【犬の涙やけの原因とケア方法】改善効果があるドッグフードも紹介

トイ・プードルやポメラニアンのような鼻の短い小型犬を飼っている飼い主さんの悩みのひとつが涙やけのケアではないでしょうか。市販されている対策アイテムを試してもほとんど効果ないどころか、むしろ涙やけが悪化して困っている人も多いかと思います。

ここではそんな涙やけについて、その原因について分かりやすく説明し、根本的な改善を目指すために、どのようなケアをすればいいのかについてご紹介します。

犬特有の涙やけとは

犬の涙やけは、涙によって目の周りの毛が変色している状態のことを言います。
涙やけは流涙症とも呼ばれますが、正確には流涙症の症状のひとつが涙やけです。
流涙症によって涙が止まらなくなった結果、目の周りの毛が変色して涙やけの状態になります。

人間は悲しいときなどに涙を流しますが、犬が泣くのは悲しいからではありません。犬が涙を流す理由としては次のような理由が挙げられます。

  • 目の乾燥を防ぐため
  • 目に入ったゴミを洗い流すため
  • 酸素や栄養成分を目に届ける
  • 目に入ってきたウイルスの殺菌
適切に機能しているときには、必要な量の涙が供給されます。ところが、何らかの理由によって涙が過剰に供給されることがあります。

涙は弱アルカリ性ですので、溢れ出て被毛に付着すると脱色させてしまいます。
脱色しただけでは涙やけの状態にはなりませんが、そこに涙の成分が付着することで、細菌が繁殖しやすい環境となり赤茶色に変色するというわけです。

犬の涙やけが発生する理由

犬に涙やけが出来てしまうメカニズムは理解できたかと思いますが、そもそもなぜ犬の涙が止まらなくなってしまうのでしょう?

  • 花粉やハウスダストへのアレルギー反応
  • 鼻涙管が詰まっている
  • 水分が不足している
  • 目にトラブルが発生している
  • 食べ物による影響
犬の涙が止まらなくなる理由はいくつもありますが、一般的なものがこの5点です。なぜ涙が止まらなくなるのか、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

花粉やハウスダストへのアレルギー反応

私たち人間と同じように、犬も花粉やハウスダストに対して反応することがあります。犬が花粉症になると、体が痒くなったり、目が充血したりします。犬によっては涙が止まらなくなるということもあります。
花粉のシーズンにだけ涙が止まらないのであれば、花粉症の可能性があります。ハウスダストの場合は、家をリフォームした直後などに症状が出ます。涙目だけでなく、皮膚が赤くなっていたり、しきりに掻く仕草を見せたりするようなら、花粉症を疑ってください。

涙管や鼻涙管が詰まっている

涙が目に浮かんでも、そのままにしておくといつの間にか涙は消えてなくなりますよね。これは乾燥してなくなっているわけではなく、涙管と鼻涙管を通じて喉へと流れていくためです。この涙管や鼻涙管が何らかの理由で詰まってしまうことがあります。

涙は目にうるおいを与えるため、常に分泌されています。涙管や鼻涙管が詰まっていると、行き場を失った涙がこぼれ落ちて、涙やけになるというわけです。トイ・プードルのように、生まれつき涙管が細い犬種によく見られる原因のひとつです。

水分が不足している

体内の水分が不足しているときにも、涙やけが症状として現れます。涙が止まらないのだから水分が多すぎるのではないかと思われがちですが、実際には水分が足りていないことが原因で、涙が止まらなくなってしまいます。

犬は体内の老廃物をおしっこや汗、涙などから排出します。体内の水分が不足すると、排出する水分中の老廃物濃度が上がってしまいます。その結果、サラサラなはずの涙がドロドロになり、涙管をつまらせます。涙管が詰まると涙が止まらなくなる理由は、すでに説明した通りです。

【犬に飲ませる水】ミネラルウォーター・水道水・ペット専用水どれが良い?

