涙やけは、白や薄い毛色の犬だけに起きる現象ではありません。黒や茶など濃い毛色の犬が涙やけを起こしていても、地の毛色が濃いおかげで目立っていないだけなのです。

しかし、目立たないなら気にしなくてもいいのかといえば、そんなことはありません。涙やけは単に目の周囲が赤茶けてしまっているだけではなく、内蔵機能そのものが低下している可能性があるからです。

犬の涙やけが起きる仕組みとは?

涙やけは「流涙症(りゅうるいしょう)」という名前からもわかるように、涙が出続ける状態のことをいいます。通常であれば涙は目の内側の小さな穴(涙点)から涙小管を通って鼻内へ流出されることになっています。

ところがこの排出部分が詰まってしまうと、涙があふれて眼球の外側へと流れ出し、目頭から鼻にかけて生えている毛に付着していきます。涙がただの水であれば、単に目の周囲が濡れるだけで済むのですが、涙には微量のタンパク質が含まれています。そのため付着した涙に雑菌やバクテリアが繁殖することで目ヤニがひどくなり、茶褐色に染まってしまうのです。

犬の涙やけを起こすそもそもの原因

涙やけを起こす原因として、考えられることは次の3つです。

1.まつ毛の向きや眼球になんらかの問題がある

さかさまつ毛が眼球を必要以上に刺激し続けていたり、眼病が原因で通常より多量の涙が流れてしまうことがあります。こういったケースは外科的な処置や投薬などによって改善することができますので、早めにかかりつけの動物病院に相談することが大切です。

2.もともとの涙管が細くて詰まりやすい

ただでさえ細い涙管ですが、さらに極細に生まれついている場合はどうしても詰まりやすくなります。この場合は動物病院で定期的に涙管の通りをよくする処置を受けるなどして、とにかく詰まりにくくするためのケアを続けていく必要があります。

3.涙の成分が原因で詰まりやすい

本来は涙管から鼻へ流れるはずの涙ですが、涙がサラサラではなくドロドロの場合、どうしても詰まりやすくなります。涙の成分は常に一定というわけではなく、体調や食べるものによって変化しています。そのため、食べ物を変えないと涙の質そのものが改善されず、いつまでたっても涙やけが続くことになります。

さかさまつ毛になっている毛穴を切除したり、涙管の通りを良くするための外科的処置は、獣医師に託すしかありません。しかし、食べ物によって愛犬の涙の質を改善することは、飼い主さんにしかできないことなのです。

犬の目ヤニが出る原因と予防策

寝起きで少々目ヤニがついている程度であれば問題はないが、拭いても拭いても目ヤニが出てきたり、目が充血している場合、角膜や結膜に炎症を起こしている恐れがある。その状態で犬がかゆがるそぶりを見せるのであれば、すぐにでも動物病院へ連れていくべき。

ただ、目ヤニをはじめ、涙の量、瞳や結膜の色などは、同じ犬種で比べても個体差がある。あつかんべぇをして、その犬の普段の状態を認識しておこう。

予防は、コマメなケアをするしかない。気になるたびに目ヤニを取るとか、スーツとする成分が含まれないものなら、人間用の目薬を使ってもいい。

ドッグフードのなにが涙やけの原因になっているのか?

涙の質は、涙に含まれるタンパク質の良し悪しと、不純物の量に影響されています。そこで、ドッグフードやおやつなど、普段から愛犬が食べているものについて、総合的に考えてみてください。

不純物となりやすい人工の添加物が使われている

石油などを原料として化学的に合成された人工の添加物は、体にとって本来は異物です。そのため不純物となって涙の成分に混ざってしまうと、涙の質を低下させて詰まりやすくしてしまいます。

動物性タンパク質の量と質に問題がある

質の悪いドッグフードの多くには、動物性タンパク質が不足しています。フードのかさ増しを目的として穀物が多く含まれている場合、ただでさえまともな動物性タンパク質が足りないうえに、穀物が犬の胃腸に負担をかけてしまいます。また、原材料に使われている肉類の品質が粗悪な場合、質の悪いタンパク質が涙に含まれると、ねばついて詰まりやすくなります。

植物性タンパク質の量が多すぎる

総合的なタンパク質の量が多くても、その割合に植物性タンパク質が多すぎる場合は要注意です。

動物性と植物性では必須アミノ酸のバランスが違うため、同じタンパク質でも中身が違うのです。本来が肉食獣寄りの内臓を持つ犬にとって重要なのは動物性タンパク質。いくら植物性タンパク質の割合が多く含まれていても、犬にとって理想的なタンパク質ではないため、涙をねばつかせる原因になります。

必定以上に動物性タンパク質を摂取している

犬にとって最も重要な栄養素は動物性タンパク質ですが、多ければ多いほどいいというものではありません。ドッグフードの栄養が理想的なバランスで配合されているのに、ジャーキーなどの偏った栄養バランスの食品を食べさせ過ぎていると、タンパク質が過剰になっている可能性があります。その結果、涙に含まれるタンパク質に影響を与えてしまい、詰まりの原因となる可能性があるのです。

涙やけや目やにを改善するドッグフードとは?

犬が家族の一員となり、同じ生活空間にいることが当たり前となりました。しかし、人間と犬とでは体のつくりが根本的に違うのです。

犬にとって必要なのは高品質な動物性タンパク質が多く含まれ、消化を苦手としている穀物の割合が少なく、さらには人工の添加物が使われていないドッグフードです。そういう質の高い食事を続けることで体質そのものが改善され、その結果涙の質が向上すれば、おのずと涙やけは改善されていくのではないでしょうか。