【サイエンスダイエットプロの評判】人気・実績とも安心クオリティー

アメリカはペットの飼育環境においても、ビジネスにおいても世界で最高レベルと称される国です。

そのアメリカで「優秀」「高級」と高い評価を得ているドッグフードがこのサイエンスダイエットです。

日本で初めて発売された当時は、まだドッグフードといえば「ビタワン」という時代でしたから、犬の為に研究施設を設ける、獣医師が推奨する品質の製品という事は相当なカルチャーショックを巻き起こし、一大ブームが巻き起こりました。

他に競争相手となる製品もなかった事から、一気にドッグフードの市場を独占したほどです。

サイエンスダイエットの評価をインターネットで検索してみるとお気づきになるでしょが、賛否両論いずれもあり、判断に迷う事でしょう。

この製品はある一点からの評価を行うとそのような結果になるようです。購入にあたっての判断は総合的な観点からみるとよいでしょう。

サイエンスダイエットのパッケージチェック

市販のドッグフードを選ぶときに欠かせないのがラベルの読み方。
そのパッケージやラベルには、与えるべきペットの種類や目的、使われている原材料、給与方法、原産国、賞味期限などがあります。
安全確保や問題発生時の原因究明のために、「ペットフード安全法」で表示が義務化されているのは次の5項目です。

  • 販売用愛がん動物用飼料の名称
  • 原材料名
  • 賞味期限
  • 原産国
  • 製造業者、輸入業者または販売業者の氏名または名称と住所

さらにペットフード公正競争規約で下記の表示が定められています。

  • ペットフードの目的
  • 内容量
  • 給与方法
  • 成分

サイエンスダイエットドックフードはどうでしょうか。詳しくみていきましょう。

スペシフィックドックフード(高消化性)の成分と原材料

獣医師が栄養学に基づく研究の上で開発した「サイエンスダイエット」ドッグフードの原材料は下記の通りです。

名称ドッグフード(総合栄養食)
原産国オランダ
賞味期限
原材料チキン、小麦、コーングルテン、米、マイロ、トウモロコシ、動物性油脂、チキンエキス、ビートパルプ、植物性油脂、亜麻仁、オート麦ファイバー、リンゴ、ブロッコリー、ニンジン、クランベリー、エンドウマメ、乳酸、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
給与方法パッケージに記載あり
取扱業者日本ヒルズ・コルゲート

原材料に肉の副産物は使用しないなど、粗悪な材料や過剰な添加物を避け、動物栄養学に即して配合されているのが特長です。

迷った際は、とりあえず選んでおいて間違いのないクオリティといえるでしょう。

サイエンスダイエットが唱えるドッグフードとは

実は、様々な研究の結果、一部の学説によると犬は「肉食」ではなく、「雑食」であるという説があります。

犬の祖先であるオオカミは確かに「肉食」であり、好んで穀物を食べはしませんでした。しかし、その後に派生した犬はペットとなり、人間の残飯を食べる生活を長きにわたっておくるうちにその食性が変化したと言われているのです。

例えば、アメリカであれば、ドッグフードが開発される以前は、人間の食べ残しであるパンやトウモロコシを食べていたでしょう。良質な肉はほんのわずか口に出来るかどうかという生活です。

ですから、高タンパクで穀物不使用である事が必ずしも犬本来の食性に合致しているとは言えないのです。

サエンスダイエットプロの口コミ

サイエンスダイエットプロを実際にあたえた方の感想、評判は

  • ペットショップで推奨しているので与えています

    ペットショップから購入する際に、子犬が食べているからと言われ購入し、その後大人になってからも継続して与えています。どこでも売っているので便利です。

  • 最低限はこのラインと言われ与えています

    ドッグフードがどんどん高級化してゆく中で、出来ればあまり高くないもの、でも安全な物をと相談したところ、この製品を薦められ購入しています。これ以上価格が安い製品は健康上何らかの不具合が出る危険性が高いので、最低限のラインと思っています。

  • 有名なので購入しています

    もう何十年も前からよく見かける製品なので、購入をしています。

サイエンスダイエットドックフードの評価

サイエンスダイエット ドッグフードについて、原材料、製法、利用者の口コミなどからの総合評価は

価格4.0

この製品の評価については、賛否両論あるものの、「信頼度」という意味では高く評価できるという事もありこの評価とさせていただきます。

ドッグフードの原材料というのは「何を使うか」が大切なのではなく「どのような品質の物を使うか」もとても大切です。

おなじ鶏肉であっても、「適温で管理されている鶏肉」なのか「倉庫で山積みになっている腐敗した鶏肉」なのかでは大きな違いがあります。

その点、サイエンスダイエットの製品は「劣悪」ではないという確証が持てるという意味において信頼できるのです。

以上が、獣医師が開発したアメリカ製ドッグフード「サイエンスダイエット」に関する評価です。