カナガンドッグフードを与えてみた私なりの評価とネット上の口コミや評判

ネット上で「ドッグフード おすすめ」「ドッグフードランキング」などと検索すると必ず上位に紹介されているドッグフードといえばカナガンドッグフード。
いったいカナガンドッグフードの何が人気なのかを紹介したいと思います。

カナガンドッグフードの特徴

カナガンドッグフードの原材料

名称ドッグフード(総合栄養食)
原産国カナダ
賞味期限
原材料骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ
給与方法パッケージに記載あり
取扱業者レティシアン

レインフリー(穀物不使用)

カナガンは、材料に穀物を使用していません。犬は元々肉食動物なので、穀物の消化吸収は不得意です。

なので、大量の穀物は胃腸に負担がかかりやすいです。そして、穀物をエネルギーとして代謝する事も苦手で、脂肪として蓄積されやすい傾向があります。

しかし値段を下げる為だけに、小麦粉やトウモロコシを使用したドッグフードが数多くあります。穀物で体に負担をかけ続けた結果、アレルギーになってしまう犬もたくさんいます。

その点、カナガンは不必要な穀物が一切入っていないので、穀物アレルギーの心配はありません。消化吸収に優れた、犬の体に優しいドッグフードです。

優れた栄養バランスで肉の使用量がはんぱない

カナガンは穀物を使わない分、チキンをたっぷり51%以上使っています。
その他に全卵やチキングレイビー等も使用し、動物性の原材料率が60%です。

そして、野菜とハーブを40%ブレンドしています。
犬にとって最適な栄養バランスは、お肉が60%、穀物を抜いた野菜類が40%と言われています。

カナガンは犬の求める栄養素にこだわり、犬本来の食事内容を目指して作られています。

健康的な材料選び

カナガンが使用している材料は、人間が食べられるほど新鮮で高品質です。

そして、保存料や着色料等の人工的な添加物は使用していません。

以下は一部ですが、犬の健康維持に役立つ様々な材料をブレンドしています。

  1. サーモンオイルはオメガ3、オメガ6脂肪酸を多く含みます。
  2. DHA・EPA等のオメガ3脂肪酸は、脳や視力の健康を保ちます。
  3. 皮膚や毛づやの悩みには、オメガ6脂肪酸が効果的です。
  4. 炭水化物に、血糖値の上昇が穏やかなサツマイモを選んでいます。
  5. マリーゴールドとカモミールには、抗菌や抗炎症作用があり、胃腸の調子を整えます。
  6. また、抗酸化作用もあるのでアンチエイジングに効果的です。
  7. クランベリーに含まれるキナ酸は、尿のPH値を落ち着かせ、尿結石を防ぐ効果があります。
  8. フラクトオリゴ糖で、排泄を促し腸内環境を整えます。
  9. グルコサミンとコンドロイチンが配合され、年齢とともに心配になる関節もケアできます。

安全性が高いから安心

ペットフード専門工場の「GAペットフード・パートナーズ社」は、国際規格「SAI GLOBAL」でクラスAを取得しており、新鮮さにこだわり、オーダーされた分だけを少量ずつ生産しています。

また、製造過程で品質テストをこまめに行い、原材料からチェックされているため、出来上がった製品一つ一つに製造番号を付け、販売した後も状態を把握できるよう、徹底的に管理されています。

産地イギリスからできたてを直輸入し、品質低下を防いでいます。

カナガンドッグフードの口コミ

良い口コミ

ドライフードはいつも慎重に徐々に切り替えています。食いつきもよく3日目には安定してきました。大抵、馬肉とカルシウムをブレンドしています。身体も締まってきて、ウンチも健康です。今のところドライNo1だと思います。

これはほんとうにこわいくらいすごいです!!
絶対買って損なし!!!
トッピングしないとフードだけなんていらんわって言うような子の子が!!これだけであげたら食べました!!最初は舐めてたんですがガリっとかじったらあれ?これ美味しいぞ!?みたいな感じでおやつの時にしかもっとくれって言いに来ないのに!!きました!!そして間違いではなくほんとうで一気に一つずつで30個ほど食べましたΣ(゚д゚lll)嬉しくてほんとに涙が出てきました!!心配でしょうがなかったのです!!ほんとうにこれはすごいです!!もう一度いいます!このフードはほんとうにすごいです!!