目にトラブルが発生している

目に緑内障や結膜炎などの病気があるばあいも、涙の量が増えることがあります。これらの病気は、老廃物が大量に分泌されるという特徴があり、その老廃物を流すために涙が大量に流れるというわけです。

涙の量が増えるだけでなく、老廃物が目ヤニとして溜まってしまい、そこに細菌が繁殖をして涙やけと同じ状態になります。涙やけだけでなく、目ヤニが多く出ていると感じたときには、目の病気を疑いましょう。

食べ物による影響

ドッグフードが涙やけの原因となることもあります。市販されているドッグフードの多くに、添加物が入っています。腐食防止材などの添加物を加えることで、長持ちさせる効果があるのですが、その一方で、犬の体内に老廃物として溜まっていきます。

添加物だけでなく、消化の悪い原材料も老廃物になるわけですが、それらの一部が涙として排出されます。老廃物の濃度が上がった涙が涙管を詰まらせてしまい涙やけになるのは、すでに説明した通りです。

添加物入りドッグフードが犬に与える影響と危険な原材料

犬の涙やけを放置するとどうなる?

涙やけの見た目はよくありませんが、犬にしてみれば痛みがあるわけではありませんし、それによって直接的に元気がなくなるというわけでもありません。とはいえ、細菌が繁殖している状態ですので、放置するのも良くないように思えますよね。

それでは、犬の涙やけを放置するとどのような状態になってしまうのでしょう?放置しても健康に問題はないのでしょうか。それとも重大なトラブルを引き起こしてしまうのでしょうか。

そのままにしておくと皮膚炎になる

涙やけになるのは細菌の繁殖が原因ですので、そのまま放置すると被毛だけでなく皮膚にまで繁殖が広がってしまいます。その結果、湿疹などの症状が発生し、さらに進行すると皮膚炎になってしまいます。

皮膚炎は痒みを伴いますので、犬は常にストレスにさらされることになります。ストレスが犬にとってマイナスなのは言うまでもありません。

原因となった病気を悪化させる可能性がある

涙やけは体からのSOS信号です。そのまま放置すると皮膚炎などを引き起こすだけでなく、その根本的な原因となった病気を悪化させる可能性があります。緑内障が涙やけの原因だったとすると、放置することで失明することもあります。

SOS信号を出している原因をきちんと把握して、それに対するケアをすることが重要です。なぜ涙やけになったかをはっきりさせて、根本の部分から治すようにしましょう。

飼い主ができるケア方法

犬に涙やけが見られたら、できるだけ早く動物病院に連れて行くようにしましょう。まず大事なのは、涙やけの原因をはっきりさせることです。最近はインターネット上にたくさんの涙やけ対策の情報が掲載されていますが、その対策をするにしても原因がわからないことには意味がありません。

目の病気が原因なのに、必要以上に水をたくさん飲ませてもあまり効果は期待できません。原因さえ分かってしまえば、自宅でどのようなケアをすればいいのかも見えてきます。まずは動物病院で診てもらうようにしてください。

そのうえで、飼い主ができる涙やけのケア方法について説明します。

適切な水分量を計算して与える

病気が原因でない場合は、涙管や鼻涙管が詰まっている可能性が考えられます。詰まる原因は水分中の老廃物濃度が高いためだと説明しましたが、だったら濃度が下がるように水をたくさん飲ませれば、涙がきちんと排出されるはずです。

【犬に飲ませる水】ミネラルウォーター・水道水・ペット専用水どれが良い?

ただし水を飲ませすぎると、今度は体内のナトリウム濃度が下がってしまい、水中毒になってしまいます。過ぎたるは及ばざるがごとしと言いますが、大事なのは適量の水を与えるということです。

環境庁が発行しているパンフレット「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」によりますと、犬が1日に必要とする水分量は次のようになります。

2kg3kg4kg5kg6kg
190ml260ml320ml370ml430ml
7kg8kg9kg10kg15kg
480ml530ml580ml630ml850ml
15kg20kg25kg30kg35kg
850ml1060ml1250ml1440ml1610ml
参考 飼い主のためのペットフード・ガイドライン環境省

気温や湿度、運動量によっても変わってきますが、少なくともこれだけの水分は毎日摂らせるようにしましょう。水をあまり飲んでくれないという場合には、ドライフードを水でふやかして与えるなど工夫をして与えるようにしましょう。

