【ドッグフードの選び方】こんな原材料がはいってるフードは選ばないほうが良い

愛犬には長生きしてもらいたいから、良質なドッグフードを選びたい。これは飼い主さん共通の思いですよね。
しかしドッグフードの種類は数え切れないほどあり、どのような基準で選んでいいものか分からなくなってしまう方も多いでしょう。

あなたはどのような基準で愛犬のフード選びをしていますか?

今回は「これが入っているドッグフードは避けた方が良い!」という原材料とその理由を詳しく解説していきます。

まずはこれを知っておこう!原材料表記のルール

あなたはドッグフードを選ぶ際、原材料をきちんと確認していますか?ほとんどのドッグフードはパッケージの裏面に原材料が記載されています。

この表示は平成21年6月1日より施行された愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)によって義務付けられており、

  • 使用した原材料(添加物含む)を全て記載
  • 原材料名は使用料の多い順に記載

と決められています。
これにそぐわないペットフードの日本国内における製造、輸入、販売は禁止されています。

とはいえ、実際の表記を見ても分かりづらい原材料も多く、「どれが良くない原材料なの?」となってしまいますよね。
ではこれから、順番に見ていきましょう。

要注意!避けておきたいドッグフードの原材料一覧

気になっている、もしくは現在愛犬にあげているドッグフードのパッケージの原材料を実際に確認してみましょう。

  • ビートパルプ
  • 塩、塩化ナトリウム
  • 大豆ミール、脱脂大豆
  • 動物性油脂、動物性脂肪
  • BHA、BHT、エトキシキン
  • 赤色〇号、青色〇号などの着色料
  • 亜硝酸ナトリウム
  • ソルビン酸カリウム
  • フレーバー
  • 小麦、とうもろこしなどの穀類が一番前にきている
  • 肉の表記が○○類、〇〇ミール、○○副産物、○○パウダーとなっている

これらの表記はありませんでしたか?

ではなぜこれらの原材料が入っていることがあるのか、どうして犬にとって良くないのかを順番に見ていきましょう。

ビートパルプ

プレミアムドッグフードと呼ばれるものにも入っていることがあるビートパルプ。
低価格帯のドッグフードにはほぼ入っています。
ビートパルプとはビート=大根、パルプ=繊維のことで、サトウダイコン(テンサイ)という食物から砂糖の成分を搾り取って残ったカスの部分です。

この抽出方法が2通りあり

  • 圧力をかけて抽出
  • 硫酸系の薬品で抽出

という方法があるのですが、硫酸系の薬品を使用した方が簡単、低コストに抽出できるため多くのペットフードではこの方法が取られていると考えられています。

そしてこの抽出の際に使用した薬剤の残留が懸念されています。

ビートパルプは主に家畜の餌をして使用されており食物繊維が豊富ですが、犬にとっては必要のない成分。
にもかかわらず多くのドッグフードに含まれているのは

  • かさ増しになる
  • 食物繊維でうんちが固くなる

といった理由があります。

愛犬のうんちが固ければ飼い主さんとしては処理しやすいというメリットにはなりますが、うんちによって正しい健康状態の把握することの妨げにもなるので注意が必要でしょう。

塩、塩化ナトリウム

「犬は人間と違い汗をかくことで体温調節が出来ないため熱中症には特に気をつけましょう」という話を夏になると耳にしませんか?

実際には全く汗をかかないというわけではありませんが、人間のように全身に汗腺があるわけではなく、ほとんど汗をかきません。

汗と一緒に塩分が体外に排出されることがなく、人間のように塩分を摂取してしまえば過多になってしまうため、あえてドッグフードに添加するほど必要ではありません。

しかしドッグフードに塩を足す理由は1つ。

塩っけを足すことで、食いつきが良くなるからです。

過剰な塩分を長期に渡って摂取すれば、人間と同様、犬も心臓や腎臓への負担が心配です。

塩を足さずとも犬が食べたくなるような良質な肉を使用したドッグフードをあげる方が、愛犬の健康のためにも良いでしょう。

大豆ミール、脱脂大豆

大豆と聞くと納豆や醤油、私たちにとっては健康的なイメージがあるかもしれません。

しかし大豆ミールというのは大豆から栄養分を全て取ったあとの搾りカス、つまりは本来廃棄されるはずのゴミの部分です。

必要ないだけで体から排出されるのであれば心配もありませんが、この大豆ミール、家畜の飼料としても使用が禁止されているものなのです。

犬にとって消化のしづらい大豆ミールは腸内で異常発酵、悪玉菌が増えガスを発生して鼓腸症という病気の引き金になる可能性もあります。

鼓腸症は進行すれば胃捻転や腸捻転などを引き起こし、最悪の場合死に至る恐れもある非常に怖い病気です。

しかしなぜそんな危険があるにも関わらず大豆ミールが使われているかというと、より低コストでかさ増しが出来るという理由があります。

低価格と引き換えに愛犬に危険なゴミを与えたい飼い主さんはいませんよね。

動物性油脂、動物性脂肪

ドッグフードの粒を触ると手にベタッと油脂がついたり、ティッシュに乗せると油が染みていたりしませんか?

