プレミアムドッグフードの定義と選ぶときの注意点

プレミアムドッグフードの定義と選ぶときの注意点

最近はプレミアムドッグフードというジャンルのドッグフードが注目され、スーパーやホームセンターなどでも、通常のドッグフードよりも明らかに値段が高くて高級そうな商品が並んでいます。でも、このプレミアムドッグフードってどういう基準で決まっているのでしょう?

きちんとした認定団体があって、認定されたものだけがプレミアムドッグフードになっているのであれば安心して使えますが、そうでないとしたら高いお金を出してまで選ぶ理由はどこにあるのでしょう?

ここではそんなプレミアムドッグフードの定義と、それを愛犬のための選ぶときの注意点について分かりやすくご紹介します。

プレミアムドッグフードとは

プレミアムという言葉を聞くだけで特別感がありますよね。プレミアムモルツやプレミアムフライデーなど、「プレミアム」とつくだけで、いつもと違う上質さが感じられます。

「プレミアムドッグフード=上等なドッグフード」ということになりますが、そもそもどのようなドッグフードが上等なのでしょう。A5ランクの国産和牛を使っている?キャビアやトリュフなどの高級食材が含まれている?どうもその基準が曖昧ですよね。

基準が分からなくて当然です。プレミアムドッグフードのプレミアムには定義はありません。あえて言うとすれば、従来のドッグフードとの明らかに違う上等・上質な部分があれば、それはすべてプレミアムドッグフードと呼ぶことができます。

このため、商品ごとにプレミアムであるポイントが違います。ただし、一般的にプレミアムドッグフードとして売られている商品には共通したポイントがあります。

  • 無添加無着色
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 栄養バランスが優れている
  • 肉副産物や4Dの肉を使っていない

これらすべてを満たしているドッグフードもありますが、1つだけ該当することでプレミアムドッグフードに分類されている商品もあります。

また、プレミアムドッグフードのもうひとつの特徴として、値段が高いということが挙げられます。上記のポイントからも分かりますように、基本的には安価な食材を使わないようにしているため、それだけコストアップとなり、消費者が購入する価格も高く設定されています。

プレミアムドッグフードを与えるメリット

プレミアムドッグフードのイメージをある程度は理解できたかと思いますので、次にワンちゃんにそれらを与えることによって、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

プレミアムドッグフードのメリットは1つしかありません。それは「ワンちゃんが健康になる」ということだけです。正確には愛犬が本来あるべき姿に戻るのが、プレミアムドッグフードを与える唯一のメリットです。

市販されているドッグフードの多くには、添加物が多く含まれていますし、何よりも「肉のような何か」も大量に使われています。その代表的なものが、肉類や肉副産物と呼ばれるもので、肉ではなく骨や皮、内臓などの人間用の肉を取り除いた残りの部分を使って作っています。

それらが必ずしも危険というわけではありませんが、時には死んだ動物や病気になった動物の肉を使うこともあり、それを処理するために様々な薬品が使われています。それらがワンちゃんの体内に取り込まれると老廃物として体に留まったり、病気を引き起こしたりします。

プレミアムドッグフードはそのような体に悪い食材を、できるだけ排除した商品ですので単純にそれらによる健康被害がなくなるというわけです。

私たち人間も、添加物の多いチェーン店のハンバーガーやコンビニのお弁当、カップラーメンばかりを食べ続けていると体に不調を感じるようになりますよね。格安のドッグフードを与えるというのはそれと同じで、プレミアムドッグフードに切り替えるというのは、添加物が多い食事をナチュラルな食事に変えることです。

食事がナチュラルなものになると活力が戻ってきますし、肌艶も良くなるというのを経験している人も多いかと思います。プレミアムドッグフードをワンちゃんに与えることで、まさにそのような効果が期待できます。

プレミアムドッグフード選びのポイント

プレミアムドッグフードには定義がないとお伝えしましたが、そうなってくると「プレミアムドッグフード」と書いてあるものを選んでいるだけだった飼い主さんは、このまま与え続けていいのか迷ってしまいますよね。

ここではそんな飼い主さんのために、どのようなプレミアムドッグフードを選ぶべきなのか、そのポイントを説明します。

原材料に合成着色料や合成添加物がが含まれていないこと

まず重要なのが原材料です。ドッグフードを選ぶときにはまずパッケージの原材料を見てください。そして、そこに記載されている内容が、きちんと理解できるもので構成されているか確認しましょう。

「鶏肉・サーモン・ビタミン・ミネラル」のように何となくても、その素材がイメージできるものはOKですが、「肉類・◯◯ミール・BHT・エトキシキン・赤色◯号」といった、素材をイメージできないものはNGです。

判断が難しいという場合は、合成着色料や合成添加物が不使用となっているものを選んでおくと良いでしょう。安全でない食材を使っているから、合成着色料や合成添加物が必要になります。このような化学物質が含まれていないプレミアムドッグフードを選びましょう。

たんぱく質の割合が25%前後である

食材にこだわってプレミアムドッグフードと名付けられているものでも、栄養バランスを見てみるとあまり魅力的ではない商品があります。総合栄養食となっていれば、もちろん栄養面だけなら問題ありません。ただ、総合栄養食であるということは、必要最低限の栄養成分が含まれていますよということを示しているだけです。

