強制的に満腹感を刺激するようなドッグフードを選び、少量でも十分だと認識させることが必要になってきます。

満腹感にグレイン使用でも消化率が大事

満腹感を与えるために穀類を配合しているドッグフードを選ぶ場合でも、消化率の高い物を選ばなければ下痢などのトラブルを招いてしまいます。

ですから、穀類を使用しているから満足感が味わえるというだけで選ぶのではなく、消化率の高いものを選び消化器官に負担がかからないように配慮することがとても大事です。

吸収率が高いかどうかはパッケージを見ただけでは分からないのですが、中には消化率が記載されたドッグフードもあるためそこで判断することができます。消化率が90%以上のものであれば、ほぼ確実に消化器官に負担になることなく満足感を与え食べ過ぎを防ぐことができるでしょう。

ドッグフードの与え方の工夫で与えすぎを防ぐ

穀類を使用したドッグフードは与えたくないといった飼い主さんや、満足感を与えるドッグフードを使っているけど欲しがると与えたくなるという飼い主さんは、ドッグフードの与え方を工夫するのも一つの手段です。

一般的にドッグフードを与えるときは、ご飯の時間になったらフード皿に出して一定量を与えますよね。しかし、これだと食べた直後はいいのですが時間が経つとまた欲しがるため、「少しくらいならいいかな」とついあげてしまうことがあります。

その少しが積み重なることで体重と余分なお肉になって現れたり、欲しがれば貰えると学習して我慢が出来ない子になったりするので、少しだけついあげちゃうを止めなければいけないのですが、それができれば苦労はしないはずです。

そこで、おすすめなのがついあげちゃうを止めない方法です。ついあげちゃってもいいので小腹がすいたらあげてしまいましょう。

1日量を小出しに与えて満腹感を常に与える

欲しがる時に与えると太ると思いますよね?もちろん与えすぎは太ります。ですから、この方法は1日の総合量をオーバーしないことが大前提です。

どういう事なのかというと、1日80gなのであれば80gをまとめて袋に分けて持っておきます。それを小出しにして与えるだけで一度にたくさんの量を与えないことで、常に満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐという方法です。

この方法であれば、欲しがるボストンテリアと与えたい飼い主さん両方の欲求を叶えることができるので、家族の誰かが余計に与えてしまうといった悩みをもっている場合も使えますよ。

理想体型はボンキュッボン

ボストンテリアの理想体型がそもそも分かっていないと、食べ過ぎなのか標準なのか逆に痩せすぎているのかが分かりませんよね。

体重はあくまでも平均目安なので、必ず全てのボストンテリアに当てはまるわけではありません。ですからその子にとって理想体型なのかそうでないのかを判断する一番の方法は、見た目が丸いかそうでないかを見る方法です。

見方はすごく簡単で、真上から見た時に八の字ラインになっているかどうかで判断することができます。真上から見て八の字ラインになっていて、肋骨を触ることができれば理想体型だと言えます。

人間でいう所のボンキュッボンの体型が、ボストンテリアにとっての理想体型ということですね。そして、肋骨を触れると言いましたがここがポイントで『肋骨が見た目で分かる』のではなく、あくまでも『触ると分かる』というのが大事です。

見た目では分からないけど触ると分かるのであれば適度な肉付きである証拠なのですが、見た目で肋骨が浮いてわかるような状態は痩せすぎになります。

こうしたポイントを抑えて判断するようにすれば、体重にとらわれずその子に合った適性を見極めることができるので、是非覚えておいてくださいね。