悪い口コミ

食の細い柴犬です。これは少ししか食べなかった。ゲリはしませんでした。

こちらに切り替えて1ヶ月たちました。ワンちゃんの食い付きが良いという売り文句ですが、うちの子は1日の必要量の半分しか食べません。そして喜んで食べると言うよりは仕方なく食べている感じです。元々少食のなのでこちらの商品が悪いわけではないですが、少食の改善にはなりませんでした。しかし、品質的には優れた商品だと思うので引続き食べさせたいです。

やはり好き嫌いがはっきりするみたいなので、お試しで一袋あげてみるのもいいかもしれません。

カナガンドッグフードの評価

カナガンドッグフードの良かったところ(メリット)

  • 食べやすい小粒で、小型犬やシニア犬も食べられる
  • 犬の健康維持にベストな栄養バランス
  • まとめ買いするほど割引率が高くなる

カナガンドッグフードの悪かったところ(デメリット)

  • お試しがなく、サイズが2キロのみ
  • 5千円以上買わないと、送料と手数料がかかる

安全性はどうなの?

  • 工場での製造から出荷まで、徹底的に管理されています。
  • 産地から直輸入されるので品質が下がらず、安全性はかなり高いです。
  • 人工保存料や添加物を使わず、食品由来のビタミン等で酸化を防いでいます。

気になる原材料はどうなの?

人間が食べられるレベルの新鮮な食材を使用しているので、安心してあげられます。
高タンパク、低炭水化物で犬にとって理想的な栄養バランスです。

アレルギー対策はどうなの?

アレルギー対応と謳ってはいませんが、穀物不使用で低アレルギー食と言えます。
穀物アレルギーが心配で、市販のドッグフードが食べられない子におすすめです。

食いつきはどうなの?

チキンをたっぷり使用しているので、お肉の味がしっかりします。
嗜好性が高く、チキンを食べ慣れている犬なら、問題なく食べてくれます。

こんな愛犬にカナガンドッグフードはおすすめ

  • 穀物アレルギーの犬
  • 小麦やトウモロコシ等が原因で、うんちがゆるくなりやすい子
  • 牛、豚、ラムアレルギーの犬(動物性の材料はチキンと卵、サーモンオイル)
  • 合成保存料や着色料が原因で、目やに等の分泌物が多い子
  • 毛がパサパサで艶がない、皮膚の健康が気になる犬
  • お腹の調子にムラがある子
  • 関節が気になる年齢の犬

実際にカナガンドッグフードを購入して愛犬に与えてみた

カナガンドッグフード

我が家のイタリアン・グレイハウンドはもうすぐ10才。
いわゆるシニアと呼ばれ始める7才はとうに過ぎていますが、ありがたいことに今のところ特に衰えた様子はありません。

しかし、現在食べているドッグフードがこの子の体質に合っているか疑問に思うことがあり、新たにドッグフードを探すことに。

そこでいろいろな種類のプレミアムドッグフードについて詳しく調査をした結果、イギリス製の『カナガン』を試してみることにしました。

犬の基礎データ
犬種イタリアン・グレイハウンド
性別メス
年齢9才9ヶ月
体重通常は6.0kg~6.2kg
疾患花粉症(花粉の季節になると目の周囲と耳が赤くなり、お腹がゆるくなりやすい)

canagandogfood01

ドッグフードを見直そうと思ったきっかけ

今までにもいろいろな種類のプレミアムフードを食べさせてきましたが、カナガンのような穀物不使用のグレインフリーは食べさせたことがありませんでした。

特に理由があったわけではなく、単純にグレインフリーは穀物にアレルギーがある犬のためのドッグフードだ、と思い込んでいたからです。

そのため、8才を過ぎた頃、迷うことなくそれまで食べさせていた、穀物入りのプレミアムフードの成犬用からシニア犬用へと切り替えました。

ところが、しばらくしてふと気がつくとイタリアン・グレイハウンドの体重が減っていたのです。
散歩や運動量が変化したわけではありませんし、見た目としてのスタイルも、明らかに痩せたという感じはありませんでした。

