ユニチャームの発売する愛犬元気シリーズの半生タイプドッグフードです。

好き嫌いのある小型犬、ドライフードが苦手な小型犬でも喜んで食べるようにと、ビーフ・ささみ・緑黄色野菜・小魚のフレーバー付きです。

小型犬の食べきりサイズに合わせて小袋にパッケージングされているので、風味を損ねる事なく、いつでもおいしく食べられる工夫がされています。

ゲインズパックンのパッケージチェック

市販のドッグフードを選ぶときに欠かせないのがラベルの読み方。
そのパッケージやラベルには、与えるべきペットの種類や目的、使われている原材料、給与方法、原産国、賞味期限などがあります。
安全確保や問題発生時の原因究明のために、「ペットフード安全法」で表示が義務化されているのは次の5項目です。

  • 販売用愛がん動物用飼料の名称
  • 原材料名
  • 賞味期限
  • 原産国
  • 製造業者、輸入業者または販売業者の氏名または名称と住所

さらにペットフード公正競争規約で下記の表示が定められています。

  • ペットフードの目的
  • 内容量
  • 給与方法
  • 成分

愛犬元気ゲインズパックンドッグフードはどうでしょうか。
詳しくみていきましょう。

ゲインズパックンドッグフードの成分と原材料

小型犬用ビーフ・ささみ・緑黄色野菜・小魚入りの原材料は下記の通りです。

名称 ドッグフード(総合栄養食)
原産国 日本
賞味期限
原材料 穀類(トウモロコシ、小麦粉等)、肉類(チキンミール、ビーフミール、ササミパウダー等)、豆類(脱脂大豆、大豆粉等)、糖類(ブドウ糖果糖液糖、ショ糖、オリゴ糖)、動物性油脂、ビール酵母、ハーブ、野菜類(ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、魚介類(乾燥小魚)、プロピレングリコール、グリセリン、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、ヨウ素、ナトリウム、リン、亜鉛)、乳化剤、保存料(ソルビン酸K)、pH調整剤(リンゴ酸、クエン酸)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、着色料(二酸化チタン、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)
成分 タンパク質:20.0%以上
脂質:7.0%以上
粗繊維:3.0%以下
粗灰分:9.0%以下
水分:30.0%以下
約300kcal/100gあたり
給与方法 パッケージに記載あり
取扱業者 ユニ・チャーム ペット

銀のさらドッグフードと同様、上記の原材料表示からわかる事は「肉類」は全て破片や粉末であるという事や緑黄色野菜も豆類もすべて粉末(パウダー)という事です。

つまりは、この製品は穀類で作ったドライフードの粒に肉や野菜のパウダーをふりかけ味付けをしたという事です。

また、、小魚は乾燥したものを原材料として使用していますが、小魚に関してはどんな種類の魚が使用されているか不明です。

着色料のオンパレート

パッケージからもわかるようにソフトタイプに加工されたドッグフードはカラフルな色付けがされています。

原材料表示には「赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号」と記載されています。これらすべての着色料は犬にとって有害であり、健康上なんのメリットもありません。

おいしそうな見た目にするために、ここまでたくさんの着色料を使う必要があるのかと、憤りを感じてしまうほど。

その上、半生タイプのドッグフードは品質を維持するために防腐剤を使用しなく手はなりませんから、その点も長期にわたって食べさせる事で健康上何等かの支障をきたす事は確実でしょう。

着色料が及ぼす害について

赤色2号(赤2)

発ガン性、変異原性、染色体異常。さらには米国で使用禁止されています。

赤色3号(赤3)

発ガン性、染色体異常、赤血球数減少、成長抑制。こちらも米国で使用禁止されています。

赤色104・105号(赤104・105)

発ガン性、遺伝子損傷性、変異原性、染色体異常。日本以外のほとんど全ての国で使用禁止されています。

赤色106号(赤106)

発ガン性、遺伝毒性、染色体異常。
ゲインズパックンにも使用されていますが、日本以外のほとんど全ての国で使用禁止

黄色4号(黄4)

過敏性、染色体異常、アレルギー性。
動物実験で肝腫瘍、幽門部胃炎

青色1・2号(青1・2)

発ガン性、染色体異常。青色1号はEC諸国で禁止されています。

愛犬元気ゲインズパックンドックフードの評価

ゲインズパックンドッグフードについて、原材料、製法、利用者の口コミなどからの総合評価は

価格 2.0

原材料を見る限り、これといって評価できる項目なく「食事」という表現には値しないといえるでしょう。

原材料の表記の通り、小麦粉を練って丸めた物という意味では、最近は子供の工作用の粘土でさえも小麦粉で出来ている時代ですから、食事として与えるにふさわしいとは到底いえません。

また、トウモロコシや小麦粉も可食部分は人間が食べているのですから、原材料に使用されているのはトウモロコシの芯や皮の部分、茎や葉などでしょう。小麦粉も同様で可食部分ではない部位を粉砕して使用しているのです。

常識で考えれば、これらを練り固めたからと言って、犬が喜び食べるとは到底考えられない事態です。

なので、喜び食べるという事は、それだけの添加物が使用されているという意味を持っているのでしょう。

以上が、まるでふりかけごはんの様なドッグフード「ゲインズパックン」に関する評価です。