【獣臭対策】犬が臭い原因とフードやサプリで体臭を消す方法

犬の体臭や口臭が気になったとき、その原因はなんだと思いますか?体が臭くなったのはシャンプーをさぼっているからで、口が臭くなったのは歯磨きをさぼっているから。確かに、そういう理由で体臭や口臭がきつくなることもあります。

しかし、体が汚れていたり、歯垢がついていたりするなどの目で見てわかる汚れがないにもかかわらず、犬が臭くなることがあります。それは、ニオイを発する原因が体の中にあるからです。そしてその原因を放置していると大事になることもあります。

ここでは犬が臭くなる原因についてご紹介し、どのようにすれば体臭を消すことができるのか、詳しく説明していきます。

「臭い犬」と「臭くない犬」がいる不思議

犬を飼うと家の中が犬臭くなるから、犬は飼わない。

犬が臭くならないように、最低でも週に1回はシャンプーをしている。

こんな話を聞くたびに、犬を飼っていない人だけでなく、犬を飼っている人までもが犬の体臭について誤解しているのだと驚かされます。

犬は本来、あまり臭い動物ではありません。と言っても猫ほど全身を念入りにセルフグルーミング(ペロペロと自分の体をなめてきれいにすること)するわけではありませんから、まったくの無臭という意味ではありませんが……。

しかし、それは人間も同じことですよね。人それぞれに体臭があるように、犬にもそれぞれの体臭があります。ただそれは、家の中を臭くしてしまうほどの強い体臭ではありません。ところが、実際には体臭や口臭がきつい犬は数多く存在します。

それも、野良犬だとか、飼育放棄されて汚物にまみれているような犬ではありません。きちんと可愛がられているにも関わらず、です。中には臭くならないようにと、2~3日おきにシャンプーしている犬までいます。

ただそのシャンプーの香りと体臭が混ざり合ってしまい、かえって残念なニオイになっていることも珍しくありません。

その一方で、1年に1回シャンプーするかしないかという、ほとんど洗っていないにもかかわらず、まるで体臭や口臭が気にならない犬も数多くいます。いったい、この差はどこから生じるものなのでしょうか?

犬の体(体臭)や口(口臭)を臭くするものの正体

犬にしろ人間にしろ、食べたものは胃や腸を通過し、その過程で必要な栄養素を体に吸収しながら、最終的には残りカスが糞として排出されていきます。そして、食べたものの種類や質の良し悪しによって腸内環境が変わることは、私たち人間が一番よく知っていることですよね。

犬の体内でも同じことが起きています。総合栄養食として栄養バランスの整ったドッグフードを食べさせているのに、犬の腸内環境が悪くなるのはおかしいと思われるかもしれません。

しかし、いくら犬に必要な割合で五大栄養素が含まれていたとしても、そこに使われている原材料の質に問題があるとしたら、腸内環境が悪化しても不思議はないと思いませんか?そう、犬の体臭や口臭をきつくする原因は、ズバリ言ってしまえば食べ物です!

飼い主さんでさえ耐えられないあの臭いは、ドッグフードに原因があります。ただしすべての臭いの原因がドッグフードというわけではありません。なぜ犬が臭くなるのか、その原因についてもう少し詳しくご紹介します。

腸内環境の悪い犬が臭くなる理由

肉食獣寄りの雑食動物である犬にとって、一番大切な栄養素は動物性タンパク質、そしてその次が脂質です。ところがこの肉類と脂質の質が悪いと、犬の腸内で悪玉菌が増えてしまう原因になるのです。

悪玉菌が増えるとタンパク質などからアンモニアや硫化水素などの有毒物質が作り出されるようになります。これらがますます腸の働きを鈍らせ、大腸粘膜の血管から吸収されて血液とともに全身を駆け巡ることに。その結果、独特の腐敗臭を持つ有毒物質が毛穴から漏れ、体臭がきつくなってしまうのです。これは口臭にも同じことが言えます。腸内で産出された腐敗菌が血液に入って呼気に混ざると、犬の口は臭くなります。歯周病ばかりが口臭の原因ではありません。

腸内環境を改善することの重要性

腸内に善玉菌が多いときの犬の糞は、驚くほど臭くありません。その反対に悪玉菌が優勢となり、腸内で有毒物質が多く産出されている犬の糞はにおいます。しかし、問題は悪臭だけではありません。

有毒物質が血液とともに全身を駆け巡るということは、皮膚病やアレルギーを引き起こす原因となります。また、免疫力が低下することによってウィルスに感染しやすくなるのです。さらには腎臓や肝臓などの機能低下にもつながりかねません。

つまり、体臭や口臭の問題を放置することは、思っている以上に愛犬の健康を害することになります。そう考えると、腸内環境をできるだけ早くに改善することの重要性が分かってもらえるかと思います。

体臭と違って口臭の主な原因は歯周病が多い

口臭が強くなる原因のほとんどは、歯周病によるものと言われています。家庭犬の80%が患っていると言われるほど、歯周病は犬に多い病気のひとつです。だからと言って、たかが口臭だろうと甘く見てはいけません。

歯周病をそのままにしておくと、歯肉から出血したり、歯がグラグラになったりして硬いものを食べられなくなることもあります。また、悪化すると全身麻酔をしたうえで処置を施さなければいけないケースもあり、犬のカラダに大きな負担をかけてしまいます。

