グラン・デリの口コミと評判

ふわふわとした新食感が話題のグラン・デリのドッグフードは栄養バランスの整った総合栄養食です。ただこの基準には数値のからくりもあり、実は理想的な食事とはいいがたい面もあります。デオシートで有名なユニ・チャームが手掛けるこだわりのドッグフードの中身を愛犬家目線で分析してみました。ぜひ愛犬の「主食」選びのご参考に。

グラン・デリ(ふっくら仕立て 全成長段階用ビーフ・鶏ささみ・緑黄色野菜・チーズ・角切りビーフ粒入り)の特徴
これまでのドライフードとウエットフードの中間の食感を作り出した「もちふわ」と呼ばれる新タイプの製品です。

犬が好きなチーズやビーフの角切りで食にこだわりのある愛犬のお悩み解決に挑んでいます。

ユニ・チャームからは他にもたくさんの有名ブランドが発売されていますが、いずれも原材料の品質に課題を抱えています。グラン・デリも「国産」という魅力はあるものの原材料の品質にはいくつかの懸念材料が残ることがなんとも残念と言えるでしょう。

グラン・デリの成分と原材料

主原料は小麦粉、トウモロコシ、パン粉、小麦グルテンとアレルギー発症リスクが高い素材ばかりです。もちろん中にはアレルギー発症がみられないケースもありますが、必ずしも長年の給餌に懸念がないわけではありません。

犬が最も多く必要とする動物性たんぱく質はビーフミール、ポークミール、ビーフ、チキンエキス、チキンミール、ササミパウダーを配合しています。いずれも肉そのものではなく食肉加工の工程で生じる破片や廃棄相当の部位で決して十分な栄養価があるとはいえない素材です。

特別な食感を維持するための乳化剤、保存料、着色料の配合もあり微量でも犬の健康に好ましくはありません。

ユニ・チャームブランドでは数少ない総合栄養食

グラン・デリはユニ・チャームの他製品と比べやや高級路線で販売されています。そのため国産原料を使用し、肉の配合量が多い事をセールスポイントに挙げています。

しかし実際にはいわゆる肉そのものは一切配合されておら粉末加工された廃棄相当部位の配合にすぎません。

他ブランドとの差別化の意味を兼ねて総合栄養食の基準を満たしていることが記載されていますが、原材料の品目を見る限り数値のからくりを巧みに使った数値基準のクリアと言えるでしょう。

特別な食感は化学的な配合のおかげ

成分表示には含有水分量が30%と記載されています。通常ドライフードは10%以上の水分を含有すると空気中の湿気の影響を受けカビや雑菌が繁殖し長期保存が出来ません。

この製品のように高い水分量を含有し、品質を保持するためには相当な量の保存量を配合しなければ品質を保つことが出来ません。

しかし多量で多種の添加物は決して愛犬の健康に好ましいものではありません。長い期間与え続けることで何等かの不調につながる可能性があるので注意が必要です。

添加物は将来の歯垢、歯石の原因物質

この製品の様に特別な加工で柔らかく仕上げている製品は特有の粘性のある成分を配合しています。この成分は食事の度に愛犬の歯の表面に付着して残留します。

この粘性のある成分に食べ物のカスが付着することで歯垢や歯石の原因になり、将来的には深刻な口内トラブルを引き起こしすのです。

歯垢や歯石は日々の歯磨きで対処するのではなく、食べものを見直し歯磨き不要な生活を送ることの方が愛犬にとってはより快適なことです。

グラン・デリの口コミと評判


シニアでも食べやすいふっくらドッグフード

初めてふっくら仕立てのドッグフードを購入したのがグラン・デリです。高齢になってきてカリカリタイプは喜んでくれなくビーフジャーキーなどのおやつをご飯替わりにしていました。柔らかいドッグフードを近所の店で探しても見つからずネットで探してやっと見つけました。届いて早速与えたらとても喜んで食べてくれてとても嬉しいです。


食べ飽きがなくなり喜んで食べています

2ヶ月くらい経ちますが、喜んで食べています、これからもこれに決めて注文します。

グラン・デリの口コミ・評判まとめ

ふわふわと指で軽くつぶすことの出来るほどに柔らかい特別な食感です。シニアや小型犬でもスムーズに食べることが出来、おやつ感覚のご飯です。

手ごろな価格と可愛らしいパッケージがとても好印象です。

国産品という信頼度はあるものの、様々な化学的成分の配合で高い嗜好性があるものの、長期間継続的に与えることは好ましくはありません。

グラン・デリの評価

動物性たんぱく質の配合量が多く、数値上はAAFCOの定める総合栄養食の基準値を満たすことが出来ていますが、この製品と水だけの摂取で生涯健康を維持できるとは言いがたく、早急な見直し、切り替えをすべき製品です。

特に高齢な犬の場合、多量の添加物は消化不良や内臓への負担を増大させます。必ずしも愛犬にとって最適な食事ではないので改めて考えてあげましょう。