療法食ロイヤルカナンドッグフードの口コミと評判!原材料と成分から分かる分析結果

愛犬がなんらかの病気で獣医師のお世話になったとき、「この療法食がおすすめです」とロイヤルカナンのフードを紹介された経験を持つ人は少なくないでしょう。

ロイヤルカナンといえば、多くの療法食を扱うペットフードメーカーです。現に、先述のように動物病院でもロイヤルカナンの療法食を推奨する例が多くみられます。

今回は、そもそも療法食って何?という基礎知識から、ロイヤルカナンの療法食に関する特徴や口コミについて解説します。

商品名ロイヤルカナン ドッグフード 犬用 消化器サポート(低脂肪)
商品評価Bランク
評価の基準はこちらで説明しています。
購入価格160円(税込)/100g
※価格はAmazon参照
100gあたり400kcal
原産国フランス
原材料チキン、七面鳥等
グレインフリー×
人工添加物×
ヒューマングレード×

ロイヤルカナンの療法食の特徴

ロイヤルカナン ドッグフード 犬用 消化器サポート(低脂肪)の原材料

危険材料は赤文字で表示し、危険じゃないが不安な材料は緑文字で表示しています。

肉類(鶏、七面鳥)、小麦、大麦、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ動物性油脂、酵母、フラクトオリゴ糖、サイリウム、魚油、酵母エキス(マンノオリゴ糖含有)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、A、B2、ビオチン、葉酸、B12、D3)、 保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
※調達の都合により、原材料を変更する場合がございます
ロイヤルカナン ドッグフード 犬用 消化器サポート(低脂肪)の成分
タンパク質24.9%以上脂質5.7%以上
粗繊維4.5%以下灰分8.1%以下
水分10.2%カロリー400kcal/100g
粗悪な原料(4Dや副産物)肉類、動物性油脂
危険成分(化学合成物質)保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
好ましくない原料米、小麦、ビートパルプ
その他無し

療法食を扱うペットフードメーカーは幾つか存在しますが、ロイヤルカナンもまた日本で名を知られている有名メーカーのひとつです。ロイヤルカナンはすべての犬と猫の健康を考え、療法食・準療法食だけでなく、総合栄養食や栄養補完食まで幅広く開発しています。

療法食とは何か

療法食とは、「病気や健康に配慮して作られたフード」のことを指します。特定の病気や症状に対して、最適な成分や栄養バランスに基づいたフードであり、獣医師の処方を受けたうえでの給餌が推奨されています。

化学物質の使用をどう判断するかがポイント


ロイヤルカナンのドッグフードには、保存料や酸化防止剤といった化学物質が使用されています。

化学物質不使用を謳うメーカーが増えている昨今において、ロイヤルカナンは珍しい存在かもしれません

しかし、ロイヤルカナンは自然由来の化学物質を中心に採用しており、決して犬の健康を疎かにしているわけではありません。

ロイヤルカナンの療法食の種類

ロイヤルカナンの療法食は種類が豊富で、20種類以上の選択肢があります。その種類の多さは、「何歳の犬がどのような病気で、どのような栄養素が必要か。もしくはどのような成分が害になるか」など、ロイヤルカナンが丁寧に研究した結果といえるでしょう。

以下では代表的な療法食のシリーズをご紹介します。

  • 減量サポート
  • 消化器サポート
  • pHコントロール
  • 腎臓サポート
  • 心臓サポート
  • スキンサポート

これらはほんの一部に過ぎず、実際はさらに多くの種類の療法食があります。

たとえば、消化器サポートの療法食は、「低脂肪」「高栄養」「高繊維」の3種類に分けられ、胄腸の脂肪消化能力が低いと診断されると「低脂肪」の療法食が処方されます。

このように、ひとくちに消化器トラブルといっても、その症状や必要な治療方法は多岐にわたります。そのため、どんな病気や症状であっても、フードの種類を素人判断で決めることはむしろ危険です。療法食による給餌はあくまで治療の一環であると認識し、獣医師の指導のもとで適切なフードを与える必要があります

ロイヤルカナンの評判は?

