賞味期限切れのドッグフードは与えても大丈夫?飼い主が知っておくべき知識

インスタント食品のように賞味期限の長く設定されているドッグフード。大量に購入してもストックしておけるなど、その利便性の恩恵を受けている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

ただ、ドッグフードは賞味期限が切れても見た目や臭いでの変化が分かりづらいこともあります。明らかに傷んでいることが分かれば良いのですが、見た目では分からないだけに「ちょっと賞味期限過ぎちゃっているけど大丈夫かな」なんて思うことはありませんか?

また賞味期限が近いドッグフードが安く販売されていると「まとめて買っておくとお得!開けなければ大丈夫じゃない?」なんて思って、大量に購入してしまう飼い主さんもいますよね。

でもちょっと待ってください!

賞味期限が過ぎたドッグフードにはいくつもの危険性があるんです。場合によっては愛犬の寿命を縮めてしまうこともあります。ここではそんなドッグフードの賞味期限に関する基礎知識と、どのような危険性があるのかについてご紹介します。

いつまで安全?ドッグフードの賞味期限の目安とは?

メーカーや種類にもよりますが、ドライフードであれば数ヶ月~1年前後、缶詰やパウチのウェットフードであれば2、3年の賞味期限が設定されています。注意したいのは、その賞味期限は「未開封」の場合の期限ということで、開封したらなるべく早く使いきる必要があります。

ドライフードの賞味期限の目安


特に開封後の賞味期限に記載のないドライフードの場合には開封から1ヶ月で消費しきれる量を目安に購入しましょう。小型犬であれば数百グラムごとに小分けになっているタイプもおすすめです。

基本的には常温で、しっかりと開封口を閉じ高音多湿を避けての保管で大丈夫ですが、真空密封できるフードストッカーなどがあるとより良い状態で保管できます。

ただしドッグフードによっては酸化防止剤の使用量を抑えているため、メーカー推奨の期限を提示していることもあります。保存に適していない水分の多いセミモイストタイプであったり、冷蔵保管を指定しているドッグフードもありますのでパッケージをよく確認しましょう。

POINT
無添加のドッグフードは酸化防止剤を使用していないため、添加物入りのドッグフードに比べ賞味期限が早い傾向にあります。犬ちゃんのことを考えるならドッグフードは無添加のものを与えてください。
添加物入りドッグフードが犬に与える影響と危険な原材料

ウェットフードの賞味期限の目安


未開封の場合の賞味期限が長いウェットフードですが、開封後は2~3日で使い切り、余った分は処分しましょう。また、開封後の保管は缶にしっかりとラップや蓋をするか、タッパーなどに移して冷蔵庫で保管する必要があります。

ウェットフードはドライフードに比べ水分が多く含まれており、開封後は期限が短くなりますので注意しましょう。

賞味期限切れのドッグフードを与えたり放置するとどうなる?

健康被害も?成分の変質や油脂の酸化の恐れがある

賞味期限を過ぎたドッグフードの場合、見た目は変わらなくても、含まれている成分が変質して本来期待される働きを失うことがあります。

また粗悪なドッグフードには食いつきを良くさせるために油分でコーティングされているものがあります、質の良いドッグフードであっても、犬の被毛や皮膚のためにサーモンオイルや亜麻仁油を含んでいることもあります。

ドッグフードの賞味期限が過ぎてしまうと、それらの油脂が酸化している恐れがあります。もちろん人工添加物、もしくは天然由来の添加物で酸化を防ぐ努力を各メーカーで行ってはいますが、100%防ぎきれるものではありません。

また酸化防止力の強い人工添加物には健康被害の恐れも指摘されているため、酸化防止剤が入っていれば安心というわけでもないのです。

ちなみに、酸化した油脂を摂取し続けていると…

  • 体臭がきつくなる
  • 皮膚や被毛がベタついたり痒みがでる
  • 涙やけがでる
  • ひどい場合には下痢や嘔吐

など、愛犬にとってよくない症状に繋がることもあります。

【犬の涙やけの原因とケア方法】改善効果があるドッグフードも紹介 【獣臭対策】犬が臭い原因とフードやサプリで体臭を消す方法

ドライフードは賞味期限が切れるとカビや虫が発生場合もある

ドライフードとはいっても多少の水分は残りますし、空気中の湿気の影響によりカビが発生することもあります。また市販のドッグフードに多く含まれるとうもろこしや小麦、大豆などの穀類は虫が好む食材です。

穀物不使用であっても雑食のダニなどもいるので、特に開封後は保管に注意するべきでしょう。
ドッグフードの保管方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

ドッグフードの保存方法と酸化防止のためのおすすめ保存容器

人工添加物だらけの危険性

賞味期限の長いドッグフードは、少しくらい期限を過ぎても大丈夫だと言われています。でもそれは安全な証拠なのでしょうか?それだけ長く保存できるというのは、飼い主さんにしてみればありがたいことですが、あまりにも長過ぎる賞味期限はどこか不自然ですよね。

植物や家畜、魚などを原材料にしているドッグフードの状態が、長期間変わらないのであれば、それは強力な人工添加物の力を借りている可能性があります。

たとえば酸化防止剤に使われる人工添加物であるBHAは、天然由来の酸化防止剤であるビタミンEやハーブなどに比べ酸化防止力が強力です。このため、ドッグフードを長期間保存できますが、その一方で発がん性のリスクも指摘されています。

【ビルジャックの評判と口コミ】原材料にBHAがあるのはマイナス

強力な効果を発揮する人工添加物をたくさん使用したドッグフードは長持ちしますが、長期的にそれらを摂取し続けたときの危険性を考えると、人工添加物を使ったドッグフードの使用はできるだけ避けておきたいものです。

缶の成分が溶け出す恐れ

缶詰の缶の中には内面塗装からBPA(ビスフェノールA)という成分が溶け出す恐れが指摘されています。このBPAには神経や行動、乳腺、前立腺への影響が認められており、人間でもカップ麺などの容器で問題になりました。

近年ではBPAフリーの缶詰も多く出回るようになりましたが、それもまだ人間の食事に関しての段階で、ドッグフードではコスト重視で作られているため、まだまだ安価で危険な缶を使用している可能性があります。

せっかくオーガニックや人工添加物不使用の良いフードを選んでいても、時間がたって缶の成分が溶け出してしまっては意味がないですよね。

ドッグフードは1ヶ月での消費を目安にこまめに買いましょう

大袋の方がグラムあたりの価格が安かったり、通販などではまとめて購入した方が送料もお得になったりすることもあり、ついついまとめてストックしておきたくなってしまいますよね。特に小型犬の場合には消費量も少ないので、3kgなどで買ってしまうと中々なくならないものです。

しかし賞味期限がきれたドッグフードや開封後時間の経過したドッグフードは、愛犬にとって毒になってしまう可能性があります。愛犬の健康を考えれば、ドッグフードは1ヶ月で消費できる量を目安に、こまめに購入することがおすすめです。