骨や筋肉をサポートする栄養価の高いフードがおすすめ。ただし、食べ過ぎには要注意。

運動量の多いジャック・ラッセルは、食欲も旺盛です。どんなフードでも嫌がらずに食べる子が多いようですが、骨や筋肉の成長をサポートしていくれるフードを選び、きちんと規則正しく与えたいものです。

食べ終わった後にもっと欲しいとアピールして、お皿をペロペロなめ続ける子が多いようです。しかし、ここで情にほだされてフードを追加してしまうと、気づいた時には肥満状態になっていることも。ジャック・ラッセル・テリアは糖尿病にもかかりやすい犬種なので、日頃から十分に注意してあげましょう。

与える量の適正量はフードごとに違うので、パッケージに書かれている推奨量を参考にしてください。そして、定期的に体重を測り、管理してあげることも必須です。逆に、運動量の多さから痩せ気味になっている子もいるので、しっかりチェックしたほうがいいですね。

市販のドッグフードより手作り食のほうが安心?

専門知識のない素人が作る手作り食では、犬の栄養失調を招く恐れも。

安心・安全という意味では家庭の手作り食が一番ですが、犬に関する専門的な栄養知識がないままに継続して手作り食与えるのは考えものです。というのも、人間と犬では、必要な栄養素や必要量が違うため、家族の食事を作る感覚で手作りする食事では、犬に必要な栄養素が不足するおそれがあるのです。

しっかりとした栄養知識に基づいたフードを提供している犬用手作り食の専門店で購入したものならいいのですが、素人の手作り食のみに頼るのは少々不安です。それよりも、素材にこだわった信頼できるフードを見つけるのが先決です。また、毎日ドライフードをカリカリと噛んで食べることは歯の健康維持にもつながります。手作り食や缶詰などのウェットフードをメインにする場合でも、摂取カロリーを考慮したうえでドライフードを混ぜたほうが安心です。

フード選びは、犬の健康管理の出発点です。あれがいいかな? それともこっちかな? と、フードを試行錯誤するのも結構楽しいものです。選んでいるうちに栄養知識もどんどん付いていきますから、選択眼も磨かれていくはずです。