ミニチュア・ピンシャーにおすすめのドッグフード【骨と筋肉を補強】

ドーベルマンを小さくしたような凛々しい姿で人気のミニチュア・ピンシャーは、見た目どおりとても活発なワンちゃんです。攻撃的な一面もあり、初めて犬を飼う人にとってはなかなかハードルの高い犬種でもあります。

さらに、いくつかの掛かりやすい病気もあり、定期的に病院に通うことになる可能性もあります。でも、そんな病気もドッグフードに気を使うだけで発症リスクを減らすことができます。ドッグフードなんてどれも同じだと思っている飼い主さんもいるようですが、犬の健康はドッグフードの質によって決まると言っても過言ではありません。

ここではそんなミニチュア・ピンシャーのドッグフードとして、選ぶときに心がけることや、具体的にどのようなドッグフードを選ぶべきかについて、詳しくご紹介します。

ミニチュア・ピンシャーの餌に求めること

ミニチュア・ピンシャーはとても活発な犬ですので、病気とは無縁のように思えますが、遺伝的に掛かりやすい病気もあれば、その体型や体質によって掛かりやすい病気もあります。すべての病気やケガを餌で予防できるわけではありませんが、後天的な病気の多くは餌で発症を抑えることができます。

このためには、ミニチュア・ピンシャーがどのような病気に掛かりやすいかしっておく必要があります。

  • 骨折
  • 脱臼
  • ヘルニア
  • レッグペルテス病
  • 皮膚炎
  • 進行性網膜萎縮
  • 尿結石

これらがミニチュア・ピンシャーの掛かりやすい病気の代表的なものですが、レッグペルテス病と進行性網膜萎縮以外は、日頃の食事の内容を見直すことで発症リスクを下げることができます。このため、ミニチュア・ピンシャーの食事としてはこれらの病気対策を考えて与えます。

上記の病気やケガを発症させないために意識するポイントは次の3点です。

  • 骨や筋肉を強くする
  • 血行が良くする
  • 消化吸収しやすいものを選ぶ

ミニチュア・ピンシャーは元気が良すぎるあまりに、勢いよく高いところから飛び降りて骨折したり、脱臼したりすることがあります。脱臼は小型犬の宿命のようなものですが、そもそもミニチュア・ピンシャーは細身の体から分かりますように、骨がかなり細いワンちゃんです。

骨が細いのであれば、しっかりとした骨密度をもたせることと、筋肉によって骨を守って上げる必要があります。筋肉や骨は食べたものから作られますので、ミニチュア・ピンシャーの食事では肉や骨を作るのに必要な栄養成分を多く与えます。

また、皮膚炎などは皮膚の血行が悪化すると発症しやすくなります。このため、血液がサラサラになるような栄養成分や、血行が良くなるような食材を積極的に与えるようにしましょう。また、体内に老廃物が溜まりにくい消化吸収しやすいフードを選ぶことも、皮膚炎対策には有効です。

消化吸収しやすいフードを選ぶことで、尿結石のような内臓系のトラブルも回避しやすくなります。でも、どんな食材が消化吸収しやすいのか分かりませんよね。上記条件を満たすためにどのようなドッグフードを選べばいいのか、次章で具体的に説明します。

ドッグフード選びの基本となる4つのポイント

ミニチュア・ピンシャーの健康を維持するために、どのようなことを食事で意識すればいいのか説明しましたが、それだけで最適なドッグフードを選べる人はあまりいないかと思います。そこで、もう少し具体的にドッグフードを選ぶときのポイントについて説明します。

  • 良質のタンパク質をたくさん使っている
  • EPAやオメガ3脂肪酸
  • 穀物を使わないグレインフリー
  • 人工添加物を使っていない

ドッグフードを選ぶのにこんなにも考えなくてはいけないのかと思うと、ちょっと気が滅入りそうですが、要点だけきちんと抑えておけば、それほど難しいことではありません。それぞれのポイントについて、要点を分かりやすく説明します。

良質のタンパク質をたくさん使っている

骨折や脱臼の多いミニチュア・ピンシャーのドッグフードとして、最優先すべきことは良質のタンパク質を与えることです。タンパク質には植物性のものと動物性のものがありますが、犬は本来肉食ですので、選ぶのはもちろん動物性タンパク質です。

ここで大事なのは、動物性タンパク質ならなんでもいいと言うわけではないということです。私たちが普段購入するお肉でも100g100円以下のものもあれば、100g1000円以上するようなものもありますよね。これと同じで、犬のお肉にも高品質なものと低品質なものがあります。