しかし、おおむね6kg前後をキープしていたはずの体重が、いつの間にか5.7kgを割りそうになっていたのです。

たかが400g~500g程度でも、小型犬にとってこの数値は人間でいえば4~5kgに相当するのではないでしょうか。

カナガンドッグフードを購入した理由

そこで、ドッグフードについていろいろ調べていくうちに、とても大切なことを見落としていたことに気がつきました。

雑食ではあっても、犬は本来、食性は肉食動物寄りなんですよね。ところが、年代別にラインナップが分かれているドッグフードは、子犬用→成犬用→シニア犬用と進むにつれて穀物の割合が多くなり、肝心の肉類が減らされているではありませんか。

となると、イタリアン・グレイハウンドの体重が減ったのは、筋肉を作るもとになる動物性タンパク質が不足していたからなのかもしれません。

そこで、犬の食性を踏まえたうえで改めてドッグフードを検討することに。その結果、カナガンに決めた理由は以下の通りです。

  • 骨抜きチキンと乾燥チキンを合計すると原材料の51%を占めている。
  • 炭水化物の原料が消化に良いサツマイモが中心となっている。
  • EPA・DHAなどのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれたサーモンオイルが使われている。
  • ミネラル豊富な海草が配合されている
  • 関節に配慮した成分として、グルコサミンとコンドロイチンが配合されている。
  • 発がん性などが指摘されている人工の添加物が一切使用されていない。
  • 原材料のすべてが人間が食べることのできる高品質で新鮮なものを使っている。

ドッグフードを製造する工場が国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得していて、州議会と英国小売協会にも認められているということも、カナガンを選んだ理由の一つです。

イギリスは日本に比べると犬に対する扱いだけでなく、法律そのものが厳しく制定されているペット先進国のため、信頼がおけると思いました。

飼い主から見たカナガンドッグフードの評価(レビュー)

カナガン2kgが入ったパッケージは、かなりしっかりとした素材でできています。アルミ製でしょうか?

ただ、一度開封してしまうとチャックなどがついていないため、保存用のケースに入れ替えるか、強めのクリップなどを使ってしっかりと閉じる必要がありそうです。

canagandogfood03

器に盛った量は35gです。朝晩の一日二食を食べさせていますので、一日の総量は70gということになります。

これは、以前食べさせていたドッグフードとほぼ同量です。カナガンは動物性タンパク質の割合が多く消化吸収に優れているため、穀物入りのフードを食べさせていたときより少なめでいいそうですが、今回は落ちてしまった体重を戻したいこともあり、あえて同量を食べさせることにしました。

canagandogfood04

カナガンは10mm×8mmぐらいの楕円形をした粒の真ん中に、小さな穴が開いています。この粒の大きさなら小型犬でも問題なく食べられるのではないでしょうか。

粉っぽいところがありませんので、おそらく固めに作られているのだと思います。

カナガンの粒を手にしてみて感じたことですが、変な油っぽさがまったくありません。

これだけ品質の高いドッグフードですから、食いつきを良くするための油脂コーティングなどをしているはずもありませんが、やはり質の悪いドッグフードは余計な油をまぶしているのだな、と改めて感じさせられました。

ニオイは普通にドッグフードのニオイです。ただし、獣臭いとか油臭いというような、嫌なニオイはいっさいしません。試しに味見してみようかな、と思ったぐらいです。

カナガンドッグフードの食いつきも申し分なし

カナガンを食べさせるにあたり、唯一心配だったのは「すんなりと食べてくれるのか?」という点だけでした。というのも、我が家のイタリアン・グレイハウンドは食欲旺盛なくせに、好き嫌いがかなりはっきりしているからです。

