半生ドッグフードの評判がよくない理由は添加物にあり

ドッグフードはドライフードとウェットフードが各メーカーの主力でしたが、最近は半生と呼ばれるタイプのドッグフードが充実しています。半生タイプと気づかずに購入してしまい、愛犬に与えてみたら、喜んで食べてくれたという飼い主さんもいるかもしれません。

でも、インターネット上でその評判を見てみると、なぜか低評価のものが多く、サイトによっては「与えないほうがいい」と断言していることもあります。なぜ半生ドッグフードは評判が良くないのでしょう?ここではその理由について詳しく説明していきます。

半生ドッグフードの特徴

それではまず、半生ドッグフードがどのようなものなのかについて説明します。この部分を理解していないと、なぜ評判がよくないのかをきちんと理解できませんので、分かっているよという人も復習の意味も込めて目を通しておいてください。

半生ドッグフードの分類

半生タイプのドッグフードは、ソフトドライフードとセミモイストフードの2種類に分類できます。いずれも製品の水分比率が25〜35%ですが、それぞれの製法が違います。ソフトドライフードは押出機で成形したものを発泡させていますが、セミモイストフードは押出機で成形したあとに発泡させません。

ちなみに、成形・発泡後に乾燥させたものがドライフードです。ソフトドライフードもセミモイストフードも乾燥させる工程がありませんので、水分を含んでいるというわけです。

いずれのドッグフードも水分が粒から抜け出さないように、湿潤調整剤と呼ばれる添加物が配合されています。また、水分を含んでいるためカビが発生しやすいことから、防カビ剤も添加している点が、ドッグフードやウェットフードとの大きな違いになります。

嗜好性が高く食べやすい

半生タイプは、水分が含まれているのでドライフードと比べるととても柔らかく、肉に近い食感があります。しかも乾燥させていないため、噛めば噛むほど味が出てきます。このため、とても嗜好性が高く、ほとんどのワンちゃんが喜んで食べてくれます。

このため、夏バテや体調不良などで食欲が落ちているワンちゃんや、高齢になって食が細くなったワンちゃんのドッグフードとして使われています。

日持ちの長さはドライフードほどではありませんが、ウェットフードのようにその日のうちに食べきらなくてはいけないということもありません。価格はドライフードよりも高くなる傾向にありますが、最近はドライフードも高価なものが増え、それらと比べると特別高額ということもなく、メインのドッグフードで使う飼い主さんも増えています。

半生タイプのドッグフードの問題は添加物

ここまでの説明ですと、半生タイプのドッグフードはやや高くても嗜好性が高く、魅力的な製品に思えます。でも実際にはあまり評判がよくないのも事実です。なぜそのようなことが起きるのでしょう?

その理由は半生ドッグフードに使われている添加物にあります。湿潤調整剤や防カビ剤についてはすでに簡単に触れましたが、それだけでなく酸化防止剤や防腐剤、着色料など様々な添加物が半生ドッグフードに詰め込まれています。

これらの添加物のすべてに問題があるわけではありませんが、半生タイプの添加物の多くが化学合成添加物で、安全性が疑わしいものもあたり前のように使われています。ただ、これらの添加物がなければ、半生の状態を維持できませんし、カビや劣化などの別の問題が発生します。

危険な添加物を使って製品の安全性を確保しているという、ちょっと複雑な状態になっていますが、ドッグフードメーカーは、それらの添加物に対して、「安全」と判断していますので、この状態が改善されるのはあまり期待できません。

もちろん、添加物の安全性は国が認めているものですが、その添加物のうち人間が口にするものにはNGで、ドッグフードではOKとなっているものもあります。そうなってくると、本当に安全なのか疑わしいですよね。

このような添加物を大量に使っているのが半生ドッグフードで、食の安全を重視する飼い主さんからの評判がよくないというわけです。

半生タイプに使われている危険な添加物

それでは半生タイプのドッグフードに含まれている危険な添加物について、具体的な名前を挙げてご紹介します。それぞれに危険度に違いがありますが、いずれも基本的には口にしないのが一番です。これらが含まれているドッグフードは選ばないようにしましょう。

