ドッグフードの原材料の質と主成分表

栄養バランスに優れていると言われてもなんとなくわかりにくいフードの成分。
そこで、それら一つひとつの役割を辞典にして紹介。家庭にあるドッグフードの成分を再度確認してみよう。

主成分

ドッグフードの主成分となるのは炭水化物源となる穀類、タンパク源となる獣肉類、油脂類など。それらは犬のカラダを作るために中心となるもの。
市販されているドッグフードの成分表示は、含有量の多い順番に記載されているのでドッグフードを選ぶ時のご参考に!

鶏肉/牛肉

動物性タンパク質として、多くのドッグフードに使用されている。嗜好性が高く、肉食動物の犬にとって不可欠な栄養分を豊富に含む

鶏副産物/牛副産物

獣肉の皮膚、内臓、骨など、肉以外の部分を言い、タンパク源として利用される。「バイプロダクツ」とも呼ばれる

ラム肉

生後一年未満の子羊の肉。鶏や牛にアレルギーを持つ犬のタンパク源として多く用いられるますが、最近ではラムに対してアレルギーを示す犬も見られます。脂肪燃焼やコレステロール増加抑制効果があるとされている力ルニチンを含む。

家禽(かきん)

鶏や七面鳥など、人間の食用に飼育されている鳥類の総称。

家禽(かきん)レバー

家禽の肝臓部分。タンパク源やエネルギー源となる他、ビタミン、ミネラルも豊富に含まれる

家禽分離タンパク質

家禽の肉からタンパク質を抽出したもので、消化吸収に優れる。腸内の異常発酵や糞臭の抑制効果がある

カツオ節

タンパク質を主成分に、脂肪の酸化や動脈硬化を防ぐビタミンEの他、ミネラルを多く含む。脂肪分が低く、低カロリー

粗引きトウモロコシ/トウモロコシ粉

細かく砕かれたトウモロコシ。炭水化物を多く含み、主にエネルギー源として用いられる

小麦

トウモロコシと並び、エネルギー源として多く利用される穀類。「フスマ」と呼ばれる皮部には食物繊維、ミネラル、カルシウムを豊富に含む

大麦

アレルギーの原因と考えられているグルテンを含まない穀類。穀類の中では消化吸収がよく、動脈浄化作用がある

ライ麦

グルテンを含まない穀物で、白米や小麦と比べてカロリーが低い。また、繊維質が豊富なため、整腸効果が期待できる

玄米/ブラウンライス

米からもみ殻だけを取り除いたもので、ビタミン、ミネラルをバランスよく含む・食物繊維が豊富で、エネルギー源、食物繊維源となる

うるち米

玄米から種被、胚芽などを取り除いたもので、いわゆる白米。主成分はデンプンで、主にエネルギー源となる

キヌア

アンデス原産の穀物。その栄養価の高さは穀類の中でも群を抜き、白米の2倍のタンパク質、6倍の食物繊維、9倍の鉄分、6倍のカルシウムを含む。スタミナをつけ、若返り効果があるとされる

クレインソルカム/マイロ

キビの一種である大粒の穀類。アレルギー源となり得るグルテンが含まれず、アミノ酸が豊富。「マイロ」、「ミロ」とも呼ばれる

コーングルテンミール

トウモロコシから繊維質とデンブン質(コーンスターチ)を除去したもので、タンパク源となる

オーツ麦/オートミール

オーツ麦は食物繊維やビタミン、ミネラル、タンパク質などを豊富に含む穀物で、コレステロールを減らす効果があるとされる。そのもみ殻を取り除いて、蒸らしてから押しつぶし、乾燥させたものをオートミールと呼ぶ

フラックスシード亜麻仁/オイル

亜麻の種子(亜麻仁)から採れる油脂。必須脂肪酸であるオメガ3の摂取源となる

サーモンオイム

フラックスシードオイル同様、オメガ3脂肪酸の摂取源となり、免疫機構を適切に機能させる

アーモンドオイル

アーモンド刀一美から由出さ凡る由上曰。多)上茅一予防するビタミンE、コレステロールを抑制するオレイン酸を豊富に含む

ゴマ油

生のゴマや妙ったゴマの種子からとれる油脂。オメガ6、オメガ3を含み、抗酸化作用があり、免疫システムを強める。また、感染症を予防するT細胞を作る、胸腺の働きを高める作用もある

乾燥ビートパルプノ糖質除去

砂糖大根から糖分を取り除き、精製したもの。適度な発酵性を持ち、消化吸収を助ける繊維質源として用いられる。便の排泄を促進すると同時に腸内細胞にエネルギーを供給するという二つの働きを持つ

ケルプ

海草の一種で、消化吸収のよいキレート化されたミネラル、ビタミンが豊富。甲状腺ホルモンを作る上で重要となるヨウ素が多く含まれる

アガリクス

キノコ類の一種。免疫系細胞の機能を活性化し・ガン、動脈硬化、糖尿病などさまざまな病気に対する効果が高いとされる

添加物

添加物と言うと「よくないもの」というイメージを抱きがちだが実はビタミン類やミネラル類をはじめ、主成分で補えない栄養素の総称。今回は、化学的な合成添加物ではないものを紹介

トコフエロール

植物油から抽出される抗酸化剤で、保存料として使用される。大きく分けて4種類あり、αトコフエロールは一般的にビタミンEと呼ばれる

マリーゴールド/マンジュギク抽出物/ルテイン

強い抗酸化作用を持ち下を防ぐ効果がある

ローズマリー抽出物

油脂類の酸化を抑制する働きがあり、酸化防止剤として利用される

オメガ3/アルファリノレン/酸オメガ6/リノール酸

体内で合成することができず、食品から摂取しなければならない必須脂肪酸(不可欠脂肪酸)。
コレステロールを減少させる働きがある。オメガ6の過剰摂取はアレルギーや炎症の原因となるなどリスクもある

タウリン

アミノ酸の一種で、脳と網膜を構成するために必須の栄養素。脂肪の吸収を助ける他、体温の調節などさまざまな働きを持つ

トリプトファン

必須アミノ酸の一種。各種タンパク質を合成する。脳に運ばれると神経伝達物質を作る原料になる

オリゴ糖

腸管内でサルモネラ菌や大腸菌などのいわゆる悪玉菌の増殖を防ぎ、腸内環境を整え、免疫力を高める働きがある

ユッカ抽出物

ユリ科の植物・ユッカの主成分であるサポニンはアンモニア臭の軽減に役立つ。また関節炎の緩和にも効果が期待できる

緑茶

ポリフェノールの一種「カテキン」が強力な抗酸化作用を持つ。脂肪燃焼や歯垢の減少、口腔内と腸の状態の改善効果がある

クエン酸

レモンやライムなどの柑橘類や酢などに多く含まれる酸で、保存料として利用される

微量元素

動物の体を構成する成分であるミネラル類の中で、カルシウム、リン、ナトリウムなどの主要元素以外のものを指し、亜鉛、鉄、銅、マンガンなどがこれに当たる。「キレートマンガン」などより吸収性が高くなるように加工されたものもある

ビタミン類

栄養素の代謝過程に不可欠。脂肪と肝臓に貯えられる脂溶性ビタミン、毎日消失していく水溶性ビタミンの2種類がある

脂溶性ビタミン
  • ビタミンA=目の機能に重要な役割を果たす
水溶性ビタミン
  • ビタミンB群=糖質、脂質、タンパク質の代謝、食物の酸化防止、細胞呼吸やエネルギー生産に必要な栄養素
  • ビタミンC=代謝機能のために用いられ、免疫力を高める効果もある
  • 葉酸=脳の働きやエネルギー生産、赤血球細胞形成に用いられる
  • ビオチン=細胞成長や脂質・糖質・タンパク質などの代謝に関与する
  • コリン=糖質と脂質の代謝に必要
ミネラル類

カラダ全体の組織と体液の成分で、生命活動に必須となる栄養素。pHバランスや筋肉運動、神経機能の調節に必要な主要元素と、さまざまな生物科学的反応に必要な微量元素の2種類がある

主要元素
  • カルシウム=体内で最も豊富なミネラル。骨や歯の形成、筋肉収縮などに重要な役割を果たす
  • リン=カルシウムの次に豊富なミネラル。骨や歯を形成、糖質代謝、血液のpH調節などに関与している
  • マグネシウム=酵素の活性化や、心疾患を予防する働きがある
  • ナトリウム=神経の刺激、消化促進作用
  • カリウム=ナトリウムとともに、細胞内外の物質交換や水分調節を行う
  • 塩化物=胄酸を構成し、消化を促進する
  • 硫黄=すべての組織に存在する。軟骨、骨、皮膚、皮毛、シメを作る
微量元素
  • 亜鉛=最も重要な微量元素の一つで、酵素の活性化や、ビタミンB群の代謝に必要な成分
  • 鉄=赤血球のヘモグロビンの構成成分で、貧血予防効果がある
  • 銅=血液と骨の発達にかかわる酵素の生成やヘモグロビンの合成に必要
  • ヨウ素=甲状腺ホルモンの原料となり、発育促進の働きがある
  • セレン(セレニウム)=抗酸化作用があり、有害物質を中和する
  • ケイ素=骨、腱、血管、シメなどの結合組織を強化する
  • コバルト=ビタミンB恒の構成成分で、造血作用がある
  • ホロン=骨の新陳代謝促進、ビタミンDの働きを補助する