妊娠中や授乳中の母犬におすすめのドッグフードと選び方

元気な子犬を産んで育てていくには、母親となる親犬が健康な状態にあることと、十分な栄養を摂ることが求められます。ただ、これまで妊娠を経験したことのない飼い主さんの場合は、どれくらいの量のドッグフードを与えればいいのかすら分からないですよね。

量もそうですが、妊娠しているときや授乳をしている期間中にはその状態に適したドッグフードを与えてあげなくてはいけません。ここではそんな、妊娠中や授乳中の母犬におすすめのドッグフードとその選び方についてご紹介します。

妊娠期に食べる餌の効果的な栄養素とその働き

妊娠期に栄養が不足して、おなかの子が育たないというケースはほとんどありません。全く食事を受け付けないというのであれば対応が必要ですが、基本的に栄養不足の心配は不要です。
妊娠期はビタミンやミネラルなど、バランスよくいろいろな栄養素を摂取することが重要です。愛犬の食事を手作り食にしている場合は、肉や魚など愛犬の好物に偏ることなく、野菜や海藻類も積極的に手取り入れてください。

さらに後半の体重増加に伴い、たんぱく質やカルシウムの豊富な食べ物をいつもより、ひとかたまり分くらい多めにしてあげるといいでしょう。

たんぱく質は体の主成分として不可欠な栄養素で、骨や血液や筋肉を作り出すもとになります。カルシウムは骨や歯の成分としてよく知られていますが、それだけでなく細胞分裂や血液の凝固、ホルモン分泌など、生理機能の調整に広く関わり、妊娠中には特に多く消費されます。

ただし、十分に栄養をあげなければと心配するあまり、脂肪太りになるまで食べさせないようにしてください。太り過ぎの雌犬は妊娠中に問題を起こしやすく、難産になりやすい傾向があります。

授乳中も、たくさんの栄養を必要とします。中でも、たんぱく質とカルシウムなどのミネラル類は十分に摂らせたい栄養成分です。不足した場合、母犬が母乳にカルシウムを吸い取られ、てんかんとよく似たけいれん症状が出るケースもあります。

母犬がどんどんやせ細ってしまうようなときは、子犬用のミルクを母犬に飲ませて栄養補給する方法をとってもいいでしょう。

MEMO
何歳で産ませるべきか、年に何回も産ませていいのかと、出産についてはいろいろな説があり、迷っている飼い主さんも多いことかと思います。出産の適齢としては、体がしっかりとできた後、2歳過ぎくらいからがいいでしょう。
もちろん、この年齢は目安で、その犬の体力がどの程度あるかで変わってきます。また、母体への負担を考えると、次の出産までは最低1年の間隔をおきたいものです。

妊娠・授乳中の母犬のためのドッグフード選びの注意点

  • フードは高カロリーで消化のいいものを選ぶ。
  • 妊娠5週目からフードの量を徐々に増やす。
  • 授乳期はカルシウムとリンをバランスよく摂る。
  • 離乳期に合わせて、食事量を徐々に減らす。

人間の妊婦さんにも、よく「あなた一人の体じゃないんだから、2人分しっかり食べなきゃだめよ」なんて、エール(?)を送りますよね。妊娠中の犬だって同じです。それどころか、犬の場合は、お腹の中に小型犬なら1~3匹、大型犬なら5匹以上を抱えていることも珍しくありません。

その分、栄養もしっかりとらなければいけないので、妊娠5週目ごろからは栄養価の高い妊娠授乳期用のフードに切り替えます。

妊娠した母犬の食事の増やし方

通常、犬の胎児は妊娠5週目ごろから急速に成長し、8週目にピークを迎えます。5週目ごろから毎週15%の割合で量を増やし、妊娠第9週目に60%増くらいになるようにしてください。

第5週15%増(115%)
第6週30%増(130%)
第7週45%増(145%)
第8週60%増(160%)
第9週60%増(160%)

ただし、出産直前の7~10日間は食欲が落ちることもあります。

この値はあくまでも目安であり、飼い主さんは毎日、何日目と数える必要もありません。量が足りなければ、必ず犬の方から要求してくるので容易にわかるはずです。食べる量がこれくらいまで増えるのだと頭に入れておくだけで十分です。

食事の回数

この時期は1日に何回も食事を要求するものです。体型の変化をチエックしながら、太り過ぎない程度に与えてください。また、出産直前期になって一時的に食欲が落ちたときは量を少なめにして回数を増やせば食べてくれます。

