犬用おやつの正しい与え方や回数・知っておきたい注意点

本来、「おやつ」という概念は人以外にはありません。人以外の生き物は、お腹がすいたら必要なだけ食物を食べるだけです。ところが犬は人に飼われるようになり、愛玩動物として扱われるようになったことで、おやつによる食生活の乱れを無視できなくなってきています。

おやつがすべて悪いというわけではありませんが、きちんとした知識を持って当たるようにしないと、おやつのせいで愛犬の寿命を縮めてしまう可能性があります。そうならないために、ここでは正しいおやつの与え方について、詳しくご紹介していきます。

犬におやつをあげる時の注意点

以下の2つの理由で、飼い犬に必要以上のおやつをあげている飼い主は要注意です。

おやつを留守番やしつけなどのごほうびとして与えすぎない

しつけをするときにおやつはとても便利なアイテムです。ご褒美をもらえると分かると、賢い犬は忠実に指示に従うようになります。

でも犬社会での上下関係は、食べ物によってつくられるものではありません。ボスである飼い主が「ヨシヨシ」となでて抱きしめてあげるだけでも犬は十分幸せであり、ボスの命令を遂行した満足感を得ることができます。

しつけのきっかけとしておやつを与えるのは構いませんが、いつまでもそのままでは、いずれ効果がなくなってしまいます。人間でいえば、「孫の歓心をおこずかいで買うおじいちゃん、おばあちゃん」みたいなものです。

もらえることが当たり前になると、犬でもそこに喜びを感じなくなってしまうのです。ボスと部下は、ものに頼らない厚い信頼で結ばれていなければなりません。どうしてもおやつに頼らなければいけない場合は、最低限に抑えるように意識してください。

おやつを欲しがっても決められた以上与えない

太り過ぎが気になってダイエットを始めたのに、一向に体重が減らない飼い犬がたくさんいます。たいては、飼い主や家族が「欲しがっているのにあげないなんてかわいそう」と言って、犬におやつを与えています。

基本的には犬には総合栄養食であるドッグフードを適量与えておけば、それで満足してくれます。動物ですので、与えられれば体に蓄えておくためにどんどん食べますが、必要なものかどうかで言えば、おやつは不要です。

それなのに、欲しがっているからと言って与え続けるのは、飼い主さんの手で愛犬の健康を奪い取っているのだと考えてください。与えられないのが可愛そうなのではなく、食べすぎて体を壊すほうがもっとかわいそうです。

ただし理屈で説明しても、どうしても聞き入れてくれない人がいます。そのような飼い主さんは、ペットにおやつを与えることで心の安定を保っているということもあります。その犬は飼い主の心の隙間を埋めるものとしての役割を十分に果たしているのかもしれません。

こういう飼い主が相手の場合、おやつを必要以上に与えてはいけないと言っても通じません。もし家族の中にそういう人がいた場合には、違った面でのサポートが必要になります。飼い犬は心を癒やすための道具ではないという考え方を、きちんと家族全員で共有しておきましょう。

度を越しておやつばかり与え続けるとどうなるか

犬はもともと甘いものが大好き・お菓子の味に慣れさせると、そればかり欲しがり、ふだんの食事を食べたがらなくなってしまう傾向があります。ですから、基本的にはお菓子を常食させることはおすすめしません。

だからといって、一口も食べさせてはいけないというわけではありません。

犬は人間以上に雑食性の強い動物です。健康な犬なら年に数回、おかしを口にするくらい全く問題がありません。ときには旅行先でソフトクリームをあげたり、お誕生日にケーキを食べさせたりということがあってもいいでしょう。

ただし、肥満を防ぐためにもカロリーオーバーには気をつけてください。お菓子を与えたときはいつもより運動量を増やすなど、カロリー収支をコントロールしてください。

また、犬におやつを与えすぎると以下のような問題が発生します。

主食を食べなくなって栄養が偏り、肥満と病気の原因に

おやつは栄養バランスを無視して、とにかくおいしくなるように開発されているものがほとんどです。犬の中には、一度おやつの味を覚えてしまうと、二度とふつうのドッグフードを食べなくなるものもいます。

そうなると栄養が偏ってしまうのは言うまでもありません。必要な栄養素をきちんと摂れない場合には、筋肉や骨を作ることができなくなってしまいます。そうなると老化も早く進みますし、病気などにもかかりやすくなってしまいます。

また中高年以降、内臓のどこかを患って処方食を食べなくてはいけなくなったとき、偏食が原因で処方食を食べてくれないということがあります。こうなると体の状態は悪化していくばかりですので、死に直結する問題に発展することもあります。

びっくりするくらいの肥満状態にある犬も、おやつ食べ放題で育てられたケースがほとんどです。肥満が体に良くないのは人間も犬も同じです。糖尿病のような重い病気になることもあれば、関節を傷めてしまうこともあります。

添加物が多いため、肝臓障害やアレルギーの引き金になる

乾燥した保存食であるドライドッグフードや、加熱滅菌された缶詰と違い、おやつや半生ドッグフードは、ソフトな食感がウリの製品もあります。しかしこれらは、着色料や保存料など人工的な物質が食盛りになっていると考えてください。

健康に配慮して添加物を抑えたと称する商品もありますが、人の食べ物でさえ偽装が堂々とまかり通る世の中です。ペットのおやつには何が入っているか見た目ではわかりませんので、ペットの健康を維持したいならそれらを食べさせる理由はどこにもありません。

どうしてもあげたいのであれば、純国産で無添加のおやつを選びましょう。

消化不良の原因となる

胄腸が弱い犬だと、丸飲みしたジャーキーやガムがなかなか消化されずに、腸に詰まってしまうことがあります。もちろん最終的には溶けるのですが、その前に腸を激しく損傷してしまい、壊死することもあります。

特に、食べ物が原因で過去に病気になったことのある犬には、十分な注意が必要です。

グルメな飼い主さんの場合、愛犬にも美味しいものをたくさん食べてもらいたいと思う傾向にありますが、それは必ずしも犬の幸せにつながるとは限りません。美味しいものがあることを知らなければ、それを欲しがることはありません。

知ってしまったからこそおやつを食べたがるようになるわけです。おやつを食べたがる楽しみを得るということは、さまざまな病因を取り込む確率を高めているのだということを、飼い主さんは理解してください。

おやつはここぞという時にだけあげよう

ペットショップ行くといくつもの美味しそうなおやつが並んでいます。買い与えてみたら、いつも以上に喜んで食べて、その姿を見ているとまた買ってあげたくなりますよね。おやつはしつけのアイテムとしてもとても便利です。

でもおやつというものは本来与える必要がないものです。きちんと毎日の食事を食べていれば、総合栄養食のドライフードだけで健康を維持できます。おやつを与えることで、食事を食べなくなった結果、必要な栄養素を摂れないというのでは何のためのおやつなのか分かりませんよね。

おやつを絶対に与えてはいけないとは言いませんが、当たり前のように毎日与える必要はありません。おやつは本当に特別なときだけ与えるようにしてください。もしおやつを欲しがって、食事を食べないというような態度を見せても、絶対におやつは与えないようにしましょう。

そこでおやつを与えてしまうと、またおやつを食べたいときに同じことをします。毅然とした態度で、食事だけを食べさせるようにしてください。