今までにもラム肉や魚肉が原材料のドッグフードは食べなかったことがありました。

カナガンに使われている肉類はチキンなので、おそらく大丈夫だろうとは思いましたが、グレインフリーが初めてということもあり、どう反応するかわからなかったのです。

しかし……。

canagandogfood05

フンフンとニオイを嗅いだあと、なんのためらいもなくガツガツと食べ始めました。

もう少し怪しむのではないかと思っていたのですが、拍子抜けするほど見事な食べっぷりを披露してくれています。

canagandogfood06

途中顔を上げることもなく、あっという間に食べてしまいました。

食べ終わったとたんにどこかへ行こうとしたのは、食器にベタベタと食べカスが付いていなかったからなのかもしれません。思わず呼び止めて写真を撮りました。

しばらくは一日の総量として70gを食べさせるつもりなので、カナガン2kgはおよそ29日分ということになります。

ただし、体型や体重の変化によって多少の調整は入れますので、実際は1ヶ月分ぐらいになるでしょうか。グレインフリーのドッグフードが初めてなので、加減がよくわかりません。

カナガンドッグフードを食べはじめてからの糞や皮膚の状態

グレインフリーが初めてということもあり、お腹の調子が崩れるのではないかと心配しましたが、まったく問題ありませんでした。

カナガンを食べるようになって糞の色はカナガンと同じような濃い色に変化しましたが、かたさは柔らかすぎず、固すぎずで上々の仕上がりです。

ただ、糞の質感は穀物入りのフードを食べていたときより密度が濃く、初めて見たときは少々ギョッとしてしまいました。

糞のニオイは、肉をたくさん食べさせた後にする糞と似ていると感じました。量は若干ですが減ったように思います。尿の回数や色、ニオイについては、特に変化は見られませんでした。また、皮膚や耳の中が脂っぽくなったり、体臭が強くなったということもありませんでした。チキンにアレルギーがなければ、皮膚が敏感な犬にとっても良いドッグフードではないでしょうか。

人間でも食べられる原材料を使用して作られているのに嘘偽りはない

私のような真似をしないでほしいのですが、私は、自分の愛犬に与えるドッグフードや人におすすめするドッグフードは自己責任で、一度は口にしてきました。

大切な家族が食べるものです。いい加減なものは与えられません。

しかし、一般の方は、ドッグフードを口にしてはいけません。過去にメラミンの混入 (腎不全の原因となります)によって、アメリカで犬や猫が大量死した事件がありまじたしへサルモネラ菌による汚染も心配です。

特に、サルモネラ菌汚染による製品回収は頻繁に起きているため、病原微生物であるサルモネラ菌汚染のドッグフードを食べることにより感染の危険があるので間違っても口にしてはいけません。

実際、私も粗悪なドッグフードの味覚をした後体調が悪い日が続いたこともあります。

もちろんカナガンドッグフードの味覚もしましたが、公式サイトにあるようにすべて人間でも食べられるほど、高品質で新鮮なものを厳選していますという言葉に嘘偽りはなく普通に食べれました。

さすがに「美味しい」ということはありませんが人間が食べても平気なドッグフードは愛犬に与えても安心できるという点でカナガンドッグフードは高評価でした。

カナガンドッグフードを約1ヶ月食べさせてみて

1日に約70gを食べさせ続けたところ、30日で2kgを食べきりました。このペースなら、開封後に酸化が進んでドッグフードの品質が落ちてしまう前に食べ終わるため、ちょうどよいサイズだと思います。

体重はカナガンを食べさせはじめた初日に量ったところ5.7kgでしたが、現在は6.0kgです。しかし、体のフォルム的に太ったという感じではありません。

後ろ足の太腿の筋肉も盛り上がっていますし、全体的に体に張りがでたように思います。毛並みにツヤがでたのでそのように見えるのかもしれません。やはり、シニアになっても良質の動物性タンパク質は重要なのだとよくわかりました。

カナガンドッグフードで健康な毎日を過ごさせたい!

うちの犬の体重が短期間で元に戻ったことからもわかるように、カナガンのように良質の動物性タンパク質が豊富で消化吸収に優れているドッグフードは、食べさせる量を飼い主がきちんと調節しないと、あっという間に愛犬の体重が増えすぎてしまうことになるかもしれません。

適正な給餌量と適度な運動――。これがカナガンを使いこなすコツなのかもしれませんね!