国産で安い高級から探せるおすすめドッグフード

ドッグフードを選ぶなら安心感の高い国産がいいという飼い主さんもいます。確かに、国産であれば製造方法や品質管理がしっかりされているため、下手に外国産のものを買うよりは安心できると思います。

しかし、本当に安心できるかどうかで重要なのはもっと奥のほうにある原料の品質です。製造方法がどんなに高い基準でされていても、使う原料が粗悪なものでは愛犬の健康に決して良くありません。

そこで、ここでは国産ドッグフードの特徴と愛犬の健康のために本当に信頼できる国産で無添加のおすすめのドッグフードをご紹介したいと思います。

国産ドッグフードは安くて買いやすい

国産ドッグフードの強みといえばその安さではないでしょうか。1kgあたり数百円で買えるものが多いため、家計の負担を軽減してくれます。犬はドッグフード以外にもノミ・ダニ予防やフィラリア予防、定期的なトリミングなど何かとお金がかかるので、毎日の食事が低価格で購入できるのはありがたいことです。

しかし、低価格で買えるのにはそれなりの理由があることもちゃんと理解しておかなければなりません。これは世の中の理として当然のことですが、質の良し悪しが値段の大小を左右します。

つまり、使われている原料が良いものほど値段は高くなり悪いものほど値段は安くなるということです。もちろん、与えるうえで栄養バランスは考えられて作られているので、養失調や栄養過多になることはありませんが、健康に与える影響になると疑問が出てきます。

国産ドッグフードは穀物類がメインとして多い

国産ドッグフードが低価格で買える理由のひとつに、原料のメインが穀物類であることがあげられます。小麦やとうもろこしなど穀物類は原料として非常に安いため、それらをメインとして使うことで大幅にコストを抑えることができます。

しかし、犬は肉食系雑食の生き物なので穀物類の消化は得意ではありません。そのため、穀物類をメインとしているドッグフードだと消化器系に負担がかかってしまい、軟便や下痢、嘔吐など消化器系トラブルを引き起こします。

また、消化器系トラブルだけでなく食物アレルギーを起こしやすいということもわかっているため、こうしたものを与えているといつアレルギー反応を起こしてしまうか気が気ではありませんね。

国産ドッグフードは人工添加物が多い

緑や赤など着色料や香付けのための香料、そして長期間保園を可能とするための酸化防止剤といったものはすべて人工添加物です。こうした人工添加物は免疫力の低下を起こしてしまうため、病気に対して弱い体になってしまいます。

たとえ安いドッグフードを選んでいたとしても、病気になってほしくて選んでいる飼い主さんはいません。安くて少しでも健康にいいドッグフードを与えたいと思って選んでいるはずですから、そうするとやはり人工添加物が使われたドッグフードはその想いにはそぐわないことになります。

残念ですが安全基準の低い国産ドッグフードは、健康のためではなく飼い主への購買意欲をかきたてるためだけにこうした添加物を使用しているものが多いため、選ぶ際には添加物が使用されていないものを選ぶことが重要です。

国産で無添加のおすすめのドッグフード

ランフリードッグフード

ランフリードッグフードは人間の食肉販売業・飲食店業の許可のもと製造販売をしており、単純にヒューマングレードだというだけではなく、原料自体が人間のお肉屋さんから仕入れているものを使用しているため、安全・安心性の高いドッグフードとなっています。

プリモ

プリモは犬本来の生態を徹底的に考え、生食に最も近いドライフードとして製造をしています。使われている生肉は50%以上でさらに多種類の生肉を使っているため、アレルギー対策にも効果的です。

ビッグウッド

ビッグウッドは、ハーブの力で免疫力アップやアレルギー対策に働きかけてくれます。そして、作り置きをするのではなく注文に応じて必要な分だけを作るため、いつでもフレッシュな状態で与えることができます。

また、使われている原料は自然素材や天然素材のものはもちろん、JAS認定無農薬有機野菜も使用しているため、どこまでも安心にこだわりたい飼い主さんからも人気が高くなっています。

国産でも安心・安全なドッグフードはある

海外よりも動物愛護については遅れをとっている日本ですが、昨今の健康志向の影響は動物に対しても大きくでてきていることから、ドッグフードに力を注ぐところも増えてきています。