高品質なお肉はヒューマングレードと言って人間が食べても安全なお肉ですが、低品質なお肉としては人間が食べた残りのクズ肉や死んだ動物の肉を使っています。低品質なお肉を使っているようなドッグフードは安全性に疑問が残ります。

骨折や脱臼をしにくい強い体を作りたいのであれば、原材料がはっきりとしている高品質なお肉を使ったドッグフードを選びましょう。

EPAやオメガ3脂肪酸を含んでいる

必須の栄養成分ではありませんが、血をサラサラにする効果が期待できるEPAやオメガ3脂肪酸が含まれているドッグフードが皮膚炎になりやすいミニチュア・ピンシャーにはおすすめです。血がサラサラということは、血行がよくなり体の細部にまで血液が行き渡ります。

犬も人間も細胞に栄養成分を行き渡らせるのは血液です。ドロドロの血液では皮膚の細胞にまで栄養成分を送ることができずに皮膚炎などを引き起こします。皮膚炎になる理由は他にもありますが、体内の環境を整えるという意味でも、EPAやオメガ3脂肪酸は積極的に与えたい栄養成分です。

穀物を使わないグレインフリー

市販されているドッグフードのほとんどに穀物が使われています。でも犬は肉食ですので、穀物を消化するように体ができていませんので、消化しきれなかった部分が老廃物として体内に留まってしまいます。この老廃物は栄養成分と同じように血液によって体のあちこちに送られます。

そして体にある様々な管を詰まらせてしまいます。例えば鼻涙管を詰まらせると涙やけを起こし、毛穴を詰まらせると肌荒れを起こします。このように穀物は犬にとってはほとんどメリットのない食材なのですが、ドッグフードを安く作るために必須の食材でもあります。

このため、安価なドッグフードにはほぼ100%穀物が使われていて、皮膚炎になりやすいミニチュア・ピンシャーにとっては危険なものだということを頭に入れておきましょう。ドッグフードを選ぶときは穀物を使っていないグレインフリーの商品を選んでください。

人工添加物を使っていない

安価なドッグフードに含まれている危険な原材料は穀物だけではありません。私たち人間の食べ物と同じように添加物も含まれています。私たち人間の口にする添加物と違うのは、危険性の基準がとても甘いということです。

ドッグフードによく使われている添加物のうちいくつかは、発がん性があり人間の食べ物に使うことが禁止されています。もちろん犬にとっても危険ですが、食いつきをよくしたり賞味期限を延ばしたりするために当たり前のように使われています。

すべての人工添加物が危険なわけではありませんが、本来はなくてもいいはずの原材料です。犬はそれらを消化吸収できずに、こちらも老廃物になってしまいます。安全なドッグフードを与えたいのであれば、人工添加物を使っていないドッグフードを選びましょう。

成長ステージに合わせたフードの選び方

ここまでの説明はミニチュア・ピンシャーの成犬向けのものでしたが、犬はライフステージによって最適なフードが違います。すべてのライフステージ対応のドッグフードもありますが、その種類はそれほど多くありません。

ここではミニチュア・ピンシャーの子犬と老犬に対して、それぞれどのようなドッグフードを選ぶべきかについてご紹介します。

子犬のフードを選ぶときのポイント

子犬の時期は体の土台を作る時期でもあります。骨も筋肉も日々成長していきますので、それに応じて栄養価の高いドッグフードを与える必要があります。意識するポイントはタンパク質とカルシウムなどのミネラルが豊富であること。そして高カロリーであることチェックしましょう。

子犬は成犬よりもエネルギーを消耗します。ただ内臓がまだしかりしていないのもあり、1度に食べられる量は多くありません。そうなると食事の回数を3〜4回で与えることになりますが、カロリーが不足しているすぐにお腹がすいてしまいます。

これでは強い体を作ることができませんので、ミニチュア・ピンシャーの子犬用ドッグフードを選ぶときには、高カロリー高タンパク質の商品を選んでください。もちろん、内臓に負担をかけないためにもグレインフリーを基本としましょう。

老犬のフードを選ぶときのポイント

老犬のミニチュア・ピンシャーで気をつけたいのが肥満です。高齢になると運動量が減りますが、食事の量はそれほど変わりません。そうなると消費カロリーを摂取カロリーが上回りますので、体に余計な体重が付いてしまいます。

