いなばといえば、人間用食品でもとても有名なメーカーです。

そのメーカーから、ペットフード専門の部門が独立し設立されたメーカーがこのいなばペットです。

いなばペットは当初は、猫用の缶詰で有名となり、今もペットショップでは犬よりも猫用製品の品揃えが豊富なようです。

缶詰を与える事には賛否両論あり、特にその原材料の安全性について話題になる事が多いのですが、いなばの製品は安心して与える事の出来る数少ない製品の一つと言えるでしょう。

価格も手ごろで、ペットショップやスーパーなどで購入できることもあり、人気の商品です。

とろみの成分と原材料

風味豊かな「いなばとろみ」ささみ・まぐろ ホタテ味の原材料は下記の通りです

名称
原産国 日本

賞味期限 3年

原材料 鶏肉、まぐろ、ほたてエキス、糖類(オリゴ糖等)、植物性油脂、増粘剤(加工でん粉)、ミネラル類、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、ビタミンE、紅麹色素、緑茶エキス、カロテノイド色素
成分 タ粗たん白質6.5%以上
粗脂肪0.2%以上
粗繊維0.1%以下
粗灰分1.0%以下
水分92.0%以下
給与方法
取扱業者 いなばペットフード

原材料を見る限り、取り立てて危険度の高い成分は見当たりませんが、缶詰ですから多少の添加物は含まれている事を覚悟しておきましょう。

取り立てていえば、増粘剤(加工デンプン)、増粘多糖類のあたりはやや気にかかる点ですが、使用を控える程ではないでしょう。

また、加熱調理済の食材である野菜がとても発色がいい状態で混ぜ込まれている上に、型崩れもしていないのでやや加工しすぎな感も否めません。

安全な製品であるためにも、人間の視覚へのアピールは不要なようにも思えます。

国産?中国産?

いなばの製品のパッケージを確認すると、中国産と記載があります。国内メーカーの製品と思い、購入したもののと、不安を感じられる方もいる事でしょう。

でも、いなばの中国生産は、いなば直営の自社工場です。

ですから、製品においても自社工場での生産体制が整っている事、管理体制を厳重にしている事、HPなどで情報公開を積極的に行う事でその品質と信頼を保っています。

販売価格もさほど安価な製品でもないので、原材料の調達コストにはそれなりの費用を掛けているといえるでしょう。

なにより、人間用の食品とのイメージの兼ね合いもあるので、ペットだからといって粗悪な食材を使う事はないのでしょう。

与え方に注意

このフードをそえないとどうしても食が進まないとき、もしくはごほうびとして与えるのが使用法としてはよいと思います。

ちなみに、シニア用で高齢犬用ではなく、年齢を11歳からと指定しているのには、どのような意味があるのかわかりません。

とろみの口コミ

いなばとろみ ドッグフードを実際にあたえた方の感想、評判は

  • 歯の悪いシニア犬のご飯に活用しています

    硬いものが食べられなくなり、缶詰を探している中で、最終的にこの製品にたどり着きました。とろみがあるので、スプーンに乗せ口元へ運んであげると食べやすいようです。

  • 食が細いので、味をローテーションしながらトッピングしています

    ドライフードだけではなかなか食が進まないので、毎食何かトッピングをしています。
    缶詰は添加物や素材の安全性など心配な面もあるのですが、いなばという有名なメーカーの製品であり、信用できる製品だと思うので安心して使っています。

いなばとろみの評価

いなばとろみについて、原材料、製法、利用者の口コミなどからの総合評価は

評価 3.0

ドライフードだけではなかなか食が進まない、好き嫌いがあって缶詰しか食べない、シニアになり食べやすい食事を用意したいという場合に、おすすめできる製品です。

この製品の特長でもある「とろみ」はドライフードにトッピングした時に、適度にドライフードにからみ、缶詰だけを拾い食べる事が難しいようです。結果的にはドライフードも一緒に完食できるので、大変人気の商品です。

また、シニアや病中病後で固形物を食べる事が難しい場合や離乳直後で固形物を食べる事が苦手な場合には、この製品をさらに細かく砕き与えるととろみがあるのでとても食べやすいようです。

口の周りの被毛を長目に伸ばしている場合、若干ですが食後に口の周りの汚れが気になってしまう事が残念な点です。

以上が、国産メーカーの作るとろみ感が特徴のドッグフード「いなばとろみ」に関する評価です。