適切な運動も忘れずに

自然界では妊娠していても普通に生活しているのですから、散歩を控える必要は全くありません。むしろ、適度な運動をすることで全身の血行がよくなり、良好な出産のためにも有益です。ただし無理は禁物です。ゆっくりとしたペースで歩き、気性の荒い他の犬と鉢合わせしそうな時間は避けるようにしましょう。

気をつけたいこと

人間と同様に、母犬にはストレスがたまるものです。飼い主さんは心配のあまり、覗き込んだり、やたらに触ったりしがちですが、かえってストレスになる場合も。子犬にまで悪影響が出る可能性もあるので、できるだけ放っておいてあげましょう

あとは、妊娠によって体調が変わり、急に薄毛になるなど、変化が表れる場合があります。そこで驚いて、あわてないようにしてください。出産・授乳が済めば、状態はたいてい落ち着いてきます。いろいろな変化が起こりうると心構えをしておきましょう。

妊娠・授乳中の母犬のためのドッグフードの選び方

出産後の授乳期には、生まれてくる子犬の頭数によっても異なりますが、母犬は母乳を与えるため、維持期の2倍以上のエネルギー量が必要になってきます。また授乳期には、母乳を出すため、大量のカルシウムが消費されるので、血中のカルシウムが欠乏し、「子痛(全身けいれん)」を起こすことがあります。

しかし、カルシウムだけを補給するとかえってひどくなる場合があるので、予防するには、カルシウムとリンのバランスのとれた食事が必要です。

健康な子犬を出産し育てていくためには、この時期の母犬の食事管理がとても大切。妊娠・授乳期用に調整された、高カロリーで消化率の高いフードを利用するのもよいでしょう。成長期の子犬用と一緒になっているフードもあります。

子犬の成長とともに、母親のエネルギー量を少しずつ減らしていき、離乳するころには、通常の成犬と同じくらいのカロリー量に戻るよう調整してあげましょう。

妊娠中の犬や授乳中の母犬におすすめしたいドッグフード

妊娠中のドッグフードは、お母さん犬だけでなく胎児の健康にも直接関わるので、あまり人工的な成分を使っていない、良質なものを選びたいですよね。ここでは市販されているドッグフードのうち、とくにおすすめの商品を2つご紹介します。

自然素材を使用し栄養バランスに優れた「ニュートロシュプレモ」

犬の健康を追究したブレンドフード
ニュートロシュプレモは、最近増えてきたグレインフリーではなく穀物も使用しています。ただし、コーンや小麦のようなかさ増しのための穀物を使っているのではなく、栄養価を上げるために全粒穀物を使用していますので、妊娠中や授乳中の母犬の栄養補給に適しています。
自然由来の酸化防止剤を使用するなど、危険な人工添加物は排除していますので、安全性の高さもニュートロシュプレモの魅力のひとつです。食べたものがそのまま母犬と子犬の体を作りますので、妊娠中や授乳中には安全性にこだわったニュートロシュプレモがおすすめです。
  • タンパク質26%以上
  • 厳選した自然素材を使用
  • 副産物ミールやコーン、小麦不使用
  • 自然由来の酸化防止剤を使用

モグワン

ニュートロシュプレモとの違いはグレインフリーであることです。穀物に関しては徹底的に避けたいという飼い主さんもいると思います。その場合は、ニュートロシュプレモよりもモグワンをおすすめします。
モグワンは食の安全はもちろんのこと、とにかく食いつきがよく、出産直前に食欲が落ちるのを防ぐことが出来ます。安全性の高い原材料を使っていますので、妊娠中や授乳中以外でもおすすめしたいドッグフードです。
半額キャンペーン実施中!

サイエンスダイエットPRO(プロ) 妊娠犬用/授乳期犬用

エンスダイエットPRO(プロ)は着色料に酸化鉄が使われていますが、酸化鉄自体は、食べても犬の体に毒性はないものなので安心です。
このサイエンスダイエットPRO(プロ)は犬の健康と安全に比重を置いて製造しているため、飼い主にとっては見た目とにおいがおいしくなさそうに感じられまが、人間目線でおいしそうに見せるよりも、犬の体を考えたフードづくりに、メーカーのこだわりがうかがえます。

サイエンスダイエットPRO(プロ)の評判は以下の記事で解説しています。

【ヒルズサイエンスダイエットプロの評判】人気・実績とも安心クオリティー