パピヨンに合うおすすめのドッグフードと選び方

優美な体つきをしているのに、意外なほどに運動能力の高い犬ですから、健康な筋肉と骨格を維持するためには、良質の動物性タンパク質が欠かせません。パピヨンは食べ好みをする犬が比較的多いので、少量でもしっかりと栄養を摂取できる、消化吸収に優れたドッグフードを選びましょう。

また、美しい被毛のためには良質の動物性タンパク質のほかにも上質の油脂が欠かせません。とくに不飽和脂肪酸を含むオメガ3の油脂は皮膚と被毛を健やかに保ってくれます。これらの栄養素をしっかりと体に吸収させるためにも、胃腸の働きを低下させるような消化に悪い穀物(トウモロコシや小麦など)が含まれたドッグフードは避けたほうがよいでしょう。

パピヨンに最適なドッグフードとは

  • 動物性タンパク質を摂取するために、原材料には良質の肉類の割合が多い。
  • 亜麻仁、サーモンオイルなどの、良質の油脂が加えられている。
  • グルコサミンやコンドロイチンなど、関節をケアするための成分が配合されている。
  • トウモロコシや小麦などの、犬の胃腸が消化しづらい穀物が使われていない。

パピヨンの美しい被毛は、食べているドッグフードの質によって大きく影響されます。質の良いドッグフードを選んで、豊かでシルキーな被毛をなびかせて歩く優雅なパピヨンを目指したいものですね!

パピヨンがなりやすい皮膚疾患

パピヨンの皮膚は決して強いとは言えず、大きな皮膚トラブルを起こしていなかったとしても、乾燥によるフケや抜け毛といった問題を抱えている子は少なくありません。

そして、皮膚が乾燥した状態が続くと外部からの刺激に対して弱くなるため、ちょっとした刺激でかゆみや炎症を起こしアトピー性皮膚炎に発展することもあります。
 
また、皮膚の免疫力が低下すると皮膚に住んでいる常在菌が悪さをすることで、膿皮症やマラセチア症などの皮膚病にかかってしまうこともあるため、皮膚環境が健やかに保たれるように日頃から気を付けてあげることが大切です。

パピヨンが皮膚の弱い犬種とは言っても、どのようなケアをしてあげるかによって症状の出方や発症の確率なども変わってくるので、弱いから仕方がないで終わらせるのではなく、いかに皮膚を強くしてあげられるかを考えたいですね。

皮膚病を防ぐ鍵は免疫力アップにあり

皮膚が強くはないパピヨンですが、それでも皮膚の免疫力を上げて皮膚病にかかりにくくすることはできます。皮膚の免疫力を上げることができれば、常在菌の異常増殖を起こさずに皮膚環境を健やかに保つことができますし、バリア機能も向上するためアトピー性皮膚炎の予防や軽減につなげることが可能です。

では、どうすれば皮膚の免疫力を上げることができるのかというと、それは体の内側と外側の両方から適切なケアをしてあげることがキーポイントになります。

特に内側からのケアは毎日の食事が大きく関係しているため、パピヨンに適したドッグフードを選び、毎日の食事として与えることで皮膚のコンディションの状態は全然変わってくることは確実です。

それと合わせて定期的なシャンプーを行い、皮膚の状態に合わせて保湿性の高いシャンプーやかゆみを抑えるシャンプーといったように、上手にシャンプーを使い分けるとさらにいいでしょう。

皮膚トラブルを予防・改善するための外部ケア

「フケが気になる」「抜け毛が多い気がする」「毛量が少ない…」と言ったような悩みを抱えているパピヨンの飼い主は少なくありません。むしろ、もともと皮膚トラブルを抱えやすい犬種なので、こうした悩みが出てくるのは当然です。

もし、日頃から食べているものには気を付けていて、それでも悩みがなかなか解決されないのであれば、合わせて外部ケアも進めていくと良いでしょう。

その外部ケアの方法とは、皮膚の状態に合わせたシャンプー剤の使用です。例えば、乾燥が気になるのであれば保湿系のシャンプーと洗い流さないトリートメントでケアしてあげると、皮膚が潤いフケを改善することができます。

また、乾燥が原因で抜け毛が増えていた場合は乾燥を改善してあげると、抜け毛も徐々に落ち着き正常な範囲の抜け毛になってくるため、結果として毛量も増えるようになります。

