和の究みドッグフードの口コミと評判

「和の極み」は国内最大手の製粉会社が手掛けるペット事業の一環として誕生した製品です。人間向け製品はどれも大変良質でロングセラー商品が多数あります。では人間と共に暮らす家族同然のペットの食事はどうでしょうか?

信頼における品質、安全性かを愛犬家目線で分析してみました。ぜひ愛犬の「主食」選びのご参考にしてください。

和の極みの特徴

日清製粉の手掛ける「和の極み」はホームセンターやスーパーの店頭に並び、日ごろから見かけることも多いことでしょう。

この製品はその名の通り「日本で暮らす犬」に注目し開発されています。

日本で暮らす犬とは犬種やサイズのことではなく、つまりは生活習慣に着目しています。終日の留守番、運動不足、アレルギー、肥満、高齢化と様々な課題を抱える日本の犬達に適した栄養バランス、原材料の選択がこの製品の特徴です。

しかし着眼点は飼い主目線で高評価出来るものの、その内情は良質な動物性たんぱく質を配合せず、安価な穀物で生産された一昔前の品質基準を踏襲した製品に仕上がっています。

大手企業名、パッケージに謳われた好印象な言葉だけでなく、愛犬の食事はその「中身」で選ぶべきという事を実感させられる製品です。

和の極みの成分と原材料

主原料に用いられているのは小麦全粒粉です。小麦が犬のアレルギー発症原因の上位に上がる素材であることはすでに多くの飼い主が知るところでしょう。

この小麦を粉末化し成型した粒にチキンミール、中白糠、ビーフオイル、フィッシュオイル、チキンレバーパウダー、魚肉抽出物で特有の風味をつけ食欲が刺激されるように工夫されています。

原材料に多種の動物由来の成分を配合することで、成分比率上の動物性たんぱく質の数値は高くなりますが、肉そのものが配合されているわけではないので本来意味する栄養量を摂取できているという意味にはなりえません。

良質な動物性たんぱく質が大きく不足

犬は雑食性の動物です。様々な食べ物から栄養を摂取しますが動物性たんぱく質は最も豊富に毎日摂取すべき栄養素です。

この製品に含まれる動物性たんぱく質は副産物や脂肪分がメインであり、肉そのものの含有量がごくわずかです。

これでは活発な運動、覇気のある生活を維持することは難しなるでしょう。

ダイエットや手作り食の一部なら活用も可能

この製品単独では栄養素をバランスよく摂取することは難しいものの、手作り食の代用として、ダイエット効果を早期に出したい場合には一時的に活用するという選択肢もあります。

手作り食では別途動物性たんぱく質をトッピングすることでバランスを整えることもできるでしょう。

ダイエットの場合は給与量に比べカロリーが低いので満腹感を得ることも出来ます。

必ずしも理想的な製品ではありませんが用途を限定することで有効な活用法を見出すことは可能でしょう。

総合栄養食の基準は満たしているものの栄養には問題あり

AAFCOの定める総合栄養食の基準値をたんぱく質(24.0%以上)、脂質(14.0%以上)、粗繊維(5.0%以下)、灰分(9.0%以下)、水分(10.0%以下)と満たしてはいるものの、これは数字のからくりを活用した抜け道的な手法です。

動物性たんぱく質を満たすには良質な肉を用いることも粉末加工されたチキンミールを用いることでも可能です。

ただ大切なことは如何に栄養価が高く安全であるかということです。この製品と水だけを長年与え続けることでAAFCOの定める健康の定義に当てはまる結果に至るかは疑問が残ります。

和の極みの口コミと評判

こだわりの国産主原料を高く評価

主原料が国産ということは、一部は国産ではないのか?とメーカーに問い合わせをしました。親切、丁寧に答えて頂き一部どうしても国産では補えない素材は海外に頼らざると得ないとの答えでした。
4割が海外産でも5割以上が国産なら国産と表示できるルールがある以上、ただの国産表示ではなかなか信じがたい部分もありますがこちらの商品は納得をして買う事が出来ています。我が家の犬も小さい頃から毎日しっかり食べています。

手軽に購入出来便利なもののやっぱり無理

今迄は少しご飯の量が多くても便がゆるくなることは一切なかったのですが、この製品に変えてから途端便がゆるくなってしまいました。
やはり小麦全粒粉が1番多く配合されていて消化しにくいのかもしれません。
もう少し様子を見てみますが、リピートはないかな。

和の極みの口コミ・評判まとめ

量販店の店頭に並ぶこの製品は真っ赤なパッケージが印象的な上に、「日本で暮らす犬」「和」というキーワードが大変印象的です。

海外製品が主流になるドッグフード業界において「国産」「国内生産」「日本で暮らす犬」という言葉についなびいてしまうことも無理はありません。

しかし主原料を見る限りこの製品はひと昔前の日本で主流であった家畜の飼料と同等の素材を用いたドッグフードと大差がないといえるものです。かならずしも愛犬の健康、体調に十分な配慮は感じられません。

和の究みドッグフードの評価

日清製粉グループという高い知名度と信頼感に後押しされ、国内量販店ではメジャーな製品です。

しかし犬の健康維持に欠かせない動物性たんぱく質が十分な量配合されていないことからも、長期的に主食として与えるには様々な支障が出ることを予想出来ます。