子犬や成犬などドッグフードを与える回数や1回あたりの量・計算方法のまとめ

犬には食いだめの習性があり、たとえ飢えていなくても目の前に食べ物があれば際限なく食べたがる動物だといわれています。

そんな犬だからこそ、肥満や糖尿病などの病気にならないよう、飼い主には食事を適切にコントロールするための知識が必要です。

そこで今回は、ドッグフードを与えるタイミングや回数、1回あたりどのくらいの量を与えるべきか、その考え方についてご紹介します。

一日の餌の回数は犬の年齢で判断することができる

犬は離乳食を経て、乳歯が生えそろうタイミングである生後2ヶ月頃にドッグフードデビューを果たします。

ドライ・ウェット・セミウェットとフードのタイプは各種ありますが、いずれにしろ幼犬から成犬、そして老犬になるまでの、長いドッグフード生活の始まりです。

1日におけるドッグフードを与える回数は、犬の年齢別で判断します。

犬種によって個体差はありますが、おおよその目安は以下のとおりです。

犬のライフステージ 一日の食事回数
幼犬期(生後6ヶ月まで) 3~5回
成犬期(生後8ヶ月~6歳) 2~3回
老犬期(7歳~) 2~4回

幼犬期(生後6ヶ月まで)

生まれてから生後半年くらいまでは、胃や腸などの内臓が小さく未発達な状態にあります。そのため幼犬にドッグフードをまとめて与えてしまうと、消化器官が処理しきれず、健康被害が出る可能性があります。

手間は増えてしまいますが、かわいい子犬を守るためにも、食事の回数は1日に3~5回と回数を多めに分けてあげるといいでしょう。

成犬期(生後8ヶ月~6歳)

成犬になった犬は体力的にも体格的にもピークを迎えます。

消化器官は完成し、一度の食事で多くのエネルギー摂取が可能になります。一日の食事回数は2回、もしくは吐き戻しをしやすい子には3回程度に分けて調整しましょう。

老犬期(7歳~)

消化機能や新陳代謝が衰える老犬には、肥満や便秘など、老犬ならではの配慮が欠かせません。

それまでの習慣に従って成犬と同じ食事回数を続けても構いませんが、やはり一度に大量の食事は負担になりがちです。犬の体調や様子を観察して、場合によっては回数を増やすことで消化器官を気遣ってあげましょう。

一食あたりの食事量はパッケージに記載されている

ドッグフードを与える場合、そのフードのパッケージに記載された規定量を守っていれば基本的には問題ありませんが、それとは別に1日の食事量を算出できる計算式も存在します。

1日に必要なフードの量=DER÷フード100gあたりのカロリー☓100

DERとは一日に必要なカロリー量のことを指し、「RER×活動係数」で求められます。

RERは安静時必要エネルギー量のことで、「70×体重(kg)の0.75乗」で計算可能です。

一見するとややこしくて面倒くさそうに思いますが、電卓を使えば簡単です。たったの3ステップで終わりますので、ぜひ計算してみてください。

ステップ1:RERを求める

RER(安静時エネルギー必要量)の計算式は「70×体重(kg)の0.75乗」です。電卓を使って計算しましょう。

  1. 犬の体重(kg)を3乗する(体重が5kgなら「5☓5☓5」)
  2. 電卓の「√」ボタンを2回押す
  3. 70をかける

ここで出た数字が愛犬のRERです。

5kgで計算するとおよそ「234」。8kgで計算するとおよそ「333」という結果になるはずです。
それではRERの数値を控えて、次はDERの計算です。

状態・ライフステージ 活動係数
幼犬(生後4ヶ月まで 3.0
幼犬(生後5ヶ月~1年まで)、妊娠授乳中の母犬 2.0
避妊・去勢前の犬 1.8
避妊・去勢済の犬 1.6
肥満気味の犬、中高齢期の犬犬 1.4
減量が必要な犬 1.0
重い疾患がある犬、安静が必要な犬 1.0

避妊していない体重5kgの犬を例に計算すると、RER(234)に活動係数1.8を乗じて、およそ421。
つまり、DER(一日に必要なカロリー量)は421kcalとなります。

ステップ3:1日のフード量を求める

最後に、ステップ2で計算したDERを使って1日に必要なフード量を計算します。

計算式は

「DER ÷ フード100gあたりのカロリー × 100」
です。
フード100gあたりのカロリーはドッグフードのパッケージから読み取ります。

仮に100gあたりのカロリー量が339kcalのドッグフードで、DERが421であれば、

「421÷339☓100」
結果はおよそ124になります。

つまり、避妊前の体重5kgの犬が、100gあたり339kcalのドッグフードを食べる場合、一日に必要な食事量はおよそ124gになるということです。

犬の様子を観察しながら臨機応変に調整しよう

一口に犬といっても、犬種・年齢・体重・運動量・健康状態などその個性は千差万別であり、必要なカロリー量も異なります。ときには季節によっても必要なカロリー数が変わるくらいです。

今回ご紹介した計算方法ですら、あくまでひとつの目安に過ぎません。「この子には絶対にこの回数とこの量のフードじゃなきゃダメ!」なんて必要以上に神経質にならず、愛犬の体調や便の様子をチェックしながら適度に調整してあげましょう。

