モグワンドッグフードの口コミと評価【食いつき質ともに抜群】

高級ドッグフードとして飼い主さんの間では話題になっているモグワン。
カナガン同様におすすめのドッグフードとして必ず上位に名を連ねるプレミアムドッグフードですが、良い評価と同様に悪い口コミもあります。
今回はモグワンの成分や特徴、口コミもふまえて私なりに評価してみました!
カナガンの評価と一緒に読んでもらえるとより分かりやすくなっています。

商品名モグワン
商品評価Sランク
評価の基準はこちらで説明しています。
定価4276円(税込)/1.8kg
原産国カナダ
原材料チキン&サーモン
グレインフリー
人工添加物
ヒューマングレード

モグワンドッグフードの特徴

まずはモグワンドッグフートの特徴を見ていきましょう。

人工添加物不使用

天然由来の添加物はコストもかさみますが、人工添加物の健康への影響も危惧されるため非常に良い選択です。

原材料は全てヒューマングレード

4Dミートなど人が食べれないような食材は使われておらず、新鮮な食材を使用しているため安心できます。

チキンとサーモンが53%

肉食寄りの雑食である犬には、このように質の良い動物性たんぱく源を多く使用したドッグフードをあげたいですね。

愛犬にとって消化しづらい穀物は一切使用しないグレインフリーのレシピ

とうもろこし、小麦、大豆などは安価でかさ増しができる上、アレルギーを引き起こす危険が指摘されているため、グレインフリーのドッグフードを選びたい飼い主さんにとっては嬉しいポイントです。

モグワンドッグフードの原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン
4D
穀物
危険な脂肪
危険な甘味料
危険な着色料
危険な保存料
危険な酸化防止剤
その他

気になる点

種類が1つしかない

モグワンのラインナップはチキンとサーモンを主原料とした1種類のみです。

チキンのみのカナガン同様、アレルゲンへの接触回数、頻度がアレルギーを引き起こす可能性も危惧されているため、動物性たんぱく源のローテーションを組みたい方には向きません。

サイズが1.8kgしかない

カナガンにも言えることですが、モグワンのサイトでは1.8kgのみ販売されています。

食いつきの良さを売りにしているのであれば、ドッグフードを食べずに困っている飼い主さんが試してみたいと思うのは自然なことではないでしょうか?

しかしモグワンは店頭販売されておらず、お試しサイズのラインナップもありません。

新しいドッグフードを買ってみたけれど食べなかったというのを繰り返してきた飼い主さんにとって、店頭販売もお試しサイズもないドッグフードというのはハードルが高いと感じます。

モグワンドッグフードの悪評

ドッグフードは次々に新商品が誕生して、一体どの製品が最も良いのか、愛犬が喜んで食べてくれるのかとたびたび戸惑うものです。

品質や原材料もますます高品質化が進み、今では人間の食材と同レベルの安全性(ヒューマングレード)を謳う製品も珍しくありません。

数あるドッグフードの中でも最近の話題に上がるのは「モグワン」ドッグフードです。

実はモグワンドッグフードは

・高品質で有名なカナガンドッグフードの販売元スタッフが開発した日本向け製品
・カナガンのレシピを参考にさらに改良、工夫がされてる
・ペット業界関係者の中でも高い評価を得てる
などといった特徴に加え、ヒューマングレードで安全性の高い原材料、アレルギーに配慮した動物性たんぱく質を配合し穀物は一切不使用とまさに理想的なドッグフードです。
ただ気になるのは

〇どうしてペットショップの店頭には並ばないの?
〇カナガンとの違いは何?
〇カナガンとモグワンのどっちがおすすめ?
という点ではないでしょうか。世界レベルで高品質と高い安全性と評価を得たカナガンドッグフードにあえて改良を加え誕生したモグワンドッグフードの疑問にお答えしましょう。
まずペットショップの店頭に並ばずに製造会社の通販のみでの販売というスタイルです。この理由はまさに価格です。
もし他社大手メーカーの様にペットショップの店頭に並べ販売をする場合、中間マージンが発生したり、長期間の保存、輸送という工程が生じます。当然この間の経費が製品の価格に上乗せされ、飼い主の手元に届くころには驚くほどに高額な価格設定になるでしょう。
そのため高品質な原材料を配合しつつ、家庭の負担にならない価格で提供するために製造元による直接販売とうスタイルで価格努力を行っているのです。
先駆的な役割を果たしたカナガンドッグフードはイギリスでの製造開発、欧米での販売を前提としていたので、
・パッケージ容量が大きい(800gや1kgサイズの製造がない)
・原材量の動物性たんぱく質はチキン1種のみ(ヘルシーでも嗜好性が低い、たんぱくな風味にい食べ飽きてしまいがち)
とされていました。しかし日本では欧米に比べ小型犬の飼育率が高い上に、多くの小型犬が少食、偏食という悩みを抱えています。この点を改良し日本で暮らす小型犬とその飼い主さんのニーズにこたえられるよう改良された製品がモグワンなのです。
一見同じように見える製品でも、日本で暮らす小型犬にはカナガンよりもモグワンの方が適していることがわかるでしょう。

モグワンはカナガン、アランズナチュラルドッグフードと同じイギリスのGAペットフード・パートナーズ社で製造され株式会社レティシアンが販売しているドッグフードです。

カナガンなどとの大きな違いは株式会社レティシアンが輸入しているだけでなく、開発もしたという点です。

良い特徴

口コミ

良い口コミ

・カナガンは匂いがキツい。モグワンはお魚も入っているのでいい匂いでした。
・今までのフードで1番食い付き良かった。
・モグワンを選び食いしている模様。嗜好性は良さそう。
・モグワンに変えてみた。食いつきは良い。
・モグワンの方が食いつきがいいです!匂いも美味しそうな匂いでなかなかいい気がします!
・そんなに美味しいの?ってくらいモグワンにがっついてて笑ってる。
・犬にとって余分なモノが添加されていないのが最大のポイントです。さすがです。
・正直ドッグフードでこんなに変わるものかとびっくりしました。

悪い口コミ

・モグワン届いたけどやっぱり食いつきわるし。
・モグワンっていうフード、口コミもよかったし、安心な材料使ってたので買ってみたんですけど食べてくれません。
・まっず。何これ、モグワン手料理?
・カナガンとモグワン食べさせてたけど、全然食べてくれない。
・モグワンのサンプル少しを今日の夕飯に混ぜてみたんだけど、あれにおいがけっこうきついごはんだった。
・モグワンのサンプルあげたけど、まずいらしい。
・原材料が良いフードだとしてもこんな売り方をする時点で良いフードにはなれないよ…。
・モグワンは匂いが嫌なのか今のフードと混ぜてごまかし食べました。
・(他社フードと比較して)モグワンの方がよっぽど匂いますねー。
・期待したが全く受け付けず食べなかった。
・全く食べません!試しに知り合いの犬にあげても食べない!
・今までのいろいろなドッグフード食べないので、すがる思いで購入。しかし食べない!一番食べない。いくら体に良くても食べなければ意味がない。
・食いつきはとても良く残しません。ですが、モグワンに変えてからとてつもなく便が臭い!とにかく便と体臭がきつくなりました…。