歯周病はどの犬にも起こり得る病気ですが、きちんとケアさえしていれば予防できる病気でもあります。どのようなケアをすればいいのか見ていきましょう。

歯周病を予防するに、歯磨きが一番

愛犬の歯周病を防ぐために必要なのは毎食後の歯磨きです。毎食後にきちんと歯磨きをしておけば歯周病になる確率は大幅に下がります。ただ、子犬の頃から習慣づけしていないと、なかなか歯磨きに慣れてくれません。

歯磨きに慣れるきっかけ作りとして有効なのが、歯ブラシにピーナッツバターを塗って「歯ブラシ=おいしいもの」と犬に認識させる方法です。

犬は美味しいので一生懸命に歯ブラシを噛んでくれます。何度かそれを繰り返して、歯ブラシの感触に慣れてきたころにそっと持って動かしてみましょう。最初は戸惑うかもしれませんが、いつの間にか愛犬は歯磨き嫌いではなくなっているはずです。

ドッグフードは原材料の品質が優れたものを

体臭や口臭を防ぐためには犬の腸内環境を整えることが重要だと説明しましたが、そのために心がけたいのが、高品質のドッグフードを与えることです。ドッグフードなんてどれも同じだと思っているかもしれませんが、その中身はそれぞれに違います。

まずは以下の点に注意して、ドッグフードの原材料を比べるところからはじめましょう。

肉の種類がきちんと記載されているか?

質の悪い原材料を使っているドッグフードは、肉の種類が明確にされていません。「◯◯ミール」のように、肉っぽいけど正確な原材料が分からない食材を使っているドッグフードは避けてください。ただし「サーモンミール」のようにはっきりと何の肉を使っているか分かればOKです。

「◯◯ミール」と書かれているものではなく、「チキン」「ビーフ」「サーモン」「ターキー」などのように、どういう種類の肉類がタンパク質として使われているのかを、きちんと確認できるドッグフードを選びましょう。

消化に悪い穀物が使われていないか?

質の悪いドッグフードの多くに、かさ増しを目的としてトウモロコシや小麦などの穀物が多く含まれています。犬の体は穀物から充分に栄養が吸収できるようにはできていません。分解して栄養を吸収する前に排出されればいいのですが、消化の悪さが胃腸に負担をかけることもあります。

そうなると体内に老廃物が溜まってしまい、それが体臭や口臭の原因になることはすでに説明した通りです。穀物が絶対にNGというわけではありませんが、与える必要のないものを与えているということは頭に入れておきましょう。

食欲増進のための油脂が使われていないか?

脂質は犬にとってタンパク質の次に必要な栄養素です。ところが栄養素としての脂ではなく、もっと別の目的で油脂が使われているドッグフードがあります。それは香り付けのための油脂で、格安のドッグフードでよく使われています。

ニオイの強い油脂をドッグフードに吹き付けると、犬の食いつきが良くなるため、質の低い原材料を使っているドッグフードでも犬はニオイに騙されてしっかり食べてくれるようになります。ただし、必要でない脂ですのでこれも体内で老廃物になります。

原材料の質が高いドッグフードはそのようなコーティングがされていないため、ニオイも強くないし、見た目にもほとんど油っぽさがありません。このため、格安ドッグフードから切り替えると犬の食いつきが悪くなることもありますが、どちらが犬のためになるかは言うまでもありません。

獣臭対策におすすめの2つの製品

犬の獣臭を改善するにはドッグフードを室のいいものにすることも大事ですが、サプリメントを使って改善するという方法もあります。ここでは、体臭や口臭対策としてとても優れている2つの製品をご紹介します。

いずれの製品も、乳酸菌と消化酵素を含んでいるという共通点がありますが、それぞれ製品ごとの特徴もありますので、それぞれの魅力について詳しく説明していきます。

獣医師が効果を認めたプロバイオティクス配合の「キュアペット」

キュアペット
キュアペットは毎日の食事にふりかけるタイプのサプリメントです。
いきなりドッグフードを切り替えると、犬はまったく食べてくれなくなることがありますが、このサプリメントならいつも食べているドッグフードそのままですので、抵抗なく食べてくれます。
乳酸菌プロバイオティクス(有胞子性乳酸菌)
消化酵素植物性酵素

乳酸菌には獣医師の論文でもその効果が実証されているプロバイオティクスを、消化酵素としては小麦ふすま由来の植物性酵素を配合しています。植物性酵素は胃腸の吸収をサポートしてくれるため、栄養素をしっかり消化吸収できるようになります。

さらに18種類のアミノ酸、10種類のビタミン群、13種類のミネラル、そして食物繊維を含んだビール酵母を配合するなど、動物栄養学博士が監修によって栄養バランスも考えられているのがキュアペットの魅力のひとつです。

腸内環境を整えてくれる腸活サプリ「毎日爽快」

毎日爽快
腸活サプリ「毎日爽快」は錠剤タイプのサプリメントです。錠剤ですがチキン味になっているため、ほとんどの犬が喜んで食べてくれます。錠剤の粒も大きくありませんので小型犬にも使うことができます。
乳酸菌有胞子性乳酸菌
消化酵素植物性酵素

乳酸菌はキュアペットと同じ有胞子性乳酸菌を採用していますが、どの種類の乳酸菌であるかまでは公表していません。ただし、有胞子性乳酸菌ですので確実に善玉菌が腸にまで届きます。消化酵素もキュアペットと同じ植物性酵素です。

腸活サプリ「毎日爽快」最大の魅力は、徹底した安全性にあります。国内製造はもちろんのこと、保存料・香料・着色料・化学調味料をすべて不使用にしていますので、安心して与えることができます。より安全なサプリメントを使いたい飼い主さんにおすすめの製品です。