ユーカヌバドッグフードといえば、プレミアムフードの定番ともいえる有名な製品です。

「愛犬の健康」や「独自の栄養学」「健康のトータルサポート」などのキャッチコピーはどれも飼い主の目を引き、信頼に値すると感じられる事でしょう。

ユーカヌバドッグフードは素材の品質や栄養学の観点以外にも、ウンチの臭いが少ないドッグフードである事、ウンチが小さく固まって出る事などもセールスポイントとしています。
飼い主にとって手間がかからない事を目指してはいるのですが、果たしてそのような手間と愛犬の健康のどちらを優先すべきなのでしょうか?

ユーカヌバドッグフードのパッケージチェック

市販のドッグフードを選ぶときに欠かせないのがラベルの読み方。
そのパッケージやラベルには、与えるべきペットの種類や目的、使われている原材料、給与方法、原産国、賞味期限などがあります。
安全確保や問題発生時の原因究明のために、「ペットフード安全法」で表示が義務化されているのは次の5項目です。

  • 販売用愛がん動物用飼料の名称
  • 原材料名
  • 賞味期限
  • 原産国
  • 製造業者、輸入業者または販売業者の氏名または名称と住所

さらにペットフード公正競争規約で下記の表示が定められています。

  • ペットフードの目的
  • 内容量
  • 給与方法
  • 成分

ユーカヌバドッグフードはどうでしょうか。
詳しくみていきましょう。

ユーカヌバドッグフードの成分と原材料

独自の栄養学に基づく開発された「ユーカヌバ」ドッグフード1歳-6歳用 ラム&ライス健康維持用 超小粒の原材料は下記の通りです。

名称 ドッグフード(総合栄養食)
原産国 オランダ
内容量 サイズによる
賞味期限 開封後1ヶ月
原材料 家禽類(チキン、ターキー、)、ラム肉、発酵用米、トウモロコシ粉、粗びきグレインソルガム、粗びきオオムギ、乾燥卵、動物性油脂、乾燥ビートパルプ、鶏エキス、魚粉、フラクトオリゴ糖、フィッシュオイル、ビタミン類(E、C、β-カロテン、A、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B12、B1、ナイアシン、B2、B6、イノシトール、D3、葉酸、塩化コリン)、ミネラル類(塩化カリウム、食塩、炭酸カルシウム、ヘキサメタリン酸ナトリウム、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、硫酸マンガン、硫酸銅、酸化マンガン、ヨウ化カリウム、炭酸コバルト)、DL-メチオニン、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)
成分 たんぱく質:23.0%以上
脂質:14.0%以上
粗繊維:4.0%以下
灰分:8.8%以下
水分:10.0%以下
オメガ-6脂肪酸:1.50%以上
オメガ-3脂肪酸:0.18%以上
ビタミンE:140IU/kg以上
カルシウム:0.85%以上
給与方法 パッケージに記載あり
取扱業者 ユーカヌバ

上記の通り第一主原料は「タンパク源」である「肉」が使用されています。しかし、チキン、ターキーの次にきている「他」という言葉が気になるともいえます。

家禽とは、目的をもって飼育されている「鳥」の総称です。鶏や七面鳥以外では、ウズラやアヒル、ガチョウやハトなどが代表格ですが、ユーカヌバドッグフードにおいてどのような種別が使用されているかは特定が難しいでしょう。

家禽の中には、羽毛の部分だけを商用に用いて、余った肉や副産物をドッグフードや飼料に活用されているものもあるので、安価に入手できる「タンパク源」という事なのでしょう。

ユーカヌバドッグフード注目ポイント

原材料に含まれる「ビートパルプ」には、犬のウンチを凝固させる効果があると言われています。このビートパルプとは、甜菜(てんさい・大根の一種)から糖分を絞りだした後に残る繊維質の事です。もちろん搾りかすですから、栄養価はほぼないに等しく、あくまでもウンチの凝固剤なのです。

一時期、ユーカヌバドッグフードがペットショップの店頭で「ウンチの模型」を置きイベントをしたことがあります。

当社の製品を食べると、ウンチがこんなにも小さく、少量で済みますと。

でも、本当の意味での栄養成分であれば体内に消化吸収されてゆくので、自然とウンチの量も少なくなるはずです。でもそうでないからこそ、ビートパルプを使用して凝固させる必要があるとも言えるのです。

ユーカヌバドッグフードの評判と口コミ

良い口コミ

  • ペットショップにしか取り扱いがない製品なので、安心して与えています

    ホームセンターや量販店にある製品は価格重視なイメージがあるので、ドッグフードはペットショップなどの専門店にしかない製品を購入するようにしています。

  • ペットショップの推奨ドッグフードなので与えています

    子犬を購入した際に、今食べているのでという事でおすすめされ、購入しました。
    ペットショップのプロが選んだドッグフードという事で安心して与えています。

  • うんちの臭いが気にならないので与えています

    他社の製品を与えてみたのですが、ウンチの量が多く、臭いがひどくて、すぐにユーカヌバドッグフードに戻しました。室内でトイレをするので、ウンチも臭いがない事に越したことはありませんから。

悪い口コミ

本当に最初の頃はガツガツ食べていたのが最近では、、、(TдT)またコレですか?みたいな顔をされます。
健康に良いので脂肪分が控えめなのが味に反映されているのでしょうか、、、
ウエットタイプを半々に混ぜて与えると食べますが、単体だと厳しくなりました。。工夫して与えます。

幼犬の時から、中粒を食べています。
中粒や小粒が送られて来るのはどうかと思います。
うちの犬は8キロあるので、どちらにも対応して食べれますので、気にならないですが、
小型犬の方は、気に留めて買われた方が良いかと思われます。

ユーカヌバドッグフードの粒サイズについて

口コミでよく見かけますが、ユーカヌバドッグフードはキロサイズによって粒の大きさが変わるという欠点があります。
おそらく3kgだと1ヶ月以内で使い切るであろう犬のサイズだから小型犬。
6kgだと小型犬では1ヶ月では使い切れないであろうから中型犬という意味合いでしょうか。

通常ドッグフードは開封後から1ヶ月以内に使い切らないと酸化が始まり品質が落ちるとも言われています。
ソレを知らずに6kgが安いからという理由で購入してしまい粒の大きさが違うということになっているのではないでしょうか。

何はともあれパッケージはきちんと見ましょう。
小さい粒は「超小粒」と書いてあります。

ユーカヌバドッグフードの評価

ユーカヌバドッグフードについて、原材料、製法、利用者の口コミなどからの総合評価

ユーカヌバドッグフードの製品には思いのほか、穀類が多く使用されているのでこの評価をさせていただきました。
ユーカヌバドッグフード独自の栄養学に基づく研究で、犬は長年にわたり人間と生活をしてきた事で、穀類を接取する生活が当たり前になっている事、内臓機能に十分に穀類の消化機能があるという事が理由となっています。ですから、穀類を排除する必要はないという事なのです。
ですが、理論上消化吸収できる内臓機能がある場合でも、穀類にはアレルギーリスクも高いという面もあるのです。

ユーカヌバドッグフードの製品の単価から計算をしても、敢えて穀類入りの製品を選ぶに値する理由は見つからないといえるでしょう。

以上が、独自の栄養学に基づく最高品質のドッグフード「ユーカヌバ」に関する評価です。