ドッグフードの価格は、同じメーカーの同じ種類でも、一袋に入っているキロ数が大きければ大きいほど、割安になっている場合がほとんどです。

ということは、小型犬から大型犬まで、どんな犬の飼い主も最大キロ数の袋を購入すれば、確実にお得なのかといえば、そうではありません。

なぜなら、ドッグフードは愛犬の体格や飼育する頭数に見合ったキロ数の袋を選び、なおかつ適切に保管しないと、あっという間に品質劣化を起こしてしまうからです。

小型犬1匹に大袋のドッグフードを購入するのはお得?

たとえば、体重5キロの小型犬を1匹飼っていたとします。その犬が1日に食べるドッグフードの総量が100グラムと仮定すると、1ヶ月に消費するフードは単純計算で、およそ3キロということになります。

ならば、3キロ袋を購入するより、10キロ入りの大袋を購入すれば、割安になってお得なのでしょうか?答えは、ノーです。確かに、単純に価格を1キロあたりで計算するだけなら、3キロ袋を購入するより10キロ袋の方が割安になることは間違いありません。

しかし、ドッグフードは開封したその瞬間から酸化が早まります。これはドッグフードが脂肪や油脂を含む食品である以上、避けて通ることはできません。そのため、酸化による品質劣化を避けるためには、開封後1ヶ月、長くても2ヶ月以内に消費できるドッグフードの分量が望ましいのです。

5キロの犬1匹が10キロ袋を消費するには3ヶ月以上がかかりますから、金額的には割安になりますが、健康への悪影響が懸念されることになります。つまり、総体的に考えたら決してお得とは言えないのではないでしょうか。

酸化したドッグフードのなにがいけないの?

ドッグフードには原材料の肉類に含まれる脂肪分のほか、様々な油脂が含まれています。これらは大切な栄養素の一つであり、健康維持のために重要な役割を果たす素材です。

ところが空気に触れて酸化した油脂は過酸化脂質に変化し、ドッグフードを食べた犬の体内で活性酸素を増加させてしまいます。それにより、愛犬の体の酸化を進行させることになり、健全な細胞が衰える原因に。また。アレルギーや動脈硬化、心筋梗塞、がんなどを引き起こすこともあるのです。

割安だから――。それだけの理由で愛犬の食べる量に見合わない大袋のドッグフードを購入した結果、病気にかかるリスクを上げてしまったら、もともこもないと思いませんか?

酸化防止剤を使って酸化を遅らせることの危険性

品質劣化をおさえるために、酸化防止剤や防カビ剤などの保存料が使用されているドッグフードは数多くあります。これらは主に安価なドッグフードに使用されているケースが多く、安全性を重視した高品質のプレミアムフードにはまず使われていません。

それは、ドッグフードに使用されることが多い酸化防止剤や防カビ剤、保湿剤など、保存料の多くに発がん性や、肝臓・腎臓などの機能障害、アレルギーの原因となる危険性が指摘されているからです。これでは保存料が使用されていないドッグフードに比べて長期保存が可能でも、メリットがあるとは言えませんよね。

ドライタイプドッグフードの品質をできるだけ維持する保管方法

ドッグフードの袋を開封したその瞬間から、酸化の速度はどうしても早まるもの。その速度を出来るだけ遅らせることが、すなわち品質を維持することにつながるのです。そのためにも、愛犬が1ヶ月程度で食べきる量の袋を選ぶことは、実はとても大切なことなのかもしれません。

開封後の保存方法

  • チャックのついた食品保存用のポリ袋など、密閉しやすい容器に小分けにして入れてから、出来るだけ空気を抜く。
  • 日の当たらない場所での常温保存でOK。冷蔵庫での保存はダメ。
  • 開封後は1ヶ月以内に食べきるのが目安

たとえドッグフードが未開封の状態でも、高温多湿になる場所に保管すると品質劣化の原因に。開封・未開封にかかわらず、ドッグフードは直射日光のあたらない、涼しくて風通しの良い場所で保管することがベストです。

また、メーカーによって異なりますが賞味期限は14〜20ヶ月が一般的です。

ドライフードを冷蔵庫で保存したら駄目な理由

ドライフードを冷蔵庫で保存するのは正しいと思われがちですが、実は間違いです。
冷蔵庫内と外では温度差があるので、ドッグフードを出し入れする際に結露がつくことがあるので、ドッグフードの場合、水分が10%前後に保たれているので結露が粒にあっかって水分量が増えるとカビの原因になってしまいます。

おすすめの保存容器

フタ中央のボタンで開閉&密封が可能で片手で簡単に操作できる乾燥食品用密封保存容器『ポップコンテナ』というものがあります。

1日2回使用(1日あたりの餌の回数)するものなので真空パックになるようにはできておりませんが、陰圧にはなりますので保存容器としては適しています。

img60874459

サイズ的にスリムなものがほしいというのであればポップディスペンサーが良いでしょう。我が家でもこちらを使用しています。

缶詰フードやレトルトフードの保存方法

缶詰やレトルト・アルミトレーなどの水分量が多いフードは、ドライフードとは扱いが異なります。これらのウェットフードは密封するさいの加熱殺菌により、保存料が添加されていないものでも未開封であれば、かなりの長期間保存することが可能です。

しかし、開封した後は日持ちがしません。保存する場合は必ず冷蔵庫に入れ、できるだけ2~3日のうちには使い切るようにしたほうがよいでしょう。

もし、どうしても食べきるまでに日数がかかる場合は、途中で一度加熱しておくと、保存できる日数を多少は延ばすことができます。しかし、度重なる加熱は風味を損ねるだけでなく、熱に弱いビタミンなどの大切な栄養素を壊してしまうため、あまり良いことではありません。

ドッグフードは、ドライもウェットも愛犬の体格に見合った分量を選び、適切に保存することがなによりも求められているのです。