どんな商品でも、人気のあるものほどその評価は賛否両論に分かれます。ロイヤルカナンの評判をネット上でヒットする意見には、次のような内容が多いようです。

ロイヤルカナンの賛成意見

  • 食の細い犬だが、喜んでよく食べてくれる。
  • 病気になった時の療法食がきっかけとなり、病気が治ったあとも一般食を利用するようになり、健康状態も良好。
  • ウンチがにおわなくなった。
  • お腹を壊さなくなった。

ロイヤルカナンの反対意見

  • 成分表を見ると化学物質が使ってあるのでやめた。
  • カスタマーサービスに使っている原材料のことを問い合わせたが明確に答えてもらえなかった。

ロイヤルカナンは、香りについてはかなりこだわりを持っているようです。筆者が以前獣医さんから処方された胃腸サポート系の缶詰の療法食には、砂糖を煮詰めたカラメルが使われていて、食欲不振だったウチのワンコもおいしいそうに食べていました。

療法食に熱心に取り組んでいるメーカーであれば、獣医学の知見を蓄積し、病気の予防や健康維持に対しても真摯に取り組んでいるような気がします。

一方、化学物質が使ってあるとの反対意見も多くみられます。我が子同様の犬にはできる限り自然に近いものを与えたいという意見には、多くの飼い主さんがうなずいているはずです。

ひと口に「化学物質」といっても、すべてが悪いものではありません。ロイヤルカナンでは、自然由来のものを中心に採り入れているようです。

化学物質を完全に排除しようとすると、手作り食の専門店を利用するか、自分で作るしかありません。それが可能ならばいいのですが、多くの飼い主さんにとっては、時間的、経済的に負担が大きすぎるのではないでしょうか。

信頼できるフードと巡り合うのは、至難の業です。人間が試食するわけにもいきませんし、フードが健康に貢献する度合いを知る指標もありません。

筆者はロイヤルカナンに対しては信頼感を持っていますが、だからと言って他の犬におすすめするほどの根拠を持ち合わせているわけではありません。ただ、先にも述べたとおり、種類が豊富なのでその時々の状況によって選べる点は他のメーカーに先んじているように感じます。

ここでは、ロイヤルカナン・ジャポンの公式ホームページなども参考にしました。近年では、企業がウソをつくことに対する消費者の目は厳しく、メーカーが発信する情報の信頼度も上がってきていると思ったからです。

企業が一方的に発信する情報を鵜呑みにすることはできませんが、ネット上で匿名の人が発信する個人的意見に左右され過ぎるのはさらに危険です。

迷った時には、信頼できるかかりつけの獣医さんに相談するのが最もいい方法なのかも知れませんね。

ロイヤルカナンの口コミ

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル
レビューを書く
ドッグフード大学
平均評価:  
 3 レビュー
mananaさん
ダイエットに効果的
太り気味で、散歩もすぐに帰りたがるうちのミニチュアダックス、脂肪肝でダイエットにと、病院で進められました。値段はいいですが、食べ始めて、何年かぶりに腰のくびれがでてきています。効果があります。人間用もあればいいのに。
tosioさん
穀物アレルギーがある子には注意
もともと胃腸が弱く獣医さんに勧められて購入しました。しばらくは良かったのですがある時からひどい下痢が止まらなくなり、何らかのアレルギーだろうと一ヶ月入院、色々試しても血便が出始め結局、おかゆと茹で卵の白身、鶏のささみ茹でたジャガイモを刻んだものを食べさせてやっと下痢が止まりました。それ以来ずっとその食事です。ロイヤルカナン自体は悪いものではないと思いますが、うちの子には小麦やトウモロコシの粉等のアレルギーがあり合わなかったようです。
エンジェルさん
添加物が気になる
13歳のシーズーが太りやすい為、ずっとこちらを使用していました。これだと太らないので…。ところが人間では厳しく制限されているBHAが入っているのと、気になる添加物のソルビン酸カリウムも入っていると後で知り、即止めました。

療養食だから大丈夫だと思ってしまい調べなかった事を後悔しています。老犬のワンコにこんな危険な添加物を与え続けて体調を崩しては可哀想なので、慌てて無添加な食事に変えました。

ロイヤルカナンの療法食の評価

ロイヤルカナンの特徴や口コミなどを総合的に判断した評価は…

評価4.0

化学物質の使用はネックになるものの、安全性の高い原材料を優先し、なおかつ多くの症状に向けた豊富なラインナップを取り扱っていることから、この評価としました。

化学物質使用の是非については個々によって意見が別れるところです。「使わないに越したことはない」という事実はありますが、実際に化学物質を完全に排除するとなると、その分高価になったり、もしくは飼い主が手作りフードにこだわる必要が生じたりと二次的なデメリットが生じます。

ロイヤルカナンは、ペットの健康を守りながらも飼い主になるべく負担がかからない、絶妙な落とし所でフードを開発しているのかもしれません。その妥協点をどのように考えるかは飼い主次第ですが、それこそ判断に悩んだら、かかりつけの獣医師に相談してみることをおすすめします。