体重にして3kg前後しかありませんが、チワワはれっきとした犬です。体が小さいから食べるものにはあまりこだわらなくてもいい、人間の食べている食事のおすそわけで充分、などと考えるのは大間違いです。

チワワの食性は肉食獣寄りの雑食であり、ご飯などの炭水化物とちょっとした野菜の煮物をそえただけの食事では、健康な体は維持できません。中型犬や大型犬を飼育しているのとなんらかわらず、動物性タンパク質――すなわち肉類を中心とした、犬にとってバランスのよい栄養素の含まれた食事を必要としているのです。

チワワに最適なドッグフードとは

  • 良質の動物性タンパク質が多く含まれ、消化に悪い粗悪な穀物が含まれていない。
  • 食が細い個体が多いため、少量しか食べなくてもバランスの良い栄養がしっかりと摂取できる消化に優れたフードがのぞましい。

  • 人工の添加物が使用されていない。
  • 極細の涙管を詰まらせないためにも、涙の質を悪化させる人工添加物は避けたほうがよい。

  • 口の大きさを考えて、チワワが食べやすいサイズのものを。
  • 噛みづらそうにしていたら、粒を小さく砕いてから与える。

  • 不飽和脂肪酸を含んだ質の良い油脂が原材料に使われている。
  • ロングコートの美しい被毛を保つのはもちろんのこと、皮膚病やアレルギーを予防するためにも良質の油脂が必要。

  • 関節に配慮した成分が原材料に使われている。
  • 活発に動き回るチワワにとって、関節の健康は重要。

チワワは数多くある犬種の中でも、長生きをする部類の犬です。ということは、シニアと呼ばれる年齢を長く過ごすことでもあります。いつまでも元気でいさせるためには、筋肉や骨、内臓、血液など、そのすべてを作り出すもととなる食べ物の質が重要であることは言うまでもありません。

小さくても立派な牙をもつチワワには、良質の動物性タンパク質を多く含んだドッグフードを選んであげてください。