犬の異物誤食や誤飲をする原因と飲み込んでしまった時の対処方法

「異物誤食」は、ボールペンのキャップなどの消化できない物体のほか、広い意味では人間の食べ物や薬など、本来口にすべきでないものを間違って食べてしまうことを指します。

消化できる食べ物であれば、一時的にお腹を壊すぐらいですみますが、人間には無害でも犬には有害な食品が多々あります。ネギ類が特に有名ですが、調べるとほかにもずいぶんたくさんあることに驚かされるでしょう。

また人間用の薬は、成分的に問題がなくても、その量が問題となります。体重6kgの犬が、通常体重60kgの人間を想定してつくられた薬を食べてしまったら、それだけで10倍の用量です。ほとんどの薬は、有益な作用とそうでない余分な作用(副作用)をあわせもっています。製薬会社や医師は有益な作用が働き、余分な作用があまり働かないよう、量をうまく加減して処方しているわけですが、犬のような人間より体が小さな動物が食べてしまった場合は、当然余分な作用が大きな問題になります。

薬は、飼い主が飲もうと思ってちょっとテーブルに置いた隙を狙われて、ひょいっと食べられてしまうこともあります。特に注意しましょう。

ちなみに観葉植物も危険です。
猛毒ではなくても、しばらくお腹を壊して通院するはめになる犬はとても多いのです。なかにはスズランのように、致死的な神経毒性をもつものもあります。有毒植物を個別に覚えるのは難しいのですが、特に球根をもつ植物は全部ダメだと考えましょう。すべての植物は、高いところにつり下げたり、棚の上に置くなど誤食防止対策をとってください。

よくある異物誤食

小さいものや壊せるものは、すべてが誤食の対象となります

  • ネギ
  • 観葉植物
  • タバコ
  • コノの
  • おもちゃの破片
  • プラスチック各種
  • フライドチキンの骨や魚の骨

薬は服用者の体内に分散します。体重が人の数分の1しかない犬は、飲んだ量が人の適正量でも、体内では段違いに高濃度となってしまうのです。

犬が誤飲をする原因は「空腹」にある

人間と同じように、犬も1年のうちに、食欲が変化し、必要なエネルギーも変わります。ドッグフードのパッケージには給餌の平均量が書かれていますが、これはあくまで平均であって、季節、年齢、犬種、それぞれの犬の代謝によって、本当に必要な量は変わります。

気温が高い夏には、必要とされるエネルギーは少なくてすむのですが、気温が低くなるにつれて、もっと多くのエネルギーが必要となります。そのため、寒さが強まる秋の終わりから冬の間、11〜2月にかけて、犬は夏場よりも多くのフードをほしがります。ちょうど私たちが「食欲の秋」というのと同じですね。

1年を通じて同じ量のフードでは、秋になると、犬はお腹が空いて仕方なくなります。犬にしてみれば、一日3食であったのが1食しかもらえていないような、そんな気持ちです。それが毎日続いたらどうでしょうか。とにかく胄に何か入れたい、という気持ちになってもおかしくはありません。散歩中に石や砂まで食べてしまう犬もいるのです。これはそれだけお腹が空いているということです。

また、0歳から3歳、特に0歳から1歳に誤飲が多いのも同じ理由です。犬の0歳といえば成長まっただ中。私たちも若い頃、いくら食べても食べたりなかったという時期があったのではないでしょうか。犬も同じなのです。

適切な量のフードを

誤飲を防ぐ最も簡単な方法は、犬に適切な量のフードを与えることです。犬の食事の適正量は

  1. 食べきるまでの時間(15〜20分)
  2. 姿と脂肪のつき方
  3. 便がやわらかすぎないか

の三つの判断基準を考慮して決めていきます。

食べきるまでの時間は、具体的には、15〜20分で食べきれる量がぴったりの量です。1〜2分でがつがつと食べ終えてしまう場合は、量を増やしてあげましょう。そうすることで、たいていの誤飲事故は防ぐことができます。

太りすぎの場合は、姿と脂肪の付き方の図を参考にフードをあげる量を調整してあげてください。

甘く感じるもので誤飲が起きやすい

誤飲事故を起こさないようにと気をつけている方は多いと思います。でも、私たちの周りの意外なもので、緊急入院、さらには死亡につながるケースが多いのです。

代表的なものとしては、「保冷剤」があります。冷凍しても軟らかいままのものがありますね。これには「エチレングリコール」という犬にとっては猛毒となる物質が使われています。