そして、できれば毎日か難しくても週に一回のブラッシングをしてあげると、血行が促進され新陳代謝を高めてくれるので、こうした少しのケアも一緒にしてあげましょう。

パピヨンにおすすめのドッグフードと選び方

外部ケアは定期的なシャンプーを皮膚の状態に合わせて使うことで可能となりますが、内部ケアは毎日食べるドッグフードが大きな鍵となるので、パピヨンにはどんなドッグフードを選んであげるといいのかをお教えします。

・着色料や香料など人工添加物不使用
・グレインフリー(穀物類不使用)
・良質な動物性タンパク質の使用
・ヒューマングレードの原料
・オメガ3脂肪酸の配合

見た目の美味しさや食いつきのためだけに人工添加物を使っているものは、その添加物のせいで健康被害を受ける可能性も十分高いため絶対におすすめできません。

また、穀物類を大量に使っているようなドッグフードは、肉食寄りの雑食であるパピヨンの消化器官に大きな負担を与えてしまい、慢性的な軟便や下痢を引き起こすこともあるため、犬本来の体質を考えたグレインフリーのドッグフードが最適となります。

そして、オメガ3脂肪酸は皮膚が健やかでいるために働きかけてくれるため、合わせて配合してあるドッグフードを選ぶと皮膚の免疫力アップに効果的です。こうしたことから、パピヨンに適したドッグフードを選ぶのであれば、これらをクリアした良質なドッグフードを選んであげましょう。

無添加は嘘!?こんなドッグフードは危険

一見、上記でおすすめしたドッグフードの内容をクリアしているようでも、実は選ぶには待ってほしいドッグフードも中にはあります。例えば、無添加と書いてあるのに香料を使っていたり賞味期限が2年以上あるなど、無添加のはずなのにどう考えてもおかしい表記をしたものは信じてはいけません。

無添加であれば賞味期限が未開封の状態で半年や1年といったように、余計なものを使っていないからこそ決して長いと言える賞味期限ではないので、判断材料としてわかりやすいポイントになります。

また、原料一覧を見たとき表記がやたら長いものも不安ですね。たくさんの良質な原料を使っているならいいのですが、よく分からない成分がずらずら書いてあるものは使われている原料自体が低品質の可能性も高いです。

良質な原料かどうかの判断は値段で決める

表記上は良さそうなことが書いてあっても、使われている原料が怪しければもうどこで判断したらいいか分かりませんよね。仮に原料一覧を見たとしても、どれが怪しくてどれが怪しくないかなんてものも、よほど詳しい人でなければ見れば見るほどパニックになってしまいます。

それならもう表記を信じて、一か八かで買うしかないのかと言うと決してそんなことはありません。賞味期限と原料を確認したら最終的に見る場所があります。それが『値段』です。

値段で全てが決まるとまでは言いませんが、質の高いドッグフードにると1kgあたり1000円以上のものがほとんどで、むしろ1000円以下のものはないと言っても過言ではありません。

なぜなら、原料にこだわったドッグフードは人間も食べることができるほど高品質なので、おのずと値段が高くなってしまうのです。しかし、逆に言えば品質の低いドッグフードは本来なら食べることができず、捨ててしまうようなものを原料にしていたり、低コストにするために穀物類を大量に使っていることが多いと言うこともうなずけますね。

適したドッグフードでトラブルに強い健康的な体へ

今現在何かしらの皮膚トラブルを抱えていたり、皮膚トラブルとまでは行かなくても毛質や毛量が貧相で悩んでいるなど、本来の健やかなパピヨンの姿とは違った様子があるなら、まずはドッグフードから見直してみることをおすすめします。

皮膚トラブルと言うとフケや痒み、湿疹や脱毛といった部分だけを見てしまいがちですが、毛艶の良し悪しや毛量の多い少ないといった部分も皮膚の状態が影響しているため、やはり毎日食べるものを見直すことで改善する場合がほとんどです。

そして、毛艶がいいと言うことは皮膚だけでなく体全体の健康も良い状態であることを意味するため、病気にも強い体作りにもなります。

病気などトラブルを抱えるたびに対処するのではなく、日頃からトラブルを起こさないように努め、いつまでも元気に過ごせるようにしてあげましょう