ワンちゃんが本来食べる食事の栄養バランスと総合栄養食の値が、必ずしも一致するわけではありません。例えばAAFCO(米国飼料検査官協会)では、成分の18.0%以上のタンパク質が含まれていれば成犬のドッグフードの基準を満たすことになります。

でも、犬が本来必要とするタンパク質の割合は25%前後と言われています。18%あれば必要最低限は満たしていますが、十分な量というわけではありません。少なくとも20%以上の割合でたんぱく質が含まれているドッグフードを選びましょう。

原材料にこだわっていること

プレミアムドッグフードと呼ばれるものでも、肉類や肉副産物などを使っていることがあります。とうもろこしと記載されていても、実は人間用に実の部分を取り除いた芯の部分だけを使っているようなドッグフードもあります。このようなドッグフードでも、他に優れた部分があればプレミアムドッグフードになります。

愛犬に安全な食べ物を与えたいのであれば、原材料にこだわっているものを選びましょう。まずは、人間が食べても大丈夫な原材料(ヒューマングレード)だけで作られていることを確認しましょう。ヒューマングレードなら少なくとも私たち人間と同じレベルの安全性は保たれます。

そのうえで、こだわりの肉や魚、野菜を使っているとなおおすすめです。健康に育てた動物の肉であれば体に悪いわけがありません。採れたばかりの魚や肉を使っていれば、間違いなく安全ですよね、そのような原材料へのこだわりをアピールしている商品を選んでください。

穀物不使用(グレインフリー)であること

食材へのこだわりとして、もうひとつ重視してもらいたいのが穀物不使用であるということです。穀物をワンちゃんに与えることに関しては賛否が分かれますが、「大丈夫」としているのは穀物を使ったドッグフードを作っているメーカーで、「危険」としているのはグレインフリーのドッグフードを作っているメーカーです。

こうなってくると、どちらが正しいのかということが判断できなくなりますが、少なくとも犬は穀物を食べなくても困ることはありません。人間のようにお米や小麦粉を食べなくても、健康を維持できる動物です。そして穀物の消化が苦手であることも事実です。

そう考えると、あえて与える必要はありませんよね。穀物はアレルギーになってしまう可能性もありますし、涙やけや皮膚トラブルの可能性があることも報告されています。与えなくていいものをわざわざ与えてリスクを高めるのは賢い選択ではありません。

飼い主さんの考え方次第ではありますが、プレミアムドッグフードを買おうとするほど愛犬の健康に気を使っているのであれば、穀物を使っていないグレインフリーのプレミアムドッグフードを選びましょう。

毛艶や体臭にポジティブな変化が見られること

何よりも重要なのが、愛犬に与えたことで目に見える変化が現れるということです。これまで皮膚トラブルなどで悩んでいたのが、プレミアムドッグフードに切り替えたことで改善する。そのような結果が出ることが何よりも大切です。

プレミアムドッグフードを与えるメリットは、愛犬が健康になるということですので、その結果が出ていないと、高いお金を払って与え続ける意味がありません。

ただし、今日食べて明日毛艶が良くなるなんてことはありません。身体への変化が出てくるには数ヶ月かかりますので、まずは「これなら大丈夫そう」だと感じたプレミアムドッグフードを与え続けることが大切です。半年や1年経過しても変化がないようであれば、他のドッグフードに切り替えてみましょう。

安価すぎるプレミアムドッグフードに注意しよう

プレミアムドッグフードはどこかの団体が認定しているわけではありませんので、ドッグフードメーカーが勝手に分類できます。このため、儲けることしか考えていないメーカーですと、粗悪なドッグフードにまで「プレミアムドッグフード」に位置づけていることがあります。

そのような商品を本物のプレミアムドッグフードよりも安い値段で売ることで、お得感を出しているわけです。実際にプレミアムドッグフードで検索すると、3kgで1000円くらいのドッグフードが見つかります。

このようなドッグフードのほとんどが、穀物を大量に使用しています。化学物質の使用を控えているためプレミアムとしていますが、すでにお伝えしましたように、穀物はワンちゃんにとって必須の食材ではなく、むしろ健康を損なう可能性があります。

きちんと作られたプレミアムドッグフードは、最低でも1kgで1000円はします。3000円以上するものもあります。安全な食べ物を安価に作るというのは難しく、素材にこだわれば人間の食べ物と同じくらいのコストがかかって当然です。

1kgが1000円以下のプレミアムドッグフードでは、愛犬の健康を取り戻すことは難しいと考えてください。安くて効果のあるドッグフードのほうが、家計としては助かるかもしれません。でも愛犬の健康を考えるなら安価すぎるプレミアムドッグフードは避けてください。

プレミアムドッグフードとの記載にだまされないこと

愛犬にはできるだけ安全なドッグフードを与えたいというのが、飼い主さんの心理ですよね。プレミアムドッグフードという名前は、そんな飼い主さんの心理をうまくついた商品です。名前だけで特別感がありますし、商品の説明を読むとさらに「これはいいもの」と思ってしまいます。

でも実際にはプレミアムドッグフードのすべてが安全で、食べるとかならず健康になるというわけではありません。その名前を利用しただけのドッグフードも多く、与え続けても変化が全く見られないということもあります。

飼い主さんは「プレミアム」という言葉にだまされないようにしましょう。必ずパッケージの原材料と栄養成分を確認して、本当に良質なものなのかどうかを自分の目で確認したうえで最適なドッグフードを選んでください。