ドライフードのしくみ

毎日の食事に欠かせないドライフード。子犬の頃はドライフードを水でふやかし与えていましたね。大人になると固いまま与えるようになります。固いまま与える事は、歯の健康を考えるうえでとても重要です。

では、その固いフードが犬の胃の中でどのようになるか考えてみましょう。

ドライフードは胃の中で水分を吸収し、約3倍量に膨れ上がります。犬はそのフードを時間をかけ徐々に消化してゆきます。大半の家庭では犬の食事回数は朝夕2回が多いことでしょう。

朝に食べたフードは夕方までに消化が終わり、お腹が空になってから夕ご飯を食べるという流れになってゆきます。

飼い主としては、パッケージに記載の量では少なすぎる気がする、犬がまだまだ欲しいとおねだりをする・・・からとつい多めにお皿に盛ってはいませんか?

パッケージに記載されている分量は、あくまでも「理想体重」「理想的な運動量」の場合を想定し算出された分量です。

理想体重というのは、犬それぞれに異なり、同じ犬種でも骨格や運動量によって変わるものです。

痩せすぎず、太りすぎず、背中を触った時に、背骨の凹凸が分かる程度の肉付きの状態を理想体重の目安とします。

そもそも犬には満腹中枢がなく、どんなにたくさんの量の食事をしても、「もう、お腹がいっぱいで・・・」ということはないのです。

よくあるケースで、飼い主がドッグフードの袋を犬の届く場所に置いたままにしたところ、犬が、1袋すべて食べてしまったと、大きくお腹の膨れ上がった犬を連れ動物病院へ駆け込むのです。満腹中枢がないということは、自分の許容量を超え食べてしまうのです。

高品質だからこそ

カナガンを始めとする高品質なプレミアム・ドッグフードを与える場合こそ、正しい給仕量を守ることが大切です。

プレミアム・ドッグフードは、タンパク質(肉類)の含有量が非常に多いので、食べ過ぎてしまうとすぐに肥満に繋がってしまいます。もともと少食な犬の場合は、お腹を壊してしまい、軟便が続くこともあるでしょう。

犬が肥満気味の場合

獣医師に相談し、まずは理想体重を確認しましょう。
体重は半年~1年を目安に理想体重に近づける事を目標とします。
理想体重が5kgの場合、5kg用の給仕量で食事を与えましょう。

犬がやせ気味の場合

この場合もまずは理想体重を確認しましょう。
無理に理想体重を目指して太らせる必要はありません。
理想体重での給仕量を目安とし、1日3,4回に食事の回数を増やしてみましょう。
ドライフードは胃の中で膨れるので、ゆっくりと食事をする犬の場合、食べている途中で胃がもたれてしまったり、疲れてしまうこともあるようです。
少量ずつ、数回に分けて食事をするようにすることで、まずは1日分を完食できるように目指してゆきましょう。

高品質なおいしさと、人工的なおいしさ

パッケージに記載された成分は申し分ない、犬の食いつきがとても評判がよいと聞いたのに、うちの子は食べない・・・ということもごくまれにあるものです。

なぜでしょうか?

今までどんなフードを食べていましたか?

缶詰や、半生のフード、人工添加物の多いフードはとても風味が強く、中には食欲増進剤が入っているものもあるほどです。

それらの「濃い味」に慣れてしまっていると、「素材のおいしさ」を味気ないと感じてしまう場合があります。

フードを切り替える時には、後戻りをしない決心を

フードを切り替える時、初めて食べるフードですから、犬自身ももちろん「このフードは何?」と考えるものです。

ですが、犬が戸惑っているから、いつもより食が進まないからと元の「濃い味」のフードに戻ってしまうと、「濃い味」の食事が当たり前と思い、また別の高品質なドッグフードを与えても結局食べないまま・・という悪循環が起こってしまいます。

戸惑って当たり前と思い焦らずにゆっくりと慣らしてあげましょう。

フードの切り替えは、1週間ほどの余裕を 

いつものフードと、新しいフードを混ぜ合わせ、徐々に新しいフードの分量を増やしてゆきます。1週間を目安に、100%新しいフードに切り替わるように分量を調節してゆきましょう。

切り替えの途中で、軟便になることがあれば、さらに「混ぜ合わせ」期間を延長し、ゆっくりと切り替えてゆきましょう。

心配性で新しいフードを食べない場合は、おやつ代わりに数粒ずつ食べ慣らしを。

味に慣れてきたら、食事として混ぜ合わせてゆきます。

今まで、「穀類」「肉副産物(骨、皮、鶏冠など)」を多く含むドッグフードを食べていた場合、高品質、穀類不使用のドッグフードに切り替えることで、「軟便になった」「ウンチの量が増えた」「ウンチの臭いが強くなった」と感じることがあるでしょう。

「穀類」や「副産物」は、ウンチの凝固剤の役目をし、余分な水分を吸収するので、ギュッと硬い少量のウンチを作る効果があります。ですがそれは人工的に作られたものです。健康的なウンチは、ある程度の柔らかさと臭いがあるものです。これこそ健康の証と捉えてゆきましょう。