このエチレングリコールは、なめると甘いのです。そのため、遊びで保冷剤を咬んで「甘い!」と気付いた犬が、致死量まで食べてしまうという事故が起きています。昔はエンジンのラジエーターに入れる不凍液(エチレングリコール)をなめて死亡事故が起きていましたが、現在ではより身近な事故になってしまいました。

風邪を引いたときや夏に使う「冷却枕」も同じ物質でできてる

「冷却枕」は使用した後にはすぐに冷凍庫に戻してください。
この中毒の怖いところは、飼い主さんからの「保冷剤を食べた」という報告がないと診察してもまったくわからないところです。

そうこうしているうちに、中毒症状が出てしまうと、かなりの確率で死亡に至ります。また、ご家庭においても、「ちょっとふらふらしているけど大丈夫かな?」と様子をみているうちに、あっという問に中毒死してしまうという怖さがあるのです。

最初の30分〜12時間で、嘔吐、精神状態低下、神経症状、多飲多尿がみられ、次の12〜24時間で頻脈や呼吸促進が起こります。最終的には、半日〜1日以上たって、最終的に体内に産生されたシュウ酸カルシウムによって腎臓がダメージを受け、腎不全になって高率で死亡に至る怖い中毒です。

余談ですが、このエチレングリコール中毒と植物(野菜)の動物からの防御の仕組みは同じです。エチレングリコールはそれが体内で分解・代謝されたときに生じる「シュウ酸」が深刻な腎不全や低カルシウム血症を起こすのですが、植物は、そのシュウ酸という物質をそのまま体内に蓄積していて、食べた動物が長期的に摂取した場合に病気や死に至るような仕組みを持っています。

エチレングリコールの毒性の理由をシュウ酸と知っている人は、それらを含む植物を健康のために短絡的に与えようとは考えません。小さな針の先でついたような知識でなく、生命現象全体を理解した知識が今後は必要とされていると思います。

薬の誤飲も多く見られる

人間の薬には「糖衣錠」という周りを糖でコーティングしたものがあります。これはなめると甘いので、つい食べ物と間違えてしま
うのです。人間の薬ですから、犬には代謝できない物質が含まれていることがほとんどです。とても多い事故です。

キシリトール製品も同じ

キシリトール製品は低血糖と肝臓障害を起こす危険があります。人間用のお菓子に含まれているだけでなく、犬用のものにも使われていることがあるため、誤飲だけでなくお菓子を選ぶ際にも注意が必要です。体重10キログラムあたり、1キログラムの摂取で重篤な低血糖に陥る可能性がある、という指摘がされています。

竹串も誤飲が多い

焼き鳥などの串には、食べ終わったとはいえ肉のにおいがしっかりついています。このにおいにつられてしまうのです。

竹串など先のとがったものは、吐かせることが難しく、内視鏡を使って摘出ができない場合は、開腹手術に至ることもあります。こうなると、犬へのダメージも大きくなってしまいます。
また、手術費用も高額となります。

見落としがちですが危険なものが「ひも」

ひもはそのまま腸へと送り込まれ、腸を結紮(けっさつ)し、壊死させてしまうからです。靴下でも同じことが起こります。靴下やストッキング、脱ぎっぱなしにしていないでしょうか。

食べさせてはいけない危険なものの誤飲もまだまだ多い

知っている方は多いのですが、やはり、チョコレートやタマネギの誤飲はまだまだあります。

チョコレートは、甘くて油分が多いので、犬の鼻には非常にいいにおいに感じられます(人間にもですが)。チョコレートには「テオブロミン」という毒性の強い物質が入っているので、食べ過ぎると犬の命に関わります。

タマネギ類も、飼い主がご飯を食べている間に、知らぬ間に犬が食べてしまったということがよくあります。特にタマネギは、日本犬や日本犬の血が混ざったミックス犬には毒性が強いので、よくよく注意をしておきましょう。

もし犬が異物を食べてしまったらどうすればいいのか?

