ポメラニアンにおすすめのドッグフード

体の小さなポメラニアンですが、意外なまでに丈夫な犬です。しかも、適度にマズルの長さがあるおかげで、短頭犬種などがかかりやすい、呼吸器系の病気も少ないのです。とは言え、ポメラニアンがまったく病気にかからないという意味ではありません。胃腸が敏感になりやすいところがありますので、気をつけるべきは胃腸に過度の負担をかけないことです。

ポメラニアンに最適なドッグフードとは

  • 胃腸に負担をかけやすいタイプの穀物や、人工の添加物が使われていない。
  • 動物性タンパク質を充分に摂取できるだけの、良質な肉類が中心となっている。
  • 肉類に含まれる脂肪分だけでなく、脂質としてオメガ3が摂取できる植物性の油脂や魚油が原材料に含まれている。

ポメラニアンも他の小型犬と同様に、食の細い子が少なからずいます。消化吸収に優れたドッグフードは少量でも充分な栄養素が摂取できますので、質の良い原材料から作られたドッグフードを選んであげましょう。

ふわふわでサラサラした柔らかい被毛とジャンプ力の強いポメラニアンは、まるで小さな弾丸のようでその愛嬌に多くの人を虜にしています。

また、昔は茶色い被毛のポメラニアンが主流でしたが、現在ではホワイトやブラック、シルバーなど様々なカラーのポメラニアンも増えてきて、カットデザインもライオンカットや柴犬カットなどバリエーションも豊富になってきましたね。

しかし、そうした美しい被毛をキープしいろいろなカットを楽しむためには、それらを作り出すための栄養がとても重要になってきます。

ポメラニアンの美しさを保つ方法

ポメラニアンのふわふわして触り心地のいい被毛をキープするためには、日ごろのお手入れとケアがとても大事になります。そのためにできることをお教えしますので、可能な範囲でぜひ試してみてください。

毎日のブラッシング

理想は毎日ですが、仕事や家事などをしているとなかなかそこに費やす時間がない飼い主も少なくありません。ですから、週に1回や1日1ヶ所腕だけ、体だけ、といったように可能な範囲でブラッシングをしてあげましょう。

月に1回程度のシャンプー

シャンプーをすることで皮膚を清潔にし、合わせてリンスやトリートメントをするとさらに毛艶・毛並みが美しくなります。見た目の美しさはもちろん皮膚環境を健やかに保つためにも、月に1回はトリミングに連れて行ってあげましょう

質の高い食事管理

見た目の美しさや健康は体の外側だけのケアでは実は不十分です。私たち人間もそうですが、毛並みや毛艶といった見た目の美しさは食べたものがどんなものかによって、大きく左右される一種のバロメーターなので、健やかな状態をキープできるように適切なドッグフードを選んであげましょう。

ポメラニアンに合ったドッグフードの選び方

体の内側からケアをするために必要不可欠なのがドッグフードですが、どんなドッグフードを選んであげるといいのかここでご紹介します。

・着色料や保存料など人工添加物不使用
・グレインフリー(穀物類不使用)
・良質な動物性タンパク質の使用
・オメガ3脂肪酸の配合

選ぶ基準としてまずこれらをクリアしているものを選ぶとまず間違いありません。しかし、スーパーなどに売られているドッグフードのほとんどは、見た目のおいしさや味を演出するために人工添加物がたっぷり使われていたり、小麦やとうもろこしといった穀物類でカサ増しをしていたりします。

もともとポメラニアンは肉食系の雑食なので、穀物類は消化器系の負担になり、人工添加物は健康被害につながるものもあるため無添加であることはとても大事なことです。

そして、体の基本を作るタンパク質として良質な動物性タンパク質が求められるため、どんなタンパク質を使っているか明確な表記があると安心ですね。

また、オメガ3脂肪酸は健やかな皮膚・被毛のためにも積極的に取りたい成分なので、合わせて配合してあるドッグフードがおすすめです。

ポメラニアンのなりやすい皮膚疾患

ポメラニアンのふわふわした毛並み・毛艶・カラーといった美しさを守るためには、食事管理をしっかりして皮膚の状態を健やかに保つことがとても大事です。

皮膚の状態が悪いと、皮膚の免疫力の低下やバリア機能の低下によってさまざまな皮膚疾患を招くことになり、かゆみや湿疹・脱毛といった症状を引き起こします。特にポメラニアンは、次のような皮膚トラブルを抱えやすい犬種なので注意しましょう。

膿皮症

免疫力の低下によって皮膚に存在する常在菌が異常増殖し、悪さをすることでかゆみや脱毛などを引き起こします。

食物アレルギー

特定のタンパク質が原因となって嘔吐・下痢・かゆみなどアレルギー症状を引き起こします。

乾燥肌

皮膚のコンディションが低下していると乾燥肌になることがあります。乾燥が進行するとフが目立つようになりかゆみにも繋がります。

脱毛症

地肌が見えるくらいの脱毛であったり、普通に比べて抜け毛が多いといった状態です。原因はいろいろありますが、食事によって改善も期待できます。

ドッグフード管理は涙やけにも効果的

ポメラニアンで多い悩みに涙やけがあります。涙やけ自体は病気というわけではないのですが、目の周りに茶色い色素沈着が目立つとやはり気になりますよね。特に毛の色が薄いポメラニアンになると色の違いがはっきり分かるので、ちょっとかわいそうにもなります。

どんなに目の周りを頻繁に拭いてあげても涙やけが治まることはなく、むしろ濃くなっていく様子に諦めている飼い主さんも少なくありません。

しかし、そんなどうすることもできないと思っていた涙やけも、良質なタンパク質から作られたドッグフードを与えると、改善できる可能性が高いんです。

涙やけの原因はタンパク質の質や種類の問題であったり、涙腺が詰まっているせいで起こるなど個体によって原因は違いますが、もし食事の質が原因であれば食事を見直すことで涙やけも落ち着かせることができます。

ただし、同じドッグフードでも涙やけが落ち着く子もいれば変わらない子もいるので、高品質のドッグフードの中からその子に合ったドッグフードを探してあげてくださいね。

質の高いドッグフードが経済的負担の軽減になる

毎日食べるものだから逆にコストを抑えようと、結果的に質より量といったドッグフードを選んでしまう気持ちはわかります。質はどうであれ、ドッグフード自体は栄養バランスが整っているものなので、栄養失調になることも生きていくことが困難になることもありません。

しかし、質が悪いものを食べ続けていると体を作る細胞はどんどん元気がなくなり、病気にかかりやすく回復力も弱いといった状態にもなります。

また、体の中のことは見た目では分かりませんが「なんだか皮膚が乾燥している…」「最近毛艶が悪くなってきた…」「換毛期でもないのに抜け毛が多い…」といった悪い変化は、時に体内のトラブルが影響していることがあるため、健康と見た目の美しさは繋がっているとも言えるのです。

そして、こうした健康的にも弱い状態でいると、毎日の食事代よりもトラブルが起こるたびにかかる病院代や治療費にお金がかかり、結果的に経済的負担が大きくなります。

そのようなことにならないためにも質の高いドッグフードを選び、いつまでも健康的で美しい姿でいさせてあげましょう。