セレクトバランス

海外製品が主流となりつつあるドッグフード市場において「日本で暮らす犬」の健康、体質に着目し開発された製品です。人間でも海外と日本人とでは食の好みや基本量が異なるのですから、犬も当然同じことといえるのでしょう。
セレクトバランスはペット業界のプロにも愛用者の多い国内ブランドです。気になる原材料や品質について愛犬家目線で分析してみました。ぜひ愛犬の「主食」選びのご参考に。

セレクトバランスの特徴

慢性的な運動不足、アレルギーの発症、高温多湿な気候と日本で暮らす犬達には日本ならではの課題があります。日々の食事はこの課題をクリアすることも考えてあげる必要があります。

海外から輸入されるドッグフードは国内メーカーの製品に比べ高品質、高栄養な製品が大半です。そのためつい海外製品を支持してしまいがちですが、必ずしも日本で暮らす犬の体質にあっているとは限りません。

この製品はこれらの点を考慮し、特に脂肪分の配合量に着目して、これまでの製品よりも脂肪分をカットしたよりヘルシーに仕上げています。

セレクトバランスの成分と原材料

原材料は品質を重視して全てヒューマングレードの素材に限定しています。国内メーカーの手掛ける製品の多くは穀物を主原料とする製品が多い中で、この高品質な素材は高く評価できる点です。

ただ、とうもろこし、米、玄米、ソイビーンミール、ビートパルプの配合もあり、これらの原材料の総量はチキンの配合量を上回るでしょう。そのためチキンオイルで風味をつけ、チキンに似た風味に仕上げています。

ドッグフードの製造に用いられる油脂類は開封することで酸化が進みます。この酸化が製品を劣化させ、風味を損なう原因です。

この酸化を防止するためにセレクト・バランスでは安価で有害な化学成分を使用せずに自然由来の天然トコフェロールとローズマリー抽出物を配合しています。この成分は無味、無臭で素材の風味を損ねる心配もありません。

国内メーカーでは珍しいヒューマングレードの原材料

原材料は全てヒューマングレードにこだわり、安心、安全を追求しています。

もちろん栄養バランスもAAFCOの定める栄養基準を満たし総合栄養食です。この製品と水を与えるだけで愛犬は必要とする栄養素をバランスよく摂取することが出来ます。

この製品はペット専門店、ネットショップで主に販売され、量販店やスーパーでの取り扱いは一部に限定されています。

小型犬が食べやすい平丸粒を採用

食にこだわりのある小型犬が食べやすいように粒は薄く、平らな形状を採用しています。粒のサイズにはそれぞれのこだわりがあり、とてもデリケートな問題です。

粒サイズで愛犬の食欲や好みが左右されることもありますが、平丸粒なら比較的どの犬でも受け入れてくれるようです。

穀物アレルギーの場合は注意が必要

非常に良質で安全性の高い原材料を配合した製品ですが、穀物の配合量が多い事が懸念材料です。

中でもトウモロコシは非常にアレルギー発症率が高く注意すべき素材です。

アレルギーは一旦発症してしまうと治療をする術がなく、日々の食事における対処療法でした乗りきることが出来ません。

給与前に試食やアレルギー検査を受け安全性を確認しておくこと検討してみましょう。

セレクトバランスの口コミと評判

この製品だけはいつも完食してくれます

食にうるさいチワワ 2歳です。いままでに購入したフードはどれもホントに食べずに袋で購入しても、毎回、捨てていました。いろいろな種類を試しましたが、食べてくれないことが多く困り果てていたところ、こちらの商品の試食のものだけは完食出来ました。その時以来、ズッと変えずに食べ続けてくれています。

ブリーダーさんからの推奨品でした

このフードは、パピーの頃から食べている物なので食いつきも良いし、安心して与えています。ブリーダーさんが薦めてくれたので一歳を過ぎてからも切り替えをしてつづけています。

セレクトバランスの評価

これまで国内メーカーの製品はいまだに安価な穀物を主原料として動物性油脂を使用することから海外製品に劣ると考えられていましたが、この製品はこれまでの常識を覆し評判のよい海外有名ブランドの製品と同等ともいえるでしょう。

ヒューマングレードの原材料を配合し、化学物質の配合もありません。

ただし穀物の配合率が高いので、アレルギーの心配がない場合に限り有効活用できる製品と言えます。