ここでは、人の食べ物でありながら、犬にとっては望ましくない食べ物を解説します。犬は人と同じ哺乳類ですが、体の消化吸収のシステムは細部が違います。体内の代謝は意外に融通が利きません。人ならふつうに分解できるものが、犬にとっては有毒物質であることが多々あります。そして分解されない有害物質が体内をめぐってしまい、致命的なダメージをもたらすことがあるのです。

犬が食べてはいけないもの一覧

ここでは、日々の診察でよく遭遇することがあり、かつあぶない食べ物をいくつか紹介しましょう。なお、万が一、以下に解説するものを食べてしまった場合、まだ胃の中にあるならば基本的に吐かせます。とにかく気がついた時点で、すぐにかかりつけの獣医に連絡を取って指示に従うことが重要です。

ネギ類

ニラやニンニクも含むネギ類は「アリルプロピルジスルフィド」という成分が含まれています。

人には問題ないのですが、犬がアリルプロピルジスルフィドを含んだ食物を食べると、赤血球を破壊されてしまいます。だいたい食べてから2日ぐらいで発症し、真っ赤な尿がでるとともに、貧血を起こします。

ただし個体差が大きく、敏感な犬だとネギ入りのみそ汁の汁をひとなめしただけで発症しますが、鈍感な犬だと、タマネギ入りハンバーグを丸ごとたいらげても平気だったりします。愛犬がネギ類を食べてしまったら、「少ししか食べていないから、だいじょうぶだろう」
などと安易に判断せず、念のため動物病院で検査を受けましょう。

車. 烏や大きな魚の骨

犬は強力な胃酸で骨を溶かしますが、とがった骨は食道や胃、腸を傷つけることがあります。消化器官には雑菌がたくさんいるので、とがった骨で穴が開くと、急性腹膜炎を起こして短時間で死に至ることもあるのです。よくあるのは、飼い主が危険を知らずに与えてしまったケースや、台所の生ゴミを夜中に漁って食べてしまったケースです。

フライドチキンのようなブロイラー( 食肉用のニワトリ)の骨はやわらかいので溶けやすいのですが、それでも危険です。

食いしん坊の犬がフライドチキンを丸呑みしたあげく、頚部食道に骨が引っかかってしまったケースもありました。

水を吸ってふくらむもの(干しアンズ)

犬が、乾いた状態の干しアンズなどをお腹いつぱいに食べると、胃液を吸って数倍にふくれあがります。すると胃がパンパンにふくれあがり、「胃拡張」を起こします。程度によりますが、私が以前見たケースでは、胃拡張のショックでその犬は死亡しました。

ふくらむうえに毒性もあるもの(レーズン)

レーズンはふくらむこと以外の危険として、腎臓への毒性があることが最近わかっています。レーズンは糖分が多く味も濃いため、胃炎を起こしやすいのも問題です。干していないただのブドウにも同様の毒性はありますが、レーズンのほうが危険とされています。

これは、レーズンが干されて体積が減っているため、袋ごと盗食すると大量に摂取してしまうからです。生のままでは、そこまでの量を食べることはあまりありません。

ちなみに、体重1kgあたり10~309の摂取で中毒を起こします。類似する食べ物でも、同じことが起きる可能性があります。

キシリトール入りの製品

人の虫歯予防で有名な物質ですが、犬にとっては「肝臓毒性」(肝臓にダメージを与えること)があります。日本ではまだ認知度が低く犬用のおやつにけつこう混ぜられていますが、含有量が少ないせいか、あまり問題にされていません。しかし、人が食べるキシリトールガムは「わずか数枚でも危険」との報告もあります。

人の食べ物が入っているビニール袋を丸ごと食べた

意外に多いのがこのトラブルです。中身はそれほど危険でなくても、ビニール袋ごと食べてしまっては、消化できるはずもありません。うまく吐ければいいのですが、詰まってからでは遅いので、催吐、内視鏡による摘出や胃の切開術を検討します。

人の食卓からおこぼれをもらう習慣がある犬は、うっかり落としたおかずを食べたり、場合によっては食卓から食べ物を引きずり降ろしてまで盗食したりします。害のないものを選別して与えているつもりでも、そもそもこのようなスタイルが、一歩間違えば事故を呼ぶわけです。

盲導犬並みに「絶対服従」を叩き込んでいる家庭はまずありませんから、人がご飯を食べているときは近くに寄らせないことが大事です。見えなければ、甘えた表情でほしがる様子に、こちらの心が揺れることもありません。台所への侵入も柵で防ぐなどして、買ってきてから冷蔵庫へ入れるまでの間に、床に置いた食材を荒らされないようにしてください。