イタリアン・グレーハウンドの性格に適したドッグフードの選び方

小食の子も多くみられる犬種です。お気に入りの良質なフードを見つけてあげましょう。

犬は、ほとんどの犬種が食べ過ぎ、太り過ぎに注意しなくてはならにのですが、イタリアン・グレーハウンドには食の細い子や食べ方にムラのある子がチラホラといるようです。

細い足を守るためにも、タンパク質やカルシウムをバランス良く摂って欲しいところですから、上質な素材を使ったお気に入りのフードを見つけたら、あまり頻繁に銘柄を変えないほうがいいかも知れません。

とはいえ、食欲旺盛なイタグレももちろんいます。太り過ぎてしまっては、細い足腰に負担がかかってしまいます。

いずれのケースでも、体重のチェックをしっかりして、食事量を調整しなければなりません。たとえば、3kgの体重の子が3.3kgになるということは、体重45kgの人が50kg近くになるということです。100g単位の変化にも十分に注意を払う必要があります。

イタグレは被毛が短く、ホコリを手で払う程度の手間しかかからない犬種です。その分、食事の管理にはたっぷり手間と愛情をかけてあげましょう。

イタリアングレードハウンドはすっと細い見た目以上に、筋肉質で美しく引き締まったボディラインに細長い脚で運動能力に長けた犬種です。しかし、イタリアングレードハウンドらしい引き締まった体を作るために欠かせない食事の質が悪いと、筋肉が衰えてしまったり逆に肥満になりやすくなることもあります。

イタリアングレードハウンドが健康的で引き締まった体を作り維持するためにも、質の高いドッグフードを与え健康的に過ごせるようにサポートしてあげるようにしましょう。

筋肉に欠かせない良質な動物性タンパク質

筋肉を作るために必要なのはタンパク質なのですが、このタンパク質のもととなる素材の質もよくなければ強靭な筋肉作ることができません。そこで大事になるのが良質な動物性タンパク質です。

イタリアングレードハウンドは肉食系の雑食にあたるため、与えているドッグフードのメインとなっているものが動物性タンパク質であることが重要になります。もし原料を見たときに、穀物類がトップにきているとしたらそれは穀物メインのドッグフードだということになるため、イタリアングレードハウンドには不適切なドッグフードになります。

また、原料のトップに動物性タンパク質が記載されていたとしても『○○類』といったあいまいな記載がされているようなら、そこで使われている素材は粗悪なものである証拠にもなります。

良質な動物性タンパク質を使用してあるのであれば、豚肉なのか?ラム肉なのか?牛肉なのか?といった明確な記載がされているため、それができないということは本来捨てるような肉を使っているためぼかしているということです。

穀物類がメインのドッグフードは太りやすい

穀物類がメインとなっているドッグフードは急激な血糖値の上昇を招き、同時に血糖値の低下も早いためすぐにお腹が空きます。しかし、エネルギー量としては足りているためちょっとだけのつもりでおやつを与えてしまうと、すぐにエネルギーオーバーとなりそれが余分な脂肪を生み出し、気づけばすぐに肥満になってしまいます。

もともとイタリアングレードハウンドは筋肉質な犬種なので、適切な食事管理をしていればそうすぐに太ることも少ないのですが、そうした満足感不足が原因となって与えすぎを招き肥満になることがあるため、そうした悪循環を防ぐためにも穀物類がメインとなっているものは避けるべきです。

仮にメインとなっていなかったとしても、穀物類自体イタリアングレードハウンドには消化がしづらいので、選ぶならグレインフリーのドッグフードで良質な動物性タンパク質を使ったものを選びましょう。

イタリアングレードハウンドに合うおすすめのドッグフードと選び方

では、イタリアングレードハウンドの引き締まった筋肉を作り細い脚に負担をかけないよう肥満を予防するためには、どのようなドッグフードを選んであげるといいのかご紹介していきます。

・グレインフリー(穀物類不使用)
・良質な動物性タンパク質の使用
・人工添加物不使用
・オメガ3脂肪酸の配合

グレインフリーで良質なタンパク質のドッグフードを選ぶことは当然ですが、そこに人工添加物が使用されているものはNGです。人工添加物のなかには発がん性物質を生み出したりするような、健康被害をもたらすものが多いことやそもそも食事の中に必要がないものなので、取り入れること自体無意味なのです。

また、オメガ3脂肪酸は健やかな皮膚作りをサポートしたり、血液をサラサラにするといった働きがあるため、栄養素が隅々までいきわたるためにも大きく貢献してくれます。