国産ということは大きな強みであり、飼い主としても国産だから安心できるという部分もあるので、本当の意味で犬の健康を考えて作られたドッグフードは心から安心することができますよね。

ですが、まだまだコストを抑えることだけに重点を置かれた国産ドッグフードは多いので、正しい知識を持って信頼できるものを選ぶようにしましょう。

自分たちの食品や生活用品、衣服、家電製品や車など、国産にこだわりのある飼い主さんは少なくないのではないでしょうか?
やはり作りの正確さ、均一性、原材料への安心感が国産にはありますよね。
せっかくなら愛犬のドッグフードも国産にこだわりたい!でもドッグフードは国産の種類があまりない…、という飼い主さんのために、国産ドッグフードの中でもおすすめのものを3つご紹介します。

■FRESH FACTORY(フレッシュファクトリー)
近年、低カロリー高たんぱくであることから、犬の食事の動物性たんぱく源として注目を集め始めている鹿肉。
この鹿肉を使用したドッグフードやおやつを販売しているのがフレッシュファクトリーです。
ドッグフードの種類は馬肉+魚のオリジナルと丹波鹿の2種類のみですが、どちらも主原料に生肉を使用しています。
特に鹿肉は天然丹波産つまり野生のものを使用しており、家畜のように抗生物質などの薬剤が使用されず、自然の中でのびのびと育っています。
・アレルギーを引き起こす可能性のある小麦、とうもろこし、大豆は不使用。
・大麦全粒粉や玄米は生で加えることで、食物繊維を腸内の善玉菌の餌に。
・着色料、酸化防止剤などの人工添加物不使用。
・材料ごとに合わせた最適な加熱温度で消化吸収に配慮。
無添加なので賞味期限が短いですが、製造された国内から直接届くため、海外から数ヶ月かけて輸送され店頭に並ぶドッグフードよりもとても新鮮です。

■PERORI(ペロリ)
ペロリのドッグフードは主原料に鶏肉、馬肉、砂肝といった新鮮なお肉を使用し国内で生産されています。
こちらも3種類と少ないですが、ダイエットやシニア犬用に通常のドッグフードに混ぜて補助として使用するベジタブルもあるためカロリーは減らしたいけれど量は減らしたくない場合にもぴったりです。
・主原料となる肉は国内での食肉衛生検査工程を経たものを使用。
・抗生物質や成長ホルモン剤不使用。
・人工添加物、天然由来の添加物ともに不使用。
・人も食べることができる厳選された原材料を使用。
賞味期限が3ヶ月と短くなっていますが、無添加で国内から出来たてが届くため安心してあげることができます。

■PRIMO(プリモ)
肉中心の生食で育てたい、しかしそれには時間やお金がかなりかかってしまう…。
そんな思いから生食に最も近いドッグフードを目指し考えられたのがプリモです。
最大の特徴は独自の仕入れルートを確保することにより、リーズナブルな価格でありながら食品レベルの新鮮な生肉50%以上を実現していることです。
国産で無添加でありながらこの価格を実現したドッグフードは他にはありません。(その代わりにホームページやパッケージが非常にシンプルです。)
・低温低圧でじっくり時間をかけて作ることにより、動物性たんぱく質の劣化や油の酸化を最小限に抑える独自製法。
・人工添加物不使用。
・遮光性が高く酸素を透過しづらいパッケージ、十分な脱酸素剤を入れることにより新鮮な状態を保持。
無添加でありながら、パッケージにこだわることにより製造から6ヶ月の品質保持期限(未開封)を実現しているのも飼い主さんとしては嬉しいポイントですね。

■愛犬には安心、安全なドッグフードを
犬に関しては何かと欧米に遅れをとっている日本ですが、国産ドッグフードの中にはこだわりを持って研究、開発されていて品質の良いものもあります。
輸送に時間がかかることもないというメリット、材料への安心感などもありますが外国産に比べると選択肢が少なくなってしまうのが難点です。
それぞれにメリット、デメリットがありますが、一番良いのはそのドッグフードが愛犬に合っているかどうかではないでしょうか?
おすすめのドッグフードの中からぜひ愛犬にぴったりのものを見つけてあげてくださいね。