ドッグフードをふやかす方法と保存の仕方

食事の際、愛犬の食いつきが今までと比べて悪くなったと感じたことはないでしょうか。飼い犬が、それまで食べていたフードに飽きてしまうことはよくある話ですが、それが7歳前後を超えたシニア犬であれば、嗜好の問題ではなく、老化が理由で「食べるのが大変」になっているのかもしれません。

シニア犬がドッグフードに食いつかないとき、もしくはドッグフードを食べるのが大変そうなときは、ドッグフードをふやかして与えてみることをおすすめします。

シニア犬は食事が大変?

シニア犬向けに開発された専用ドッグフードであれば、食べやすさを考慮した小粒タイプを採用しているメーカーがほとんどです。しかし、場合によっては小粒タイプですら食べるのが辛いという犬もいるでしょう。

シニア犬の食欲不振は、誰もが避けられない「老化」も原因のひとつです。一見すると元気に見えるシニア犬でも、次のような老化現象が確実に進んでいます。

噛む力が衰え飲み込む力も弱くなる

シニア犬になると歯が弱り、噛んで砕くための咀嚼機能が衰えます。また、喉の筋肉を使った飲み込む行為である、嚥下機能が低下します。特に粒が大きいドライフードの場合、噛むのに苦労、飲み込むのにもまた苦労するわけです。

中にはドッグフードを上手に飲み込めず、喉につまらせてそのまま亡くなってしまうという残念なケースも存在します。

消化・吸収能力の低下

食物の消化・吸収が難しくなるのも代表的な老化減少のひとつです。消化不良のリスクを避けるためにも、シニア犬にはより消化・吸収しやすい効率的な食事が必要になります。

とはいえ、「何か消化しやすい食べ物を…」と人間の感覚で与えてしまうのはNG。体の構造が違う犬と人間では、消化吸収ができる・できないという基準も異なるため、素人判断は危険です。

フードをふやかして愛犬の食欲増進を

ドッグフードをふやかして柔らかくすれば、咀嚼や嚥下、消化・吸収に対する配慮ができ、愛犬にとっても食事が容易になります。

また、ドッグフードをふやかすと香りが引き立って嗜好性がアップし、犬の食いつきが改善される可能性もあります。

ドッグフードのふやかし方

ふやかすといっても、ドッグフードに対してむやみに水やお湯を加えればいいというわけではありません。たとえば、うっかり熱湯を使ってしまうと、ドッグフードに含まれている栄養素のうち、熱に弱い栄養素を破壊したり溶かしてしまう恐れがあります。

ドッグフードをふやかすときは、ドッグフードを30~40℃くらいのぬるま湯に浸してください。冷たい水でも熱いお湯でもなく、あくまでぬるま湯です。

ドッグフードが柔らかくなるまでの時間は15~20分程度といったところですが、正確にはドッグフードによって異なります。なお、ぬるま湯を入れてすぐにラップ等で蓋をすれば、多少は時間の短縮ができます。

ふやかしたドッグフードを与える際の注意点

適温でふやかしたドッグフードはシニア犬の体に優しく食べやすいものですが、与える際の注意点や、ふやかすからこそのデメリットもあります。

ふやかしたドッグフードはすぐに使うこと

毎食時にドッグフードをふやかすのは手間と時間がかかるため、作り置きをしたくなるかもしれません。しかし、ふやかしたドッグフードは劣化が早く、すぐに腐ってしまいます。

ふやかしたドッグフードは作り置きせず、すぐに与えて、残ったらきちんと処分しましょう。さらに、作り置きのフードは与えないようにしてください。

犬の歯のケアを忘れずに!

ドライフードには歯磨きの効果がありますが、ふやかしたドッグフードには歯磨きの効果はありません。

それどころか、ウェットフードと同じように歯石が溜まりやすくなるため、今まで以上に歯のケアを実践する必要があります。獣医師に歯石除去をお願いしたり、犬用のデンタルケアグッズを自宅で活用するなどして、犬の歯の健康を守りましょう。