これは低価格なドッグフードに含まれている動物性油脂、動物性脂肪によるものです。

脂肪は犬にとっても必要な栄養素の1つであり、質の良いサーモンオイルやエゴマ油などを添加している飼い主さんも少なくありません。

しかしドッグフードに使われている動物性○○というのはどのような状態の、何の動物から採取した油脂なのかが分からないという点に問題があります。

病気で死んだ家畜、腐敗している動物、スーパーやレストランの廃油などをレンダリングした過程で抽出した質の低い油脂だったとしてもとしても動物性油脂なのです。

ドッグフードの食いつきを低コストで上げるために用いられる動物性油脂ですが、このような質の低い油脂を摂取し続けることで

  • 皮膚が異常にベタつく。
  • 体臭がきつくなる。
  • アレルギーの引き金となる。

などの可能性があります。

また元々油分は酸化しやすいものですが、質の悪い油脂の酸化を少しでも防ぐために強力な酸化防止剤(BHA、BHT、エトキシキンなど)を使用している場合があります。

ではこの酸化防止剤がどのような健康被害を及ぼすのかを見ていきましょう。

BHA、BHT、エトキシキン

あまり聞き慣れないBHA、BHT、エトキシキンという成分ですが、これらの役割は全て酸化防止剤です。

数ヶ月、ときには1年以上もの消費期限があるドッグフードですから、油脂の酸化を防止するための成分は必要になってきますが、これらの合成酸化防止剤にはそれぞれ健康上の危険が伴います。

・BHA、エトキシキン…発がん性。
・BHT…DNAや染色体に変化を引き起こす変異原性。催奇形性の疑い。
エトキシキンにおいては非常に強く安定した抗酸化作用を発揮しますが、日本国内では農薬としての使用も認められていないものです。

酸化防止剤としてはビタミンC、E、ミックストコフェロール、ハーブ系などの天然由来のものを使用しているものが安心でしょう。

赤色〇号、青色〇号などの着色料

ドッグフードの添加物の中でも非常に疑問に感じるのがこの着色料です。
飼い主さんにとって美味しそうに見える、色がいつも安定して見えるという目的で添加されるものですが、嗅覚の動物である犬にとって着色する効果は何もありません。

発がん性、アレルギー、染色体異常などの様々なリスクがあるだけで、犬にとって何の意味も成さないものです。

亜硝酸ナトリウム

肉の赤色を鮮やかにする発色料として用いられる他、ボツリヌス菌や病原性大腸菌O157の毒性の増加を防ぐ働きを持ちます。
しかし肉に含まれる成分アミンと化学反応を起こし高い発がん性物質を生成するといわれており、危険な成分です。

ソルビン酸カリウム

ソルビン酸カリウムはカビや雑菌の繁殖を防ぐ保存料の役割を果たします。
しかし上に挙げた亜硝酸ナトリウムと化学反応を起こし、発がん性物質を生成する危険性があります。

小麦、とうもろこしなどの穀類が一番前にきている

冒頭でご紹介した「原材料名は使用料の多い順に記載」というドッグフードの成分表示のルールを覚えていますか?
どんなドッグフードもこのルールに従い、一番前にきている成分が最も多く含まれているものになります。

小麦やとうもろこしなどの穀物は犬にとって消化しづらいものであるだけではなく、近年では穀物アレルギーの原因になる可能性も指摘されており、穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードも多く出てきています。

あえて犬が消化を苦手とする成分を一番多く含む理由は何でしょう?
これも低コストでかさ増しができるからです。

他にもとうもろこしはコーングルテン、コーングルテン粉、コーンミールといった表記をしている場合もありますが、とうもろこしのカスですので注意しましょう。

肉の表記が○○類、〇〇ミール、○○副産物、○○パウダーとなっている

犬にとって一番重要な栄養は動物性たんぱく質ですが、○○類、○○ミール、○○副産物、○○パウダーといった表記になっている場合には、一番前に表記されていたとしても注意が必要です。

この曖昧な表記は必ずしも私たち口にするような新鮮で食べられる肉とは限りません。
中には羽根やくちばし、糞尿などもそのまま一緒に加工していたり、本来は廃棄されるはずの肉を使用していることも。
質の低い肉の中で最もひどいもので4Dミートと呼ばれるものがあります。
4Dミートとは
・Dead…死んだ動物
・Dying…死にかけた動物
・Deseased…病気の動物
・Disabled…障害のある動物
を合わせたもので、廃棄するコストを減らしてペット用にしてしまおうというものです。

ドッグフードが出来上がり、パッケージされ、場合によっては海外から海を渡り、宣伝費をかけ、輸入業者や問屋を通して店頭に並ぶまでの間にどれだけのコストがかかっているでしょうか?

異常なまでに安価なドッグフードに使える材料には、ほとんどコストがかからないものが選ばれていると考えて良いでしょう。

毎日食べるものだから

私たち人間は毎日同じものを食べ続けることはありません。

昨日の夜に塩っ辛いものを食べてしまったとしても、毎日そればかり食べ続けるということはなく長い目で見ればバランスを取った食事になります。

しかし家庭犬の場合はどうでしょうか?

多くの場合、毎日決まったドッグフードを食べているでしょう。

「昨日脂っこいものを食べたから今日はさっぱりしたものが食べたいな」というわけにはいきません。

だからこそ、愛犬にとって安全で健康に良いドッグフードを選んであげたいですね。