「異物誤食」というのは、症状の程度や進行が非常にばらついて、油断ができないトラブルです。

飼い主が犬の誤食の瞬間を見ていないことが多く、嘔吐が続いて「これはおかしい」と検査し、初めて判明する場合も多々あります。自分の飼っている犬が「なにかを誤食した」「なにかを誤食したかもしれない」という場合は、すぐに獣医に電話して判断を仰いでください。

トイレ用などに見られる強酸性の洗剤、カビ取り剤などに見られる強アルカリ洗剤、シンナーのような有機溶媒などは、吐かせると気道に入ってしまい、かえって被害を拡大する恐れがあります。

危険な薬物にも注意

  1. 強酸性洗剤(トイレ用洗剤など)
  2. 強アルカリ洗剤(カビ取り剤など)
  3. 有機溶剤(シンナーなど)

犬は花やフルーツの香料に誘われるのか、洗剤をなめてしまうことがあります。
一時的に床に置いた、空になった容器も狙われやすいものです

むやみやたらに自分で判断してはいけません

物理的な異物、つまりボールやおもちゃなどを飲み込んでしまった場合は、小さなものであれば自然に腸を流れていって、飼い主も気がつかないうちに自然に解決することもあります。

しかし、胃や腸に引っかかっていたら大変です。

内視鏡か開腹手術で取りだすしかありません。
症状が激烈であれば早期に精密検査をして発見できますが、断続的にポツポツと吐いている大型犬などは、しばらく薬で胃炎の治療をしたあげく、結局精密検査して異物が見つかる場合もあります。

その一方で、昨日ちょっと嘔吐があったほかはピンピンしていた犬が、今日になってグッタリして担ぎ込まれてきたこともあります。

重度の例では、胃を突き破って肝臓に刺さったり、腸に詰まったりしてその部位が壊死することもあります。ひも状の異物は、糸ノコのように腸の壁をこすって穴を開けることがあります。

こうなってくると死亡率もぐっと高くなってきます。

そして発見と原因の特定が遅れるほどに、危険はさらに急激に増すのです。

なお、明らかに命に関わるものを大量に飲んでいて一刻を争うときは、先に家で催吐(吐かせること)してから来院してもらうこともないとはいえません。

ちなみに「催吐剤」(吐かせ薬)として用いられるのは、食塩、オキシドール、または専用の医薬品などが挙げられます。

しかしながら、食塩を使って吐かせると、吐かせたあとに食塩のせいで体調を崩すことが多く、オキシドールを使って吐かせると、たまに犬の口内や胃腸の粘膜に炎症を起こします。

どちらもご家庭での安易な使用はおすすめしていません。
かならず獣医の指示にしたがって吐かせるようにしてください。

なお、首尾よく吐かせたとしても、飲んだ成分のうち、どれだけが腸に流れていったのかもわかりません。

腸にまで流れ込んでしまったものは吐かせてもでてきませんので、そのまま入院させて点滴などの継続治療が必要です。

異物誤食を防ぐにはどうすればいいのか

対策はシンプルで、誤食しそうな異物をとにかく犬の手が届くところに置かないことです。異物誤食をする犬は、繰り返すことが多く、1回だけですむ犬はまずいません。

何度となく冑を切っている犬もいます。飼い主が「異物を食べられないように気をつけましょう」と考えているだけでは、かならずミスをします。

犬が誤食しそうな小さなものはすべて引きだしの中か、絶対に犬が届かない高さのところに置いてください。また、ゴミ箱は全力で犬に体当たりされてもふたが開かないようなものを使ってください。

このように、先回りして誤食の候補を減らしておくしかありません。
また、思いもかけない意外なものが、犬の誤食の対象となります。

誤食防止は、飼い主が先回るしかない

  1. 小物は犬が取りだせないよう、引きだしに入れましょう
  2. 犬の手が届かない高い場所にある棚に、小物を置いてください
  3. 犬が体当たりしてもこぼれないような仕掛けのゴミ箱がベストです

こんなものも食べるの??犬が食べた事例

  • 生米
  • てんぷら油
  • 飼い主の下着
  • 縫い針
  • ホッカイロ
  • キシリトール
  • チョコレート
  • 人間の薬
  • ペットシーツ
  • 焼け止め・ハンドクリーム・アトピーの塗布薬
  • 保冷剤
  • 自分のウンチ
  • ひも・糸
  • 布類(スットキング、靴下、雑巾)
  • 串(焼き鳥、団子)
  • 梅干しと果物の種
  • 石や砂
  • おもちゃ、ボール
  • ラップ、ビニール袋
  • プラスチック