アレルギー対策のおすすめのドッグフード

かゆみや湿疹以外にも嘔吐や下痢など消化器系にも症状を出すアレルギーは、いつどのタイミングで起こるかわからない皮膚疾患なので、できる限りアレルゲンをカットし症状が出ないようにコントロールする必要があります。

しかし、犬は自分でアレルゲンをカットすることができないため、飼い主がしっかりと原因を把握しアレルギーに対処しなければならないのです。

■アレルギーとは?
炎症やかゆみが起こると「もしかしてアレルギー?」と心配することがあると思いますが、そもそもアレルギーとは何なのかご存知ですか?アレルギーとは何なのかがわかっていないと正しい対処をすることができないため、まずはアレルギーに対して知ることが大事です。

では、そんなアレルギーとは何なのか簡単に説明すると、『体の中の免疫システムが過剰に反応して体に炎症反応を起こした状態』のことを言います。人間も犬も体の中には、細菌やウイルスといった体に害をもたらす侵入者に対して攻撃をする、免疫システムというものがあります。

そして、免疫システムが侵入者を排除することを免疫反応というのですが、本来この免疫反応のおかげで侵入者が入ってきても元気でいることができます。しかし、この免疫反応が過剰になると本当は害でもなんでもないようなものにまで、「これは危ない!攻撃だ!」となってしまい、その過剰な反応がアレルギー症状として出てきてしまうのです。

■アレルギーの原因と種類
では、なぜアレルギーを起こしてしまうのかというと、原因はタンパク質とアレルゲンに対する反応にあります。そして、一口にアレルギーといってもアレルギーの種類もいろいろあり、その種類によって対処法も異なるため、まずは愛犬の症状の原因が何に対してなのかを突き止めることが大事です。

・食物アレルギー性皮膚炎
特定のタンパク質に対してアレルギー反応を起こすもので、そのアレルゲンとなるタンパク質はさまざまです。対策としてアレルゲンの可能性のあるタンパク質の摂取を控え、アレルギー反応を起こしにくい食事に切り替えることで症状を改善・予防することができます。

・アトピー性皮膚炎
皮膚のバリア機能の低下によって、ダニ・花粉・ハウスダスト・化学製品などのアレルゲンが皮膚から体内に侵入しやすくなり炎症を起こします。対策として皮膚のバリア機能を高めることと、アレルゲンを可能な限り排除することでアレルギーを起こしにくくします。

・ノミアレルギー性皮膚炎
ノミが血を吸ったときに付着する、ノミの唾液のタンパク質に反応してアレルギーを起こします。ノミの駆除・予防を怠らなければ完全に防ぐことができます。

■アレルギーを起こさないようにするためには?
アレルギーにもいろんな種類がありますが、アレルギーはアレルゲンに対する過剰な免疫反応なので、どのアレルギーであってもアレルゲンが体内に侵入しないようにすることでアレルギーを起こさないようにできます。

・アレルゲンをカット
食物性アレルギーであればアレルゲンとなる可能性の高いタンパク質をカットします。アトピー性皮膚炎であれば、こまめな掃除と定期的なシャンプーで生活環境・皮膚環境を共に清潔にし、アレルゲンの侵入を可能な限り防ぎます。

・バリア機能のアップ
バリア機能が低下することでアレルゲンが体内に侵入しやすくなり、その結果アレルギー反応を起こします。また、バリア機能の低下は敏感肌にもなりちょっとした刺激でも炎症を起こしてしまうため、皮膚の健康のためにも防御力を上げることは大切です。

・免疫力のアップ
アレルゲンをカットしてバリア機能を上げたとしても、免疫力自体が低下しているとアレルギー症状を起こしてしまうことがあります。免疫力を高めてアレルギーの起こりにくい体質にしてあげます。

■アレルギーに強くなるには食事管理が大切
アレルゲンのカットをしたうえでアレルギーに強い体作りをすることができれば、アレルギー症状の抑制や改善につながります。そのために重要となるのが毎日の食事、つまりドッグフードです。

ドッグフードに使われている原料や配合がどんなものかによって作られる細胞の質が左右され、質が悪ければ体の免疫力も弱く皮膚のバリア機能も低い体になってしまいます。また、原料となっているタンパク質がアレルギー反応を起こしやすいものだと、体の外側の防御力をあげたとしても内側で反応をしてしまうため、アレルギーを起こしにくいタンパク質を使用しているドッグフードを与えることで、アレルギー症状を抑えることも可能です。

■タンパク質の分解を助けることも効果的
食物アレルギー性皮膚炎は、分解できなかったタンパク質を異物とみなすことで免疫システムが働きアレルギー反応を起こします。だからこそアレルギー反応を起こさないようにするために、アレルゲンとなる可能性のあるタンパク質をカットすることが推奨されるのですが、タンパク質がしっかり分解されて免疫システムに引っかからないようにできればそれでも問題はありません。

しかし、食物アレルギー性皮膚炎を患っている子はそれができず、その結果免疫システムに引っかかってしまいアレルギー反応を起こしてしまうため、食事によって分解を助けてくれるものや、もとからタンパク質を細かく分解して消化吸収をスムーズにしてくれるドッグフードもあるため、そうしたものを選んであげるのも効果的です。

こうしたドッグフードであれば、アレルギーを起こしにくいとされているドッグフードでも大きな効果が見られなかったという子でも、症状を改善できる可能性が高くなります。

■人工添加物が大量に使われているドッグフードはNG
人工添加物のなかには免疫力の低下を引き起こし健康に害をもたらすものもあるため、免疫力を上げてアレルギーに強い体作りをしようと思っているのであれば選ぶべきではありません。

特にペットショップなどで売られているようなドッグフードは添加物がたくさん使われているだけでなく、原料についても良質なものを使っているか疑問です。その証拠に原料が記載されているところを見ると、○○類といった記載はされていても明確に何の原料を使っているのかの記載がないのです。

本当に質の良い原料を使っているのであれば○○類ではなく、ラム肉・りんご・サーモンといったように、明確な原料名が記載されているはずです。そして、そうした原料を使っているドッグフードは人工添加物を使わなくても香と旨みが凝縮されているため、ほとんどの子がおいしく食べてくれます。

■アレルギー対策におすすめのドッグフード
無添加でアレルギー対策ができる良質なドッグフードなら、BIGWOODのアレルギー療法食がおすすめです。BIGWOODは限りなくオーガニックに近い原料を使用した国産無添加の療法食となっているため、体にいいものだけをしっかり取り入れることができます。

しかし、アレルギーというとタンパク質を小さく分解したり免疫力やバリア機能を高めるためにも、少し特別なことをしなくてはいけないイメージがありますが、完全無添加でそれが可能なのか気になりますよね。

それを可能にしているのがハーブの力なんです。ハーブにはリラックス効果や虫よけの効果など、自然の力でさまざまな効果を持っていることで知られていますが、BIGWOODのアレルギー療法食には免疫力のアップはもちろん、環境汚染や食品添加物からも体を守ってくれる効果があるハーブが使われているため、無添加でありながらアレルギーに強い体作りを可能にしています。

また、他にもビタミン・ミネラル・アミノ酸の配合でさらに免疫をサポートし、オメガ3脂肪酸やEPA・DHAをバランス良く配合することで皮膚のバリア機能を高めて、健やかな皮膚へと導いてくれます。

このように、BIGWOODなら安心・安全なアレルギー対策の療法食として最適なドッグフードになっているので、本当に体にいいものだけを取り入れてアレルギーに強い体を作ってあげたい飼い主さんにおすすめです。