ドッグフードをふやかす方法と保存の仕方

毎日きちんと散歩させる

散歩中でしかおしっこをしてくれない。そういう犬の場合は毎日の散歩がとても重要です。散歩をしないとおしっこが出ませんので、老廃物は汗か涙から排出することになります。本来おしっことして出されるはずだった老廃物が涙に含まれますので、涙管や鼻涙管を詰まらせる可能性があります。

しつけとして室内でおしっこをさせるようにするのも大切ですが、習慣化している場合はやはり散歩は大切です。梅雨時期などに、雨に濡れるからといって散歩をしない日が続くと、犬は何日もおしっこができなくなることもあります。

そうならないためにも、基本的には毎日きちんと散歩してあげてください。それと同時に、室内でのトイレトレーニングも行ってください。

安全性の高いフードに切り替える

老廃物が涙やけを誘発すると考えると、体の中に老廃物となるものをできるだけ取り込まなければ、涙やけの発生を防ぐことができます。そのためには、体がきちんと吸収できる素材で作られたフードに切り替えてみましょう。

ドッグフードなんてどれも同じだと思っている人も多いようですが、原材料を比べると違いは一目瞭然です。ペットショップなどで激安価格で売られているドッグフードは、添加物や着色料が含まれているだけでなく、「ミートミール」といったよく分からないものまで使われています。

一見すると肉のように思えますが、実は人間が食用にしない部分のクズ肉がこれに該当します。すべてのミートミールがそのようなものではないのですが、激安のドッグフードに含まれるミートミールは漏れなく粗悪なお肉を使っています。

そのようなドッグフードは小麦やとうもろこしといった、消化の悪い原材料も使っていますので、犬が消化不良を起こしてしまいます。その結果、排泄がうまくできなくなり、体内に老廃物が溜まってしまうというわけです。

安心安全なドッグフードの選び方とパッケージ表記のカラクリ

涙やけを改善するための理想の食事は手作りフードです。とはいえ、実際に手作りフードを与えるのは手間も時間もかかりますよね。毎回手作りする余裕のある飼い主さんは、おそらくそれほど多くありません。

そうなると、やはり市販品のドッグフードに頼ることになります。ただ、どのドッグフードを選んでいいのか判断できないという人もいますよね。そういう人は次のポイントを意識してドッグフードを選びましょう。

  • 国産
  • 無添加
  • 無着色
基本的にはこの3点の記載のあるものを購入してください。もちろん海外製品でも優れたドッグフードがありますが、ある程度知識のある人でないとどれが安全なのかは判断できません。無添加無着色のフードを選べば、涙やけのリスクは小さくなります。

そのようなドッグフードは値段が高めですが、それで涙やけをケアできるなら医療費を減らせますので、トータル費用は抑えられます。健康な体を維持するためにも、ドッグフードにはある程度お金を掛けるようにしましょう。

犬の涙やけにおすすめのドッグフード

【獣医師監修】Drケアワンで犬の涙やけ対策をしよう

食事によっても涙やけのケアができるのが分かっても、具体的にどのフードを選ぶかというところで迷ってしまう人のために、涙やけケアに特化したドッグフード「Drケアワン」をご紹介します。

Drケアワンは国産無添加のドッグフードで、もちろん着色料も使用していません。動物栄養学博士やペット栄養管理士、獣医師などの監修によって作られていますので栄養バランスがよく、何よりもまず安全であることが重視されています。

メインの原材料となる鶏肉には、脂質の少ない鹿児島産の若鶏を使用しており、さらには犬の足腰を守るためのグルコサミンやコンドロイチン、アンチエイジング効果が期待できるアントシアニンやポリフェノールなどの抗酸化成分も含まれています。

ただ、ひとつだけ気をつけたいのが玄米や大麦を配合しているということです。

犬に穀物を食べさせることに関しては、賛否が別れています。そもそも肉食の犬ですから、穀物を与え続けると体への負担が大きくなると言われています。

もし穀物使用が気になるようでしたら、涙やけをケアするための一時的な療養食と考えて利用しましょう。涙やけが改善されたら、穀物を使っていない食事に切り替えましょう。

ただし、以前のフードには戻さないようにしてください。せっかく治った涙やけも安全性の低いフードに戻すとまた再発してしまいます。長く使うことのできる、国産・無添加・無着色・穀物不使用のドッグフードを選んで、犬の健康を守ってあげましょう。