犬の毛並みや毛艶が良くなるおすすめのドッグフード

健康な犬の被毛は、つやつやと輝いています。これは若犬に限ったことではありません。シニア犬になってからも、ツヤのある美しい毛並みの犬はたくさんいます。ところがその反対に、まだ1才にも満たない幼犬でありながら、毛がバサバサでひどい毛並みをしていることも…。この差はいったいどこからくるのでしょうか?

こまめにシャンプーとブラッシングをしているかいないか――。確かにそれは原因の一つかもしれません。しかし、毛ツヤや毛並みに差がつく大きな理由として、実は食べているものの質が大きくかかわっているのです。

毛並みや毛艶を良くするドッグフード成分

タンパク質は体を作る重要な栄養素

犬にとって最も重要な栄養素はタンパク質です。なぜなら筋肉、臓器、皮膚、血液など、生きていくうえで絶対に欠かすことのできない、体そのものを作る栄養素だからです。もちろん、被毛もタンパク質から作られていますから、犬のつややかな毛並みに良質のタンパク質は欠かせません。

ところで一口にタンパク質と呼んでいますが、実際には20種類のアミノ酸から構成されています。そしてアミノ酸は種類によって体内で合成できるものとできないものとに分かれ、体内で合成できないものは食物から摂取する必要があります。そのような体内で合成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼び、犬の場合は10種類が該当します。

バリン・ロイシン・イソロイシン・スレオニン・メチオニン・フェニルアラニン・トリプトファン・リジン・アルギニン・ヒスチジン

つまり、犬にとって理想的な食事とは、これらの必須アミノ酸をしっかりと摂取することができる、品質の良いタンパク質を含んでいなければいけないのです。

植物性タンパク質より、動物性タンパク質が重視される

タンパク質には肉や卵に代表される動物性タンパク質と、大豆や小麦に代表される植物性タンパク質があります。どちらもタンパク質ではありますが、アミノ酸の含有量に違いがあるため、同列に扱うものではありません。

犬は雑食とはいえ、内臓のつくりは肉食獣に近いため、植物に由来するタンパク質の消化には向いていません。となると、しっかり栄養素を吸収するためには動物性のタンパク質――すなわち肉類を中心として構成されているドッグフードが理想的なのです。

もちろん、植物性タンパク質から栄養がまったくとれないわけではありません。しかし、植物性タンパク質は犬の体内で充分に栄養素が吸収できるほど分解される前に排泄されてしまうため、効率の良い食材とはいえないのです。

もしも愛犬に食べさせているドッグフードのタンパク質含有量が高くても、それが植物性を中心とした構成になっていたら、期待しているほど栄養が摂取できていないと考えたほうがよさそうです。毛並みがよくないのはタンパク質不足が原因なのかもしれません。

良質の脂質も毛ツヤと毛並みを向上させる

脂質はタンパク質に次いで大切な栄養素です。

毛ツヤや毛並みにも大きくかかわってくるのですが、タンパク質に比べてカロリーが高いので、脂質は量より質が重要です。肉類に含まれる脂肪は飽和脂肪酸のため、原材料に油脂として別途加えられているなら、オメガ3やオメガ6などの、不飽和脂肪酸を含む油脂がのぞましいと言えます。

オメガ6(リノール酸)

ゴマ油、ひまわり油、コーン油、綿実油、アーモンド油など

オメガ3(アルファ・リノレン酸

亜麻仁油(フラックス油)、紫蘇油、エゴマ油、イワシ・サンマなどの魚油

これらの油脂は抗炎症作用、血流の改善、動脈硬化の予防、血中の悪玉コレステロールの低下などに作用するため、犬の皮膚を健やかに保ち、毛ツヤや毛並みの改善に効果が期待できるのです。

愛犬をつやつやの毛並みに変身させるドッグフードとは

食べるものの内容を見直すと、愛犬の毛並みは美しくよみがえります。そして毛ツヤが良くなるということは、皮膚の状態が改善していることを示し、さらには内臓や筋肉、血液など、体の内側全体の機能が上がっている証拠でもあるのです。

愛犬の毛並みを良くするドッグフードのポイントは高品質の動物性タンパク質、それから不飽和脂肪酸を含む質のよい油脂です。

サーモンオイル配合のドッグフードで愛犬の毛ツヤと毛並みを改善する

ドッグフードにちょっとしたトッピングを加えたり、サプリメントを利用することで毛並みの改善をはかるのも良い方法の一つではないでしょうか。しかし、トッピングが総合栄養食のバランスを崩してしまっては、もともこもありません。

少量で効果を期待できるものといえば、良質の油脂はまさに最適です。

中でもサーモンオイルにはDHAやEPAが豊富に含まれていますので、毛並みの改善はもちろんのこと、かゆみや炎症などの、皮膚トラブルを抱えた犬にも効果が期待できるのです。