プロビレングリコール

プロビレングリコールは保湿剤や防カビ剤として医薬品や麺類、おにぎりなどにも含まれている添加物です。薬などに使われているなら安全だと思うかもしれませんが、消防法では危険物第4類に分類され、皮膚や目などに刺激があるとされています。

使用量が少なければ毒性はないと言われていますが、プロビレングリコールは加熱されると発がん性物質であるプロピレンオキサイドに変わります。キャットフードには使ってはいけないとされているような添加物ですので、ワンちゃんにもあまり口にさせたくないところです。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

BHAは発がん性があることから、日本で使用禁止になったこともあり添加物です。ただし、発がん性がとても低いことが分かったため、現在では食品の酸化防止剤として使用が認められています。もちろん絶対に安全というわけではありませんが、通常使用の範囲なら問題はありません。

ただし、エンジンオイルの酸化防止に使われるほどの強力な酸化防止剤ですので、ナチュラルな食べ物を与えたいという飼い主さんからすると、あまり口にさせたくないですよね。神経質になるほどではありませんが、絶対に安全だという保証はありませんので、あまり口にさせたくない添加物のひとつです。

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

BHTはBHAと構造が似ている添加物で、同じく酸化防止剤として使用されます。こちらは膀胱がんや甲状腺がんを誘発する可能性があることが発覚したため、人間の食品では一部にのみ使用可能となっています。

BHAは体内に蓄積されませんが、BHTは体内の蓄積されますので口にすればするほど、がんのリスクは高くなり、無脳症児の原因のひとつとも考えられていますので、絶対に口にさせたくない添加物です。BHTが含まれている半生ドッグフードは与えないようにしましょう。

エトキシキン

エトキシキンは毒性が強いため、日本国内では人間の食べ物への使用が認められていない酸化防止剤です。エトキシキンはそれ単体の使用も規制されているだけでなく、家畜などへの残留量に関しても厳しく規制されています。

ところがドッグフードの場合は、人間の食べ物よりも規制値が甘く、アレルギー反応、皮膚病問題、主要臓器の障害、異常行動問題、がんなど、様々な副作用が確認されています。このためドッグフードで使われることも減っていますが、格安のドッグフードではいまだに使われています。

こちらも1回食べたくらいで体調が悪くなるわけではありませんが、継続して食べ続けるのは健康面でのリスクが高い添加物です。BHTと同様に、原則として与えてはいけないものだと考えてください。

ソルビン酸カリウム

ソルビン酸カリウムは細菌やカビの発生を防ぐことができるため、食品の保存料として使われている添加物です。かまぼこやちくわ、はんぺんなどの練り物や和菓子などにも使われているため、安全な添加物と思われていますが、摂取すると遺伝子が突然変異を起こしたり、がんを発症する可能性があります。

こちらも使用量を守れば危険性がないとされていますが、数あるドッグフードの中から、あえてソルビン酸カリウムを使っているドッグフードを選ぶ必要はありません。食の安全を考えるのであれば、ソルビン酸カリウムも愛犬には与えないようにしましょう。

安心できる無添加のドッグフードを与えよう

ドッグフードの添加物に関しては、その安全性に賛否があるかとは思いますが、ほとんどのプレミアムドッグフードでは添加物が使われていません。それだけ価格も高くなり、開封後の日持ちも短くなっていますが、安全な食べ物というのはそういうものです。

添加物によってドッグフードの価格が大幅に下げられましたが、それと同時に食の安全性も下がってしまいました。残念ながら安全で格安のドッグフードというものはありません。特に半生タイプのドッグフードは水分を含むために保湿剤や防カビ剤が必須です。

半生タイプは確かに食いつきもよく、多くのワンちゃんが美味しそうに食べてくれます。でも、それによって、健康が損なわれているのだとしたらどうでしょう?これからも愛犬に与え続けたいと思いますか?

犬の寿命は人間よりも短く、一緒に暮らせる期間には限りがあります。1日でも長く、同じ時間を過ごしたいのであれば、添加物をたくさん使った半生ドッグフードではなく、安全な原材料で作ったドッグフードを選んであげましょう。