筋肉質なミニチュア・ピンシャーに脂肪が付くとみっともないですし、何よりも椎間板ヘルニアなどのリスクが高まります。血液のめぐりも悪くなって病気にかかりやすくなるなど、肥満になっていいことはひとつもありません。

老犬になったときには、これまでよりも低カロリーなドッグフードを選びましょう。ただし、カロリー以外の栄養成分は重要です。特に体をつくるためのタンパク質はしっかり摂らなくてはいけませんので、低カロリー高タンパク質のドッグフードを与えてください。

ミニチュア・ピンシャーにおすすめのドッグフード3選

健康を維持するために、ミニチュア・ピンシャーにどのようなドッグフードを選んであげればいいのか具体的にわかっても、ドッグフードの種類が多すぎて上記の条件を満たすドッグフードを探し出すのは思った以上に大変です。

ここでは自分で最適なドッグフードを見つけられないという飼い主さんのために、市販されているドッグフードのうち、ミニチュア・ピンシャーに最適な商品を3つご紹介します。

栄養バランスに優れて食いつきのいい「モグワンドッグフード」

モグワンドッグフードはペット先進国であるイギリス産のドッグフードです。栄養バランスに優れているのはもちろんのこと、食いつきのよさにもこだわっています。
  • 動物性タンパク質50%以上(粗タンパク質28%)
  • グレインフリー
  • 着色料、香料、人工添加物不使用
  • グルコサミンとコンドロイチン配合
  • オメガ3脂肪酸:1.29%

ドッグフードが変わると急に食べなくなる犬が多いため、ドッグフードの切り替えは慎重に行わなくてはいけません。そのときに重要なのが新しいドッグフードの食いつきのよさです。モグワンドッグフードは初めてでもほとんどの犬が食べるほどの美味しいドッグフードですので、切り替えの心配はいりません。

もちろん、高タンパク質でグレインフリー。しかもEPAが多く含まれているサーモンを原材料に使っていますので、ミニチュア・ピンシャーに与える栄養成分としてはとても優秀なドッグフードです。無添加で原材料にもこだわっていますので、安全性も高く安心して与えることができます。

半額キャンペーン実施中!

お肉を多く配合した「カナガンドッグフード」

カナガンドッグフードはモグワンドッグフードと同じくペット先進国であるイギリスの作られ、英国王室のエリザベス女王から表彰されているほど人気の高いドッグフードです。
  • 従来のドッグフードよりも肉の配合比率が高め(粗タンパク質33%)
  • グレインフリー
  • 人工添加物不使用
  • オメガ3脂肪酸:0.9%

主原料にチキンを使っているため、EPAはあまり含まれておらずオメガ3脂肪酸も他の2種類と比べると少なめです。とはいえ、その他の栄養成分はしっかり含まれていますし、もちろんグレインフリーで人工添加物不使用です。

でも、それでは他のドッグフードよりは魅力が劣りますよね。でもカナガンドッグフードには他の2種類のドッグフードにはない原材料が使われています。それが尿結石予防に効果があるクランベリーです。

EPAやオメガ3脂肪酸はサプリメントなどでも補うことができます。尿結石が不安だという愛犬には、クランベリーを使用したカナガンドッグフードを選んであげましょう。

20%オフキャンペーン実施中

新鮮な原材料にこだわった「オリジンドッグフード」

徹底して原材料の鮮度にこだわって作られているのがアメリカのオリジンドッグフードです。以前はカナダで作られていましたが、現在はより良い原材料を求めてアメリカで作られています。
  • 生物学的に適正なたんぱく質レベルを実現(タンパク質38%)
  • 穀類不使用
  • 成分中15%に果物と野菜を使用
  • サーモンオイル配合(6フィッシュ)
  • 低温調理・即日調理
  • オメガ3脂肪酸:2%

※値はすべてオリジン6フィッシュ

原材料は工場に入荷したその日のうちに調理するくらい鮮度にはこだわっています。もちろん栄養バランスにも優れていて、生物学的に適正であることをコンセプトに犬に最適なドッグフードを作っています。

オリジンドッグフードにはいくつもの種類がありますが、皮膚の弱いミニチュア・ピンシャーにおすすめなのが、魚を主原料にした6フィッシュです。6種類の魚を使っていますので、EPAやオメガ3脂肪酸を多く吸収することができます。

ミニチュア・ピンシャーの皮膚炎が気になる飼い主さんに選んでもらいたいドッグフードです。