【穀物不使用で健康に】おすすめのグレインフリードッグフード

健康志向が高まっている現代では、人間だけでなく愛犬の与えるドッグフードにも同じように健康志向が広まっています。フレッシュで無添加なにこだわる飼い主さんが多くなり、体にいいものを与えることが常識になりつつあります。
 
その流れの中で、最近ではグレインフリーのドッグフードも増えていますが、グレインフリードッグフードがすべて質のいいものとは限りません。そこで、ここでは愛犬に健やかに過ごしてもらうための、高品質でおすすめのグレインフリードッグフードをご紹介します。

グレインフリーと別に抑えたいポイント

グレインフリーのドッグフードにもいろいろなものがありますが、どんなドッグフードでもグレインフリーなら愛犬のためになるのかと言うとそれは違います。

例えば、グレインフリーと記載されていたとしてパッケージをよく見ると、酸化防止剤や香料など健康に直接関わるような人工添加物がたっぷり使われていたらどうでしょう?たとえグレインフリーであってもそんな添加物だらけのドッグフードを与えたくありませんよね。

そこで、グレインフリーのドッグフードを選ぶ際に抑えておいて欲しいポイントがあります。

  • 人工添加物不使用
  • 原料が明確である

グレインフリーであっても人工添加物を使用しているものもありますし、原料にどんなものが使われているかという大事な部分が不明確になっているものあります。そのようなドッグフードはグレインフリーであっても選ばないでください。

不明確な記載とは鶏肉類、豆類、植物性油脂、といったように種類でしか記載がされていないものや、そもそも原材料がよくわからないミートミールや肉副産物のような表記がそれにあたります。それらのすべてが危険というわけではありませんが、明確に記載できないものの多くは、人間が口にすることのない食材です。

本当におすすめできるものは、ラム肉、サーモン、オリーブオイル、といったようにその原料は何なのかが明確になっています。確かな安全性と安心のためにも、グレインフリーと言うだけで選ぶのではなく、細かいところも注意して確認するようにしましょう。

目的に合わせたグレインフリーのドッグフードを選ぼう

ドッグフードに対して嗜好性だけでなく、安全性や健康面に対しても意識が高くなってきている近年では、さまざまな目的に合わせたグレインフリーのドッグフードが出てきています。

同じグレインフリーでもオールマイティに対応したものもあれば、ナチュラル素材にこだわって新鮮な食材だけを使ったものもあり、飼い主さんのニーズに合わせて作られているものも少なくありません。

「グレインフリーであればなんでもいい」
「食が細くあまり食べてくれないため少しでも食いつきのいいものがいい」
「筋肉量を増やして太りにくい体にしてあげたい」

このように目的を明確にしてグレインフリードッグフードを選ぶと、最適なドッグフードを絞り込みやすくなります。なぜグレインフリーなのか、どのような効果を期待しているのかを明確にしてドッグフードを選びましょう。

おすすめのグレインフリーのドッグフード3選

愛犬にもナチュラルなものを、体にいいものをといった考えが広まっている現代では、さまざまな会社からグレインフリーのドッグフードが売られています。そこで、数あるグレインフリードッグフードの中から本当におすすめできるものを4種類ご紹介します。

モグワンドッグフード

モグワンはペット先進国であるイギリスのドッグフードで、ヒューマングレードの食材と栄養バランスにこだわって作られています。
動物性タンパク質50%以上(粗タンパク質28%)でグルコサミンとコンドロイチン配合なので関節の弱い犬にもおすすめです。

「無駄なものは一切省いて手作り食を与えたい。でも栄養バランスを考えるのがむつかしい…。」そんな手作りにこだわった飼い主さんの気持ちを最大限考慮したのが、ナチュラルフードのモグワンです。
モグワンは手作りレシピを基本として作られているため、手作りにこだわりたい飼い主さんにとっても安心して与えることができるのはもちろん、ナチュラルですので愛犬が喜ぶトッピングの味や香りを邪魔することがありません。

半額キャンペーン実施中!

カナガンドッグフード

カナガンは美味しさを追求したイギリス直輸入のグレインフリードッグフードです。イギリス王室のエリザベス女王から表彰を受けたこともあり、イギリスでも多くの飼い主さんが愛用しています。
従来のドッグフードよりも肉の配合比率が高め(粗タンパク質33%)で圧倒的な食いつきの良さが人気の秘密です。

カナガンはグレインフリードッグフードとして人気が高く、なかなか食べない子でも食い付きがいいほどの高嗜好性が特徴のドッグフードです。そして、良質な動物性タンパク質が全体の50%となっているため、消化器系の働きが弱くなるシニア期でも負担なく食べることができます。

小粒タイプですので小型犬でも無理なく食べることができ、原材料はヒューマングレードにこだわっていますので、食の安全にこだわる飼い主さんも安心して愛犬に与えることができるドッグフードです。

20%オフキャンペーン実施中

オリジン

オリジンは新鮮な原材料と最適な栄養バランスにこだわった商品を作っている、アメリカのドッグフードメーカーです。アメリカでは数々の賞を受賞しています。
・生物学的に適正なたんぱく質レベルを実現(タンパク質38%)
・成分中15%に果物と野菜を使用
・サーモンオイル配合(6フィッシュ)
・低温調理・即日調理

オリジンの最大の特徴は、すべて地元産の新鮮な原材料にこだわっているということです。グレインフリーなのはもちろんですが、食の安全性に対して高い意識で取り組み、入荷した原材料はすべてその日のうちに調理するなど鮮度も重視してドッグフードを作っています。

オリジンの代表的なドッグフードのひとつが6フィッシュです。6種類の魚をベースに作られたドッグフードで、EPAやオメガ3脂肪酸を多く含むため、被毛の艶がなくなってきたり、皮膚のトラブルに悩まされたりしているワンちゃんにおすすめです。

ネイチャーズバラエティ

ネイチャーズバラエティはアメリカに拠点を置くドッグフードメーカーです。新鮮かつナチュラルな原材料にこだわったドッグフードを作っています。
・粗タンパク質38%以上配合
・フリーズドライ生肉を使用
・クランベリー配合で尿路疾患予防ができる
・BHA、BHT、エトキシキ不使用

ネイチャーズバラエティは70%以上が動物性タンパク質でできているだけでなく、とことん生肉にこだわったドッグフードです。生肉はフリーズドライ加工を行っていますので、栄養素を壊すことなくそのまま吸収できます。

タンパク質の割合がとても高く、しかも高カロリーですので成犬だけでなく、成長過程にある子犬や、食が細くなってしまった老犬にも最適です。皮膚や被毛の疾患対策としてオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸を配合しているのも、嬉しいところです。