愛犬の体重管理、できていますか?
毎日見ていると、徐々に起きている変化というのは中々気付きづらいものです。
実際、ワクチン摂取に行ったら獣医さんに愛犬の肥満を指摘されて「初めて気付いた!まさかうちの子が?」という方も少なくありません。

しかし人間同様に肥満は様々な体調不良を招き、時には深刻な病気の原因となることもあります。

どこからが肥満なのか、太ってしまった場合にはどうしたら良いのかなどご紹介していきます。

まずは肥満度チェック!あなたの愛犬は大丈夫?

まずは愛犬の適切な状態を把握しましょう。

たとえば同じ1kg増えてしまったとして、健康体重が2kgの超小型犬と30kgの大型犬では大きく異なります。

また人間用の体重計では大型犬は乗れませんし、小型犬にはざっくりとした数字しか分からない場合もあります。こまめに動物病院などで正確な体重を把握できる場合は別ですが、お家では「数字で何kg」ではなく「触ったときの感触」で推し量るのが良いでしょう。

痩せ気味

  • 横から腹部を触ったときに肋骨が容易に分かるほどゴツゴツしている。
  • 横から見たときに後肢の付け根部分のへこみが深い。
  • 体を上から見たときにくびれがはっきりと分かるほどへこんでいる。
  • 背骨を触るとゴツゴツするほど浮き出ている。
  • 毛艶がない。

丁度良い

  • 横から腹部を触ったときに肋骨の位置はほんのり分かるが、程よく脂肪に覆われている。
  • 横から見たときに後肢の付け根に向かってなだらかなカーブを描いている。
  • 体を上から見たときに程よいくびれがある。
  • 背骨を触ると感触はあるが、程よく脂肪に覆われている。
  • 毛艶が良い。

肥満気味

  • 横から腹部を触ったときに肋骨に触れることが難しく、厚い脂肪に覆われている。
  • 横から見たときに後肢の付け根に向かうカーブがなく、腹部が垂れ下がっている。
  • 体を上から見たときにくびれがない。
  • 背骨を触ると感触がなく、厚い脂肪に覆われている。

あなたの愛犬はどこに当てはまりましたか?

体重管理は季節や年齢での変化に要注意!

いつもと同じドッグフードをあげているのに、最近なんだか太ってきたと感じる場合には以下の理由が考えられます。

  • 去勢、避妊手術をした。
  • 成長期が終わり、必要なカロリー量が減った。
  • 暑くてお散歩の時間が減った。
  • 年齢や病気により室内外での運動量が減った。

年齢や生活環境だけではなく、季節によっても体重変化をする場合もあります。

ずっといつも通りの食事内容、量ではなく愛犬の体型に合わせて少しずつ調節していく必要があります。

またドッグフードに記載されている給餌量はあくまで参考としての表示です。

性格や犬種によって運動量の多い犬、少ない犬、太りやすい犬種、年齢、去勢・避妊などで必要なカロリー量は変わってくるため愛犬に合った量に調節してあげましょう。

太ってしまったらどうすればいい?

犬は自分が太ったからといって自分でドッグフードの量を調節したり、ダイエットをするというわけにはいきません。

愛犬がすでに太ってしまっている!という場合には適正な体型まで戻るよう、飼い主さんが考えてあげる必要があります。

食事量を減らす、ドッグフードの種類を変える

まずやるべきことは現在の食事の内容を見直すことです。

愛犬の適正体重ではなく、現在の太っている体重に合わせてドッグフードのグラムを計算していませんか?

きちんと計測せずに食べたいだけ、なんとなくこれくらいかなとドッグフードをあげていませんか?

一日の必要カロリーでドッグフードは計算しているけれど、おやつや人間の食事を沢山あげていませんか?

まずは愛犬にとって適切な量、内容の食事に切り替えましょう。

また犬によっては量が少ないことで腹持ちが悪く、1日2回の食事では空腹で吐いてしまうこともあります。

食事の回数を3回に変えたり、ドッグフードをカロリーが低く腹持ちの良いものに変更してみるのもおすすめです。

運動量を増やす

食事の調節の他に、運動をさせるというのも有効な手段です。

お散歩の時間を増やす、回数を増やすなどしてなるべく動くようにしてあげたいですね。

ただし足腰の弱い犬(膝蓋骨脱臼や股関節疾患、ヘルニアなどを既に患っている、もしくは好発犬種である)や心臓の弱い犬の場合には過度な運動は禁物です。

体重が増えていることで必要以上に負担をかける恐れもあるため、まずはある程度食事で調節する必要があります。

関節への負担を軽くしつつ運動させるハイドロセラピーを提供する施設などもあるので、近くにある場合には利用してみるのも良いでしょう。

家族で認識を一致させる

ドッグフードも変えて運動量も少しずつ増やしているのに愛犬が一向に痩せない…。

そんなときに意外と多いのが家族間での認識が一致していないという問題です。

つい可哀想でおじいちゃんやおばあちゃん、子供がおやつをあげていたり。

家族が帰ってくると「お留守番いい子だったね」とおやつをそれぞれから毎回もらっていたり。

愛犬のダイエットには家族で一致団結する必要があります。

愛犬が太ったままでは今後どんな問題が起きる可能性があるのか、なぜ痩せる必要があるのかなどの情報を共有して、愛犬のためにも家族全員で取り組みましょう。

愛犬の減量にはロイヤルカナン減量サポートがおすすめ!

ロイヤルカナンの減量サポートは減量に特化してつくられた療法食で、多くの動物病院でも取り扱いがある実績のあるドッグフードです。

  • 体重過多による関節への負担に配慮したグルコサミン、コンドロイチン。
  • 皮膚や被毛の健康を維持するための必須脂肪酸。
  • 脂肪を除いた組織を維持するためにたんぱく質の強化。
  • 必須ビタミン、ミネラルの強化。

などダイエット中でも必要な栄養素は補うことができるよう計算されています。

愛犬の目標体重と減量の度合いに合わせた給餌量が細かく明記されているので、自分でカロリー計算をする必要がなく分かりやすいのが嬉しいポイントです。

早めのダイエットが大切

愛犬が嬉しそうに食べる姿は飼い主さんにとっても幸せなものですよね。

またちょっとコロッとしているくらいの方がかわいいという意見もあります。

しかし肥満は愛犬の健康にとっては百害あって一利なし。

そしてあまりに太ってしまってからでは足腰の負担が大きく、運動での減量も難しくなります。

愛犬の体重管理は飼い主さん次第です。

減量が困難になる前に早めにダイエットにフードの変更や運動量を増やすなどして、